2019年4月11日 (木)

Organizing Ideas: 無印良品の収納グッズ

D7k_7710

我が家にある無印良品の製品。一番多いのは、この食器棚の上にあるような収納グッズ。時々、生産中止になるものもありますが、数年経っても追加で購入できることが私は無印良品のいいところだと思います。

この紙製のボックスの中には、はがきや手紙など比較的軽いものを入れています。頭上の高さなので、引き出し式の箱ではなくて、箱を下ろして、中身を入れるタイプのこのふた式のボックスが都合がいい。

D7k_7714

こちらは、キャスターがついている紙箱。中に楽譜が入っています。この箱に大判の楽譜がざくざく入るので、ピアノの側に置いておくのに便利。追加して2個目も使っています。狭い窓際に本棚は置けないので、この可動式楽譜入れは便利。

D7k_7704

こちらのかごもテレビボードの両側の棚の中に並べて入ったので、合計4個使っています。多少、木の枠を自分で削って加工しましたが。

他にもいろいろ使っていますが、無印良品の収納グッズを手持ちのものに組み合わせて使うのが私は好きです。さりげなく便利に使えますね。

 先日、銀座にオープンした無印良品の新店舗に行ってみました。一番、訪れたかったのは、本のコーナー。有楽町にあったお店でも書籍コーナーが面白かったので、今度はどんな本が並ぶのかなと期待していました。

書籍は、現在出版されているものが販売されているコーナーと古書を閲覧できるコーナーがありました。

特に古書のコーナーは、この本を触ってもいいの?と思うような貴重な本がありました。特に印象に残った本は、昭和19年出版された活版印刷の柳宗悦の和綴じの民芸の冊子や和紙のことをまとめた全ページ木版で和紙に刷られた和綴じの大判本、江戸時代の商家の木製の看板の写真を載せた本等。

美術館だとガラスケースに入っていそうなものがふっと置いてあり、私はくたくたになるまで眺めさせてもらいました。

日本という島国の上で、私たちの先祖たちがこの土地にある材料を使って、身の回りのものを工夫して作っていたということを改めて感じました。そんな手仕事の歴史を見ていると、自分も自分の暮らしに必要なものを作る手間暇をもっとかけたいと思いました。とりあえず、今作っているキッチン・マットを編み終わろう!とか…!ちょっと、元気になってお店を後にしました。

まだ、読めなかった本がいっぱいあるので銀座店、また訪れたいと思います。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

Organizing idea : キッチン・ナイフの収納

D7k_7643

 

包丁を引き出しの中に収納することにしました。

 

Img_3029-2

 

今の住まいのシステム・キッチンにつけられていた包丁入れ。プラスチック製なので、割れが出てきました。包丁が床に落ちてしまう危険が出てきて、どうにかしないと、と思っていました。

 

候補として、
①IKEAでも販売されている壁に磁石のついたバーを付け、ナイフを留めておくもの。
②TWILLING(ツヴァイリング)等のナイフ・メーカーが販売している木製の包丁立。調理台の上に置いておくタイプ。
③引き出しの中に収納するための包丁専用のラックAmazonで見つけたもの。
④現在のものと同じ、扉裏に取り付けるプラスチック製のラック。

 

これらが、考えられました。①や②など腰上の目につくところに刃物があるのは、安全上落ち着かないので、③か④にしぼられてきました。結局④の今までのものと同じものを取り付けてもプラスチック製は耐久性が短いので、③の引き出しに収納するものにしました。

 

そういえば、Williams-Sonomaが日本で販売されていた時のカタログで、引き出しに③のようなものを見かけていました。日本の家庭の包丁の種類に合わせて、作った製品のよう。

 

一番大きいTWILLINGのパン切りナイフの刃渡り24㎝と厚みのある出刃包丁が入ることと、合計5本あるナイフをすべて収納できるものであることがわかったので、注文しました。

 

D7k_7640

mikketa

 

こんな感じで心配していたものもちゃんと入りました。

 

D7k_7636

 

ちゃんと収まり、安全面でも安心。Beech材を使っているようで、ヨーロッパのキッチン用品みたいで他のものとも違和感なく、溶け込んで引き出しに収まりました。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

Organizing ideas : IKEAのブラケット

Img_2879_2
EKBY HENSVIK エーケビュ ヘンスヴィーク by IKEA

 数年前にIKEAで買っておいたブラケット。棚板は、サイズがその時わからなかったので、ホームセンターで買えばいい、と思いながらなかなか行けずに、放置していたもの。ブラケットだけ先につけておいて、先日、棚板幅30㎝、長さ90㎝のものを購入して、やっとちゃんと使えるようになった。

