2022年8月28日 (日)

暮らしの中のMy Work : Key Holder

D7k_5007-1

 バッグの底の修理に使ったオイルをしみこませた牛ヌメ革の端切れでキーホルダーを作りました。

アルファベットの刻印の打ち棒は少しお値段が良くて、悩みましたが、せっかくオリジナルで作るのだから、と思って購入しました。

D7k_4988-1

●材料

オイル鞣しヌメ革  10㎝角 

手縫い糸  

両面カシメ 直径8㎜

キーホルダー用金具 直径3㎝

●作り方

① 厚紙に型紙を作り、カッターで革を裁断。

Img_4225

イニシャルを刻印する場所を水で湿らせた布で革に当て湿らせたから、刻印棒を木鎚で打って刻印しておきます。(写真は別の作品用のもの)

感覚で打つと文字列が曲がったりするので、写真のように窓を開けた型紙を作り、文字の中心位置も決めてから、それぞれの刻印についている合印を合わせといいようです。でも曲がったりするので、難しい。

D7k_4989

② 革の裏側を彫刻刀の平刀で全体をすき、厚みを減らしました。コバ(革の断面)を専用の保護剤を縫ってからウッド・スリッカーと呼ばれる木の棒で磨きます。今回使った革は、磨くとつやが良く出る革で、小さな作品も細かな部分、ていねいに仕上げる楽しさが味わえました。

縫う場所の裏側は、コバから3㎜ぐらいの部分をステッチング・ルーバーで溝を彫り、縫い糸が食い込むようにします。表側も、ステッチング・ルーパーをへらのようなものに付け替えて、コバから3㎜のところを押し、くぼみをつけました。

 

D7k_4990

③ 真ん中を膨らませるためにキルト芯を縫い線よりも内側になるように置き、ゴム糊を使って貼りました。

D7k_4991

④ 表革、裏側を合わせゴム糊を使って、貼り合わせ乾いてから、縫い穴を開けます。ルレットで縫い穴の位置の間隔を仮印しておき、菱目きりで革に対して垂直に穴を開けます。

D7k_4995

⑤ 革を手縫い針2本でで縫っていきます。表革のタブのような部分も縫い、ぐるりと一周して留めます。

⑥ キーホルダーの輪を入れてみて、タブを留める位置を確認し、キリで穴の中心に印をつけます。

D7k_5000

⑦ 直径2㎜ぐらいの穴を貫通させておき、両面カシメの脚を通して、裏側のカシメの頭をかぶせ、打ち台、打ち棒を使って、木づちで叩き、カシメの脚をつぶし、固定させます。

D7k_5012-1_20220829222701

D7k_5013-1_20220829222801

⑧ 完成。裏面の縫い穴の処理が良くなかったり、カシメの頭がきれいでなかったりしますが、反省を今後にいかすということで…。

出来たできた!で息子に送っちゃいました。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2022年8月21日 (日)

暮らしの中のMy Work : ミント・グリーンのがま口バッグ

D7k_4985-1

革を使ったがま口のバッグ、初めて口金を使ってバッグを作りました。革は、浅草橋の店先で端切れで売られていたイタリア製のピッグスキン。色と柔らかさと値段で即決。5ヶ月後、ようやくこんな形に仕上がった。

口金は、手芸店のトーカイさんのセールで購入しました。

D7k_4902-2_20220821175301

① 革の裏側を床面といいますが、そこに毛羽立ちを抑える糊状の樹脂を塗り、乾燥後、裁断。口金に型紙がついていましたが、1㎝の縫い代をつけた厚紙の型紙を作り、その断面に沿わせて革をカッターで切りました。

D7k_4906-1_20220821175101

② 革と口金以外の材料は、余り布で。

外袋表側 革

外袋裏側 ストライプキャンバスに接着キルト芯

内袋表側 綿 グリーン 接着芯

内袋裏側 綿 グリーン

D7k_4910-1_20220821175101

② マチを縫ってから袋状に縫います。革は、柔らかかったので、ミシンの押さえをブラザーのウォーキング・フットという押さえに変えると縫うことが出来ました。硬い革は、無理です。

