2020年6月13日 (土)

暮らしの中のMy work : ギャルソン エプロン

Img_6050

家事が終わった時に、軽く畳めてかけておけるギャルソン エプロンを作りました。

デザインは、Martha Stewart さんのお店が日本で展開した時に購入したエプロンが基本。サイズ感や布の材質、色、なかなか良かったので、ボロボロながら、いつかサイズを参考にして、作り直そうと取っておいたものを解体して作ってみました。ベースは、長方形ですが、お腹の部分に箱ポケットがついているのが、ミソ。

このマチつきポケットがあるおかげで、水仕事をした際に、お腹に水気がしみ込んでくるのを防いでくれました。

この箱ポケットの構造が難しそうだったので、挑戦できないでいましたが、本気を出して、リッパ―で糸を切り、本体柄外して、サイズや縫い付ける順番など分かってきました。

Img_5994

布は、ツイル 幅105㎝のもの。縦80㎝、横100㎝(半分に折り50㎝で)に裁断。両脇は、縫い代2㎝ずつで1㎝の三つ折り。

上下は、縫い代3㎝で最初、1㎝、2㎝の三つ折りにした。ミシンで縫う前にアイロンで折り目をしっかりつけました。

Img_5999-2

上辺の角に力布を入れました。はと目を打つので、補強です。11㎝四方の正方形を対角線で切りました。裏に接着芯を貼りました。

力布をはさみ、両脇、上下の順にミシンで縫いました。

Img_5998

箱ポケットは、こんな感じ。出来上がり寸法 高さ20㎝、横幅17㎝のポケットが2つ並んだもの。

上辺の1㎝の三つ折り、下辺、脇に3㎝のマチ分を半分に折り畳むようになっており、縫い代0.5㎝もまわりについています。

アイロンでしっかり折り目をつけ、上辺の三つ折りを縫ってから、出来上がりの形に1㎜の端ミシンをかけ、本体に縫い付けました。

もう一つ今回のエプロンのお手本にしたのが、イギリスのLabour &Wait で扱っているキャンバス地の黄土色のエプロン。

普通、紐は本体に縫い付けますが、ここのは、はと目を打ち、綾織りテープを通している。

その違いは何なのか?作って確かめてみることに。

Img_6011

直径1㎝の穴を開け、

Img_6020

穴名1㎝のはと目を打ち付けました。外でこんこんしました。

Img_6030

黒の綾織りテープを通し、縫い留めました。

  Img_1422

完成して、つけると後ろの紐は、はと目の所で、角度が変えられました。直接、縫い付けるるより、打ち合わせはすっきりしてきれいに収まります。

家族が時々、家事を手伝ってくれる時、このエプロンなら、対応可能。

Img_1435_20200613223401

パパもこの通り。

Img_1434_20200613223601

さあ、頑張るぞーって感じでお皿洗い、手伝ってもらえそう。

自炊に凝っている息子にも同じものを作ったので、1枚、送りました。

ありがとう!て返事がきました。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

暮らしの中のMy Work : Mask for Summer

Img_5941_20200603160301

Fabric :  Le petite mouche  SOLEIARD 

夏用のマスク、どんな風につくればいいかな、と思いながら日が経ってしまいました。とりあえず、ソレイアードのムーシュの生地は使いたくて、2週間前ぐらいに生地は手芸屋さんで40㎝だけ購入しました。

INDIGO 藍色の地色に小さな白のムーシュ(蠅)が浮かんでいる布。これを使い、今まで作った立体マスクのように水色のパイピングを入れました。

Img_5936_20200603161101

今回は、なるべく涼しく感じれるにように裏地にシルクを使ってみました。

昔、父がインドに行った時のお土産の布。簡単なブラウスを作ったけれど、まだ1mぐらいは残っていたもの。

絹の調湿性や肌への感触の良さから作ってみました。

Img_5938_20200603161801

しかし、綿の布一枚と絹一枚を合わせただけだと、マスクの機能として大事なフィルター機能がほぼないので、前回よりも薄手の片面接着キルト芯 「スパイダー100」を絹に貼りました。

これで暑くなってしまいそうなのですが、迷った挙句、使いました。

裏地に芯が張ってあると、マスクの内側には、しっかり空間が出来るので、口に布が当たったりしないので、その点ではいいのですが。

Img_5940

内側は、こんな感じ。上の白いマスクには、両面、絹で縁の紺色のパイピングを入れました。

頬に当たる感じは、麻よりも冷感があり、スムースな触感。

実際に使ってみて、どうだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

暮らしの中のMy work : パイピング仕立てのマスク 2

Img_5533

Cloth : LIBERTY Tana Loan 'England Rose' HOBBIRA HOBBIRE

前回作ったマスクの改良バーションです。前回のパイピング マスク

Img_5537_20200510160801

Cloth:Liberty Tana loan         HOBBIRA HOBBIRE

前回の作り方で裏布をキルト芯を張ったタイプにすると、マスクの両脇のゴム通し用の三つ折り部分に厚みが出て、ミシンで縫いにくくなりました。今回、この部分が頬に当たるのも気になります。かと言って、せっかくLIBERTYのプリントに合わせたパイピング テープを入れ、アクセントをつけるアイディアは、取り入れたいので、どうしたものかと考えたあげく、どうにか改善バージョンで完成させることが出来ました。