タンスのある部屋の入口の上にあり、靴の入った箱などを置いた。夏の帽子やサンダルなど、季節外れの比較的軽いものを置くことにしました。ラベルで何が入っているかは、下から見えるようにしています。

Img_2876_2_2

室内ドアの枠の部分に木ねじで取り付けています。電動ドライバーで一気に取り付け。木ねじは製品には入っていないので、家にあったもので。

Img_2875_2

ブラケットは、2方向、取り付け可能。今回は、30㎝の幅の板がのせられるよう取り付けたが、短辺だと20cmぐらいの棚板がのせられます。

IKEAでも棚板があるけれど、棚板の幅は、決まっているので、自分が棚を取り付けたいところが何㎝なのかは、家できちんと計って、ホームセンターで必要ならカットしたりして、取り付けた方が、いい。

今回は、ちょうど同じような白い化粧板をはったボードで、まったくカットの必要がない、90㎝幅のものがあったので、ちょうどよかった。

ちなみにドアの幅は80㎝。ブラケットの幅は、3.5㎝×2個で7㎝が重なり部分。両脇に1.5㎝ずつ外側に板が出る感じになっている。

なかなか、おさまりよく取り付けられたので、もう一部屋の入口にも取り付けようかな、と思っている。


| | コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

Organizing ideas : ベッド サイドの棚

D7k_7615_2
Wall strage by IKEA

IKEAのFRISATのウォール 収納。前から買おうかな、と思いながら先送りしていたもの。

子どものベッドの側板につけると本やら、寝る時に枕元に置いておくような、スマホや眼鏡とか、小物類もここに置けるようになりました。

D7k_7604_1

ベッドもパイン無垢材(無印良品製)なので、木ねじを電動ドリルで取り付けました。ただ、水平に取り付けないと、ここは、いけないので、水平器を当てて、確認しながら取り付けました。

D7k_7612_1

前の丸棒のバーは、背面を取り付けてから、最後に付属の六角レンチでねじをしめました。

デザイン・材質・価格・取り付けの簡単さを考えると、本当によく出来ています。数年経てば、パインの色もベッドと同じように変化していくでしょう。


| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

Organizing ideas : IKEAのブック ディスプレーの塗装

Img_1925_2 FLISAT Book display by IKEA  W49cm ×D28㎝×H41cm

 

イケアの子ども用の白木の家具シリーズ FLISAT を茶色の塗装しました。家の中の家具や床の色が茶色なので、色を合わせ、この印象。色々、読みかけの雑誌などここに入れておけるようになりました。持ち運びも出来るサイズ。

 

Img_1901_2

 

パイン(松)材の無塗装の部材。無塗装であることのメリットは、価格を抑えることも出来るし、ユーザーが好きな塗装を施すことも出来る。また、こども用の家具のシリーズなので、塗料の中の成分が体に合わないなどケースも抑えられる。等、あげられると思います。

 

デメリットは、汚れがしみこんでしまう、色の変化ということでしょうか。

 

Img_1903_2

 

今回、柿渋で塗装しようと思いましたが、塗料が固まってしまっていたので、あきらめ、手持ちのオイル ステインで着色しました。オイルステイン2~3回重ねて、自然なつやが出る仕上がりになりました。オイルステインは、揮発性の溶剤の匂いがしばらく残るので、塗装後は、しばらく戸外においておきます。

 

Img_1905_2

 

組み立てのマニュアルは、イラストだけで構成されて、わかりやすく、それにそって、ダボを入れているところ。

 

Img_1906_2

 

付属の六角レンチでねじをしめている所。ドライバーでねじをしめるより楽ちん。
木端も完成した時に見える部分があるので、塗り残していた所は、再塗装しました。

 

Img_1907_2

 

底板を入れている所。このターコイズ ブルーの色の面を最初は使いましたが、ちょっと、色が強く、我が家には合わなかったので、最終的には、組み直し、裏面の白い方を使うことに。

 

Img_1967_2_2

 

部屋に置いたところ。前からあったような感じ。

 

IKEAのものは、安かろう、悪かろうとうものではなく、材料、デザインがしっかりしていて、なるべく多くの人に低価格で販売しようとしている考えが、北欧の伝統的な考え『平等』をベースにしていると感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

Organizing ideas : レール バーのフック

D7k_6650_2
FINTORP Rail    L=58㎝  Designed by Carina Bengs IKEA

イケアのレール バー。フィントルプ。購入する時に、フックを購入はしていなかった。代わりに、手持ちのフックを通して使っていたけれど、シリーズのフックをこの間、購入して取り付けたら、「やっぱりかっこいい。」

取り付けの時の記事はこちら

D7k_6648_2_3

遠くから見ると、大差はないけれど、フックの太さがステンレス製のものよりも太くて、鍋やレードルなどがひっかけやすい。フック以外にもいろいろなものが取り付けられる。

ここでは、ガスコンロの近くなので、可燃性のものは、引っかけたりできないけれど、かごや小さなバケツ、ペーパータオル ホルダーなども引っかけられるような商品の展開だ。