ミシン糸 フジックス レザー用 ♯20

ミシン針 革用 #14

内袋は布用のミシン糸、針を使用。

D7k_4921_20220821180701

③ 色の組み合わせをあれこれ、考えてこの組み合わせにしました。

D7k_4951_20220821205301

④ 内袋の口に紙ヒモを縫い付けます。割りばしで口金に差し込む部分に木工ボンドを塗り、目打ちを使って差し込んでいきました。

D7k_4964_20220821205801 

⑤ 外袋は厚みがあり、口金に入りにくかったので、出来上がり線にミシンをかけ、ピンキングばさみで接着面積を増やし、木工ボンドをしっかり縫ってから口金に入れました。

D7k_4971-1

⑥ 口金をかしめるのに水道工事用のプライヤーを代用。傷をつけないように革をはさんで。

D7k_4982-1

⑦ 完成。手持ちのショルダー・ストラップをつけて。路面電車の車掌さんみたいながま口バッグが出来ました。

名付けて”HiroDen”。

     

 

 

| | | コメント (0)

2022年6月 3日 (金)

暮らしの中のMy Work : 革のキーケース

 

 D7k_3315-1

 はがきサイズのはぎれ革を近所の手芸屋さんで見つけ、キーケースを作りました。最初は、黒で自分用。2作目は娘用。

シュリンク・レザーという表面がシボ加工されている革で、厚みもあるので、傷や汚れにも強そう。

革自体の値段よりも金具やそれをつけるための工具類がいろいろとかかりましたが、買いそろえ始め、だいぶ投資。

3月の末には、初めて浅草橋の革関連のお店にも行き、久しぶりにワクワク。面白い。

作り方の参考文献:『革の技法』クラフト学園監修 日本ヴォーグ社 

D7k_3199-1_20220605220101

●材料 三つ折りキーケース 仕上がりサイズ 10㎝×4㎝×1㎝ぐらい

 表革 10㎝×15㎝×1㎜のシュリンク・レザー 角丸にカット

 内革 内貼りに使う薄手の革 10㎝×4㎝ 3枚

 座革 金具の土台になる革 3㎝×4㎝×1㎜ 1枚

 4連キーホルダー金具 (留め具として、小さなカシメが2つ入っている)

 マグネット・ホック

 ハトメ (穴を補強する輪)

 キーホルダー金具 

●道具

 カッター、カッター・マット

 ハトメ抜き (穴を開けるもの)

 木づち

 ゴムマット

 カシメ打ち用 打ち棒、打ち台

 ホック打ち棒

 ハトメ打ち棒

 革用接着剤

 コバ、床面(革の裏のこと)用補強材 

 ガラス板、コバ磨き棒

 サンド・ペーパー、サンダー

 菱目打ち (手縫い用の穴を開ける道具)

 革用手縫い針、糸

D7k_3200_20220605220101

●作り方

① 厚紙で作った型紙を革にあて、カッターでカット。

② 革の床面(裏側)に補強材を塗り、平らなもの(ガラス板等)で磨いて乾燥させる。

③ 座革のコバに補強材を塗ってコバ磨き棒で磨く。

④ 座革に4連金具を当ててみて、カシメ(留める金具)の位置を決め、ハトメ抜きで穴を開ける。カシメを木づちでたたき、4連金具を取り付ける。

⑤ 真ん中の内革に座革をのせ、金具の下側のみ、菱目きりで穴をあけてから、手縫いでとめつける。

⑥ マグネット・ホックを用の穴、切り込みを入れ、金具を取り付ける。

⑦ 内革を表側の裏に接着し、乾燥。

D7k_3204_20220605220001

⑧ 手縫いする周囲の部分に菱目打ちで穴をあけ、手縫いする。

⑨ コバをサンダー等で整え、コバに補強材を塗って、磨く。

⑩ 中央下側に穴を開け、ハトメで補強し、キーホルダー金具をつけ、完成。

D7k_3324

D7k_3325-1

今回で4作品めなので、革の技法がだいぶわかってきましたが、まだまだ初心者。

作ってみると、革の断面(コバ)の仕上げは、いろいろあり、手持ちの既製品でお値段がよかったいいものはそこに手がかかっていることが分かりました。

今まで、「道具がいっぱいあって、大変そう。」とか「革を買うお店もない。」ということで、諦めていましたが、小さな革から作り始めてその面白さに気付き、一気にはまってきているのが今年のマイ・ブーム。

普段の小物をそれに合う革で作れたらいいな、と思っています。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2022年3月20日 (日)

暮らしの中のMy Work : 革のブック・カバー

D7k_1888

 数年前に文庫本用の革のカバーを買って気に入っていたのに、旅行の時になくしてしまいました。本は、また買ったけれど、革のカバーは数千円もするので、再び買うのをためらっていました。