見た目の重厚さに比べお値段がリーズナブルなのも花丸もの。


| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

Organizing ideas : ラベリング

D7k_5688_2

 小さな小物を入れておくのに、フランスのマスタード MAILLE の空き瓶をよく使っている。食べ終わったら、瓶を洗って出番を待機させておく。美しい瓶はいいのですが、何が入っているのかラベリングしておくことが大切。手芸小物は引き出しに入れており、上からのぞくので、瓶のふたの部分にDYMOテープ ライターで文字を打ち出している。

D7k_5665_2

以前に紹介した自作のスパイス ラックもこの瓶に合わせてサイズを計画し作ったものだが、瓶の側面に名前をラベリングしている。これがないと、いくら植物が好きな私も匂いを嗅いでも「あれ?」と何が何だかわからないものもあるので重要。スパイスは、ブラック ペッパー、ターメリック、クミン、コリアンダーなどよく使うスパイスは、お得な袋入りがあればそれを買い、ここに小分けしておく。スパイス ラックの記事はこちら

D7k_5667_2

ローズ マリーなど生のハーブを乾燥させて、入れているものある。最近は、黒のテープばかりを使っているが、以前は、こんな木目調のテープもあった。所詮、プラスチックなのではあるが、やはりこんなフェイクなものでもなんだか、よかった。

D7k_5677_2

家の中で、他には?と探すとあった。もう大学生の息子のLEGO ブロック。子どもの頃、レゴのClass room packなるものをサンタさんが持ってきてくれたので、たくさんある。友達がそれを知って、よく遊びに来てくれたのだが、
全部ひと箱に入れると、次に作る時に部品を探すのに時間がかかる。なので、大人のレゴ ビルダーさんもこのようにしていたのを見たのを参考に、無印の収納引き出しに種類別に入れてやった。

D7k_5676_2

といっても、あまり厳密でなくてもいいので、「あか ちいさい」、「タイア」などと、打ち出してそこに入れさせるようにした。引き出しは、ボックスのように引っ張り出せるので、結構、ちゃんとみんなで手分けして入れてくれていたように思う。

D7k_5671_2

DYMOは、つるつるした表面に貼るのがお得意だが、こんな段ボールにも使っている。どんどん積み上げた箱にも側面の見える部分につけておくと季節のブーツなど各自、自分で引っ張り出してくれている。。

D7k_5696_2

最近、これを使っている。実は、DYMO自体は初めてで、それまでは日本製のUniというテープライターを使っていた。小学校3年生の時の友達が持っていて、さんざん私の名前を打ち出したテープをくれたので、自分も欲しくてお誕生日プレゼントに買ってもらった思い出のものだった。
なんと、40年も使っていたほど、丈夫だった。テープの粘着力もすごい。先日も旧姓で打ち出されたものが出てきて、私が天国にいってもくっついているのでは、と思ってしまう。本家のものと書体は微妙に違って、以前の方が実は好きなのだが、どうも摩耗してきてので、最近買い直した。

D7k_5699_2

テープを後ろに入れて、ディスクを回し、エンボス加工するところはまったく同じ。というより、こちらが本家。

職場に持っていったら、「昔、ラケットによくこれで名前をつけていたね。」なんて声を聞いた。そうそう、そうだった。
今時、と思う方もいらっしゃると思うが、電気を使ったり、テープがはがれたりすることが、ほとんどない、ポータブルなこちらの方が私は好き。そして、発売以来、ずっと商品が存在していることに信頼をおいているものだ。


| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

Organizing ideas : 傘かけバー

D7k_5613_2

 玄関にある靴箱の隣の傘をかけておける物入れ。奥の方にステンレスのバーが一本取り付けてあった。でもこれが、とても奥で、高さも低く使い難い。こども用傘ならいいけれど、大人用はかけられなかった。そこで、手前にもう一本、大きな傘もかけられるような高さにバーを取り付けました。

D7k_5621_2

正式名称は、「ステンレスパイプ ソケット」。ホームセンターや金物屋で販売されているのを見つけてきた。ステンレスパイプ径10mm用の製品だが、家にあった直径1㎝の木の丸棒を入れることに。ステンレスパイプを使う場合は、内寸よりも5mmぐらい短いサイズにホームセンターでカットしてもらうといい。今回は手持ちの径10mmの木の丸棒をのこぎりで自分でカットしたものを使った。丸棒は、取り付ける前、茶色のオイルステインを塗っておき、扉の色と合わせた。