先日近所の手芸屋さんで厚さ1mm、A4サイズの柔らかい革を見つけ、作ってみることに。

●材料 

A4サイズ(21㎝×29.7㎝)厚さ1mm 黒の革

裏表紙差し込み用  5㎝×19㎝ 厚さ1mm 黒の革

カッター

トコ・クリアー

革用接着剤

菱目ぎり

革用ミシン糸 #30 黒

革用ミシン針 #14

革用ミシン押さえ 

コバ用 塗料

D7k_1877

①型紙作り、裁断 新書の高さは17㎝。今回は、完成した時に縫い代が少なかったので、次回は縫い代上下1㎝として、17㎝+1㎝+1㎝=19㎝がいいよう。

残りの革で表表紙の革を折りたたんだものをはさむ、幅1㎝のひもとしおり分も裁断。

横幅は、A4の幅いっぱいの29.7㎝を使っても裏表紙を差し込む分が足りないので、違う革を5㎝幅重ねて使うことに。

 

 D7k_1878

② 革の裏面にトコ・クリアーという糊のような補強材を縫って、しっかり乾かします。

D7k_1879

③ 裏表紙の差し込みを作るために差し込み口のみ残して、革用接着剤を表側の裏、差し込み革の裏の両面に付け、しっかり圧着して取り付けます。表表紙裏の紐も上下に糊付け、しおりは、裏表紙の上辺に糊付けして仮止めしておく。

D7k_1882

④ 前回は、へらで跡をつけましたが、新しい道具、ステッチング・ルーパーという道具で、革の端から2mmぐらいのところに針目を揃えるための溝を引きました。それにそって、4つ目菱目切りを使って、縫い目の穴を開けました。

D7k_1885 

⑤ 手縫いも出来ますが、革が薄いので、ミシンで縫えました。針目を菱目切りで開けた所にちょうど針が落ちるようにセットして縫いました。革の断面にコバヌールという塗料を塗り、補強。

D7k_1889 

⑥完成 これは、高さ18㎝で作ったので、きつきつでしたが、どうにか入りました。

次回作る時は、高さ19㎝にしてみよう。

 

 

| | | コメント (0)

2022年3月13日 (日)

暮らしの中のMy Work : ダック・エッグカラーのクッションカバー

 D7k_1933

 

昨年から買ってきていたIKEAのクッション・カバーAUSVEIG オースヴェイ。少しグリーンが入った水色の太い畝のある起毛の生地。オール・コットンで手触りが柔らかくて、思わずなでなでしてしまう可愛い生地。

大きいクッション(50㎝角)用のカバーですが、これを家にある長方形のクッション(40㎝×65㎝)用に作り変えました。

D7k_1938

作り方は角はアールに縫うようにして、前回の型紙を利用して作りました。夏用のカバーはこちら

今回はパイピング・テープは入れない。ファスナーは再利用。

D7k_1941-2 

長方形のクッションもやっと完成。抱っこすると赤ちゃんみたい。

D7k_1946

冬用クッション勢ぞろい。なんだか、サルタンになった気分。

| | | コメント (0)

暮らしの中のMy Work : 金色のパイピングの入ったクッション・カバー

D7k_1928

 春がもうそこまで来ている陽気になってきました。そこで、春が来る前にやっておきたかった冬用のクッション・カバーを一気に作りました。布は、古いものは27年前に購入したもの。いつかクッションにしたいな、と思って持ち続けてきた布たち。

D7k_1382

 それらを金色のパイピング・テープをはさんでクッションカバーに仕立てるというアイディアを昨年の10月頃、思いつきました。50㎝角しかない布もあるので、表と裏で別の布でも金色をはさむとなじむかな、と。

単色で使うと、重たいイメージのベルベットやコーデユロイの布。ローラ・アシュレーの端切れのアイボリーのベルベットをグリーン系と合わせる。これでなんとか組み合わせて形になりそう。

しかし、金色のパイピング・コードが一つしかお店になくて、その後、裁断した布ごと未完のままお蔵入り。

D7k_1911-1

先日、お店に行くと、また2個入荷していたので、春休みの宿題のようにようやく、来年の冬のためにと思って、作り出しました。

作り方は、今までと一緒。こちら

D7k_1927

D7k_1930_20220313222901
 ちょっと派手かなと思ったけれど、金色のパイピングの入ったクッションは、暗い時間が長い冬の室内にきらっとアクセントに光ってくれて、よかったです。

今回2つ作って、全部で3個。もうすぐ春なのでカバーはコットン製にかけ替えますが、まずは出来た出来た。

 

 

| | | コメント (0)

2022年2月20日 (日)

暮らしの中のMy Work : ミント・グリーンのベロアのスマホ・ケース

D7k_1828

 よく行く手芸屋さんでミント・グリーンに染められたベロアを見つけました。レザー・クラフトは初めてですが、傍らに置かれていた技法の本を見ると、なんとか出来そうかなと思い、スマホ・ケースを作ることに。基本、前のケースは、本体裏にマグネット・シート入りのカバーで、ケースにもネオジム(薄型磁石)が入ったもので、構造を変えないで、カバーを作り変える、というコンセプトで作ってみました。

D7k_1830

参考にしたのは、日本ヴォーグ社から出版された『革の技法』クラフト学園著 です。

D7k_1850-1_li

●材料

 表側 ベロア(ミント・グリーン)およそ13㎝×25㎝

 裏革(グレー)薄 およそ13㎝×18㎝

 金具類(真鍮) カシメ、ハトメ、ホック

 フラップ用磁石 凹凸

 革用手縫い糸(麻)20番

 革用接着剤

 トコ・クリアー 革の断面に塗る水溶性合成樹脂  補強材

●道具(なるべく、家にあるもので使えそうなものを使用のため、正式な道具ではないものもありますが、)

 ロータリー・カッター

 ものさし

 ゴム板

 彫刻刀 平刀、切り出し

 菱目打ち 1本刃、4本刃

 金槌

 ハトメ抜き

 目打ち

 へら 

 ローラー 

 革用 縫い針

 ウッド・スリッカー コバを磨くのに使う気の棒

●順序

Img_2020

① 型紙は、手持ちのスマホ・カバーのサイズを測り、厚紙に型紙を作りました。

② サークル・カッターの刃を革に垂直で当て、物差しをガイドに革を裁断。薄い革を内側に使うので、同じ形でグレーの薄革も裁断。

  ポケットを内側につけるので、ベロアでポケット分も裁断。

Img_2021

③ 手帳型なので、フラップ用の革も裁断。革を縫い留めるところが分厚くなるので、裏側を少し彫刻刀の平刀を使って、斜めに削ります。

Img_2026

④ フラップの内側の革にマグネットの凹部分を表側のフラップには、金色のカシメを取り付け。

  革用の接着剤を二枚の裏全面に広げ、しっかり接着。(一度、ミシンで縫ったので、針跡が残っています。)

Img_2023

⑤ 古くなったスマホケースの縫い目をほどいて、分解。もう後には、戻れません。中にネオジム磁石が厚紙に埋められるようにして5つ入って   いました。これをそのまま、再利用することに。

Img_2022

⑥ 表革に磁石の凸部分を取り付け。脚の部分を通す穴を切り込み、裏側に座金を通し、脚を垂直に折って留めます。

Img_2028

⑦ 表革、裏革両面とも接着剤を全面に塗り、フラップをはさんで接着。

端から、3㎜ぐらいのところにヘラで跡をつけます。その凹みをたよりに菱形の穴を4つ開ける菱目打ちをしました。

前に開けた穴に次の刃を一目入れると等間隔に穴が開けられます。

Img_2034

⑧ 革を立てて、2本の針を使って縫っていきます。

ここでは、ちょうど鋳物のテープカッターに磁石が張り付き、縫いやすかったです。

縫う長さの4、5倍糸は必要。蝋引きの麻の縫い糸の両端に革用で針先が三角形に研いである針を通します。

縫い始めと終わりは、返し縫い。一つの穴の中で2本が交差するように縫います。

D7k_1853

⑨ 革のコバにトコクリアを塗り、ウッド・スリッカーで磨き、つやを出します。

D7k_1822_20220220171601

⑩ ストラップは、表革、裏革を張り合わせて、コバ処理を行ったもので作り、吊り金具は再利用して、ストラップに通しカシメで止めました。

  本体には、ハトメ抜きで丸穴を開けて、両面ハトメ金具を埋め込み。

D7k_1833_20220220004001

⑪ 完成。表面に靴用に持っていたスウェード用の防水スプレーをかけておきました。初めてなので、合計20時間ぐらいかかりました。

ポケットに入れておくと手触り最高!なんだか、可愛いものを持っている感じ!これから使っていると、明るい色なので汚れが気になるかもしれないけれど、気分も春になってきた感じで、ルンルン!