位置決めしてから、キリで少し下穴を開けてから、木ねじで取り付け。棒を通して、仮のもう一方のソケットの位置決め。

D7k_5659_3
平行器(手前のミニを最初に購入。今回のような小さな部分の平行を見るのに便利。奥は庭仕事用に購入)

平行器でバーが傾ていないか確かめ(水の中の泡の位置で平行を確かめる。)、位置決めし、取り付け。

フックも手持ちであったので、何本か、取り付ける前に棒に通しておいた。

D7k_5626_2_2

奥は、手が届かないので、ほとんど使わない。昔、子どもが使っていたなわとびや小型の日傘などをかけている。手前は、大型の傘。底板には、水滴受けもちゃんとあったので、本来は、傘を収納する場所として作られていたことは伺えるが、濡れた傘をここに収納したことはない。結構、造作は、いい加減であった。

真面目に考えて、手前にバーを一本入れることで、傘がいっぱいかけられるようになった。

| | コメント (0)

2017年11月 1日 (水)

Organizing ideas : スリッパ ラック

D7k_5608_2

DIYでつけたスリッパラック。入居して20年だがら、19年前ぐらいかな。両開きの下駄箱の扉の裏に4本ステンレス バーを取り付けています。わざわざ、スリッパ入れを廊下に置くのが嫌だったので、このようにしました。

D7k_5656_2

扉の幅は45㎝だから、40㎝ぐらいになるように計画。ホームセンターで、金物を購入。「首長ブラケット(ゲンコ)片」という名称でうられている部材を必要数。このブラケットの高さは、5㎝ぐらいありますが、スリッパの甲の部分が薄いスリッパは、落っこちてしまうので、もう少し高さが低くても良かったと思っています。

D7k_5610_2

バーは仕上がりを40㎝にするので、ステンレスバーを少し短めの39.5mmにします。これは、ホーム センターでカットしてもらいました。それが、面倒であれば、直径1㎝の丸棒を買ってきて、「現場合わせ」でのこぎりでカットすればいい。(実際、次回紹介する、傘かけは、木の棒を使いました。茶色のオイルステインを塗布)

取り付ける場所に印をつけ、片方のブラケットを取り付ける。
きりで下穴を開け、付属の木ねじでとめる。
バーを通し、もう一方のブラケットの位置を決める。水平器をあてて、バーが傾いていないか、確かめて、位置決めしてから、ねじ止め。

我が家の下駄箱の扉は、角材で枠を使って、両面をボードで覆っているもので中空になっているもの。このボードにねじがくい込んだので、どうにか、取り付けが出来ました。下地がどうなっているのかは、大切なこと。

こんな調子で、ご近所のスリッパ ラックも取り付けて差し上げた。今もとれたりしないで、健在です。

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

Organizing ideas : レールバー

D7k_5451_2
AFTER FINTORP Rail    L=58㎝  Designed by Carina Bengs IKEA

1年以上前にイケアに行ったときに買ってきたレール バー。やっとイメージ通りにキッチンの壁に取り付けた。
IKEAの中でも私が好きなクラッシック デザインを取り入れたシリーズを手がけるカリーナさんのデザイン。

このレールは、取り付け金物の形状がヨーロッパのゴシック デザインを取り入れたもの。レールは鉄パイプだが、アイアンを思わせる黒の粉体塗装。

小さいフライパンと毎日使うお味噌汁を作る時の鍋、レードル、フライ返しなどをかけた。

D7k_5420_3
BEFORE

I字型キッチンの突き当り。ガスコンロまわりなので、あれこれは、出来ないので、入居時のままの状態で使っていた。

D7k_5418_2

タイル張りの壁面は、2面。突き当たりは、タイル、モルタル、コンクリートとなっている。一番右側は、ドリル ビット。近所のプロの職人さん御用達の金物店で相談して「モルタル、ブロック、レンガ」用のものを購入した。

左側は、グレーの樹脂製のものがドリルで下穴を開けた時に埋め込むプラグ。家に残っていたものが4本ちょうどあったので、この外寸に合わせて、先ほどのドリル ビットのサイズも選んだ。直径4.8mm。

そして、ねじの頭が丸くなっているタイプをプラグにねじ込む。

D7k_5431_3

取りつけ位置を確認し、穴あけ。

D7k_5438_2

ねじを少し、浮かせた状態にしておき、そこに金具の大きい裏孔に入れ、小さい穴の方にスライドさせ、固定。

D7k_5435_2

目地と目地の間に固定させた。

D7k_5440_2

バーを通し、エンド キャップをとめる。抜け止めになる。

D7k_5441_2

フックは同じラインのものがあるが、購入していなかったので、手持ちのSフックを通した。
今度、同じシリーズのフックをつけよう。

このシリーズは、引っかける小物もそれぞれ素敵。ニッケル メッキのタイプもある。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