本当は、何も言わないでクールに使うつもりでいたのですが、みんなに「これ、作ったんですよー!」って見せびらかしています。

 

| | | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

暮らしの中のMy Work : ヘム・ステッチ仕上げのプレース・マット

D7k_0843-3 

麻のプレース・マットを2枚作りました。下ごしらえをして、チクチク、音楽やテレビをお供に仕上げました。

Img015

縁は、前回紹介したテーブル・クロスは、1.5㎝、3㎝の三つ折りでしたが、こちらは、3㎝、3㎝の完全三つ折りにして、ごろつきのないようにしました。

作り方は、ヘム・ステッチ仕上げのテーブル・クロスを参考に→こちら

Img033 

出来上がり寸法は、30㎝×42㎝。完全三つ折りの縫い代が入るので、42㎝×54㎝使用です。

D7k_0842-1

糸を4本抜いて、4本でヘムステッチにしたのが、右、5本抜いて、5本ヘム・ステッチしたのが左。

5本の方は、模様がはっきり見えます。

D7k_0849-2

右がお手本にしたマット。左が近所の手芸屋さんで買ってきた麻で作った私が作ったもの。

多少、色が違いますが。ヘムのサイズを揃え、お揃いのように作りました。

 

| | | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

暮らしの中のMy Work : ヘム・ステッチ仕上げの麻のテーブル・クロス

D7k_0732

 昔から、「いつかは、作ってみたい。」と思っていたヘム・ステッチ仕上げの麻のテーブル・クロス。暑い夏、エアコンを効かせて、オリンピックや映画を見ながら取り組み、完成。

自分の家のテーブルのサイズに合わせて、四方に均等に布が垂れ、角は額縁仕上げ。

D7k_0741

横浜にあるインドの手工の雑貨店で見つけたランチョン・マット。フレンチ・リネンをヘム・ステッチで仕上げたもの。光沢のある糸が揃い、中厚地でざっくりした布の手触りが気に入って、2枚買いました。周囲はミシンのステッチでヘム・ステッチしたものなのですが、布端からのヘムの幅がちょうどいいバランスで「これをお手本に」と思って、2枚購入したもの。今回のテーブル・クロスはこれと揃いになる感じにしようと作り始めました。

布は、近所の手芸屋さんにも似たようなものがありましたが、幅が狭く、テーブル・クロスには出来ません。似たようなものを探していたら、IKEAのインテリア用の布 ’AINA’ が150㎝幅で値段も手頃なことをCHECK。実際は2mもあれば作れるのですが、ランチョン・マットもあと2枚作りたいので多めに3mぐらい購入してきました。

●作り方 (90㎝×135㎝の我が家のテーブルサイズ用ですが、もしも作る方がいれば、御自分のテーブルを測り、長さを出してください。)

D7k_0602

① 地直しについては、2007年の記事を参考に⇒こちら

表記150㎝の布でしたが、水につけ、地直しして幅を測ると142㎝になりました。

ですから、

142㎝(布幅)ー90㎝(テーブル短辺)=52㎝(縫い代分を含んだ短辺の垂れ両端分)となり、

D7k_0615

② 必要な長さは、135㎝(テーブル長辺)+52㎝=187㎝となり、布は縦方向の縮みが大きいので、今後も縮むことを考慮し、190㎝とし、印をつけ、横糸を引き抜き、 裁断。

Img014

③ 周囲の縫い代幅を1.5㎝、3㎝の三つ折りにすることにし、方眼の厚紙に実寸で表しました。左下が布の角に当たる部分です。黒の実線が出来上がりの線です。

はしごのような線が書かれている所の角部分を起点にヘム・ステッチします。厚紙に目打ちで穴を開けておきます。

D7k_0609

④ 布角に厚紙の角を重ね、ヘム・ステッチの基点の穴の位置を布に印つけ。そこを起点に横糸を一本切り、右方向の糸を少し引き抜きます。

D7k_0616

⑤  型紙を裏返し左の布角に合わせ、印をつけますが、最初に引っ張った糸とは違う場所に印がつくこともあるので、ゆっくり最初の糸を引きながら、つながっている糸を探し、終わりも切ります。決して、周囲の縫い代の糸まで引っ張らないように。様子をみながら、内側の糸4本を抜いていきました。

⑥ 残りの3辺にも④,⑤を行います。

D7k_0621

⑦ 縫い代の三つ折りを1.5㎝、3㎝の幅で布裏から見て谷折りになるようにアイロンで折り目をつけます。

D7k_0622

⑧ 額縁仕上げをするために1.5㎝谷折りしていた布角をヘム・ステッチの基点の角に折り上げ、斜めにアイロンで折り目をつけます。

D7k_0623

⑨ 写真のように布角を起点に斜めに山折りに重ね、⑧でつけた折り目を合わせます。

D7k_0625

⑩ 布の色に合う手縫い糸で半返し縫いで、折り目に沿って縫います。

 D7k_0626

⑪ 縫い代7㎜ぐらいつけて裁断。

D7k_0627

⑫ 縫い代を割って、アイロンでプレス。

D7k_0629 

⑬ ぐるっとひっくり返し額縁状に縫い代が合いました。

D7k_0745

⑭ 縫い代を整え、まち針で整え、しつけ糸でヘム・ステッチの根元にちょうど折り目が重なるようにとめておきます。

D7k_0717

⑮ (完成した表側から見た所)角の穴の糸を切った所を縫い始め、ブランケット・ステッチでかがってからヘム・ステッチに入ります。

D7k_0688

⑯ 縫い糸は、布と同色の手縫い用の絹糸を使いました。折り目を手前に見ながら、下から上に針を通し、

D7k_0685 

⑰ 縦糸を5本すくい、

D7k_0690

⑱ 縦糸が引き締められたことを確認し、⑯で針を出した所から右側に折り目の下から上に針を通し縫い代を留めていきます。

一辺の最後も最初と同じように色を切った部分は、ブラケット・ステッチでかがります。残りの辺も同じようにチクリチクリと縫い留めていきます。

D7k_0739

⑲ 完成。シャリとした感触と無漂白の麻の色が見た目にも涼しいものとなりました。ランション・マットも縁以外は布一枚なのでどうかな、と思っていましたが、下のテーブル・クロスが滑り止めになり、はりついたように安定して敷くことができるようになりました。

考えてみれば、お揃いでクロス類を使ったことがなく、こうやって使うことのメリットに気が付きました。

今、残りの布でランチョン・マット二枚を、制作中。

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2021年7月26日 (月)

暮らしの中のMy Work : グリーン ストライプのクッション・カバー

D7k_0600-2

太めの先染グリーンのストライプのクッション・カバー。一つだけ作って2つめは未完成だったものを夏本番になってきたので、昨日、完成させました。前回の記事はこちら

花柄のクッションもあったのですが、すっきりとした印象の方が視覚的に涼しを感じるので、こんな感じで過ごそうと思っています。

D7k_0570

前にも紹介したパイピング仕立てのクッション・カバーを作り方は同じです。私も自分の記事を見ながら作りました。こちら

ファスナーをつける一辺の縫い代を1.5㎝にしたことで、ゆとりを持って、ファスナーと縫い代を縫い合わせられるようにしました。

クッションが長方形(40㎝×65㎝)なので、ファスナーは、YKKのファスナー50㎝のものをそのまま使えるので、楽ちんでした。

Captainの太芯のパイピング・テープは、前に作った時のものをはずして再利用。

●材料 IKEA インナー・クッション FADRALE 羽毛 40㎝×65㎝用

型紙(ハトロン紙やトレーシング・ペーパーなど透ける紙で作ると柄合わせが出来る。)

   今回は、42.5㎝×64㎝にしました。40㎝×63㎝出来上がり寸法

表布 先染めストライプ キャンバス地

裏布 無地 中厚地

ファスナー 50㎝

ミシン糸 #30 (中厚地用)

ミシン針 #16 (中厚地用)

D7k_0573

ファスナーをつける長辺にパイピング・テープをしつけした後、ミシンで縫います。縫い代をこの辺だけは、1.5㎝にしたので、5mmほど、縫い代の方が出ています。押さえは、ファスナー押さえを使用。

D7k_0575 

順番は、以前の手順を参考にしていただいて、縫い代が1.5㎝になっているので、こんな感じになります。

D7k_0577

右側のステッチでファスナーと縫い代を縫い合わせています。

D7k_0581_20210726184801

緑の方の縫い代は、切りっぱなしなので、縁かがり。

その後は、手順は同じ。

 

長方形のクッションは、枕にもしやすく、お昼寝にも使えます。

この夏は、このストライプで乗り切ろう!

 

 

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