今回の布は、少しだけマスク用にHOBBIRA HOBBIREさんで購入。今回は、肌の色に近い暖色系の布で作ってみました。

バラの柄の布に合わせるパイピング テープを既存の製品で探しましたが、かつてはCaptain社のものでいい色があったけれど、廃番になっており、自作することにしました。

Img_5524

●Captain社の両折バイアス テープ 幅18㎜ CP33 色番591

●タコ糸 太さ5号(太すぎると、目立ちすぎるので、このぐらいの太さがちょうどよかった)

他で使ったバイアス テープの灰青緑色が布と合わせた時にぴったりだったので、これの片面の折り目にタコ糸を入れて、ミシンで縫い留めました。ミシンの押さえ金具は、ファスナー用にすると楽に縫えました。縫い終わったあと、真ん中の折り目の所で、幅をカット。

Img_5535_20200510160701

作ったパイピング テープをマスクの幅と同じ長さだけ使い、三つ折りにはまわさないように縫いとめることにしました。

Img_5550

端から2㎝ぐらいミシン糸をほどき、芯のタコ糸を1㎝ぐらい切ります。

Img_5553

バイアス テープをタコ糸をくるむように折ります。

Img_5554

マスクの端になる部分、右側のまち針の位置に止め、表布とバイアス テープをミシンで縫っておきます。

Img_5555

キルト芯を張った裏布と表布を中表に合わせ、ミシンで縫います。

写真の縫い目はパイピング テープを縫い付けた時のものなので、これを目安にミシンで縫います。

少し、表布の縫い代を1㎜ぐらい多く重ね、縫い合わせると、表布の方が大きめに仕上がり、裏が控えられて、仕上がりがきれいです。

Img_5556_20200510154001

縫い代に切り込みを入れ、アイロンでしっかり折って、表に返します。

ちょうど、いいところまでパイピングが出来ました。

Img_5557

三つ折りして、アイロンで折り目を付けてから、まち針で留め、ミシンがけ。

Img_5534_20200510154501

ゴムを通して、完成。

Img_5613

Kawaii Collection   

少しの可愛い布で作れるからマスク作り楽しい!

着物の半襟の色合わせのようにちらっと見えるパイピングの色をあれこれ、考えるのも楽しい!

                       

 

 

 

 

| | コメント (2)

暮らしの中のMy work : キルト芯を使ったマスク 

Img_5670

3月にマスクを作ってみましたが、親戚からマスクをつけてくれた写真が届き、とてもうれしかったので、またまた作っていました。

前回を使ってみての改善ポイントをあげ、Version up。またまた親戚、家族用に作ってみました。これは、甥っ子ちゃん用。

前回のリネンのマスクはこちらパイピング仕立てのマスクはこちら

Img_5671

今回は、内側をすっきりさせたくて、裏布にキルト芯を接着させて、内蔵フィルター(自称)にしました。空間が確保されて、布が口元に当たることが少なくなったので、前回のものより楽です。

Img_5451

表布は、前回同様に準備しておきます。

裏布に張るキルト芯は手持ちのものでやってみて、よかったので、不足分を手芸屋さんに買いに行ったのですが、買い直したものは、厚すぎました。「スパイダー150」というのを40㎝購入しましたが、たぶん「スパイダー100」ぐらいの厚さでよいと思います。

Img_5453

裏布も変更しました。両脇の三つ折り部分が厚くなりすぎて、ごろごろして縫いにくいので、裏布は、2つ折りにすることに。

Img_5454

裏布の麻にキルト芯をアイロンで接着したところ。

Img_5462

縫い合わせた所。縫い代は、前回同様、切り込みを入れ、アイロンでしっかり割っておきます。ステッチを入れておくと、裏布も縫い代のごろつきを抑えられます。

Img_e5467

表布と裏布を中表に合わせます。(パイピング仕立ての場合は、表布と裏布を縫い合わせる前に表布にパイピング テープを縫い付けておきます。次の記事で紹介します。)1~2㎜裏布の縫い代を多めにしておくと、その分表布の方が大きくなり、裏布を控えられます。

Img_5672

両端を三つ折り(表布のみ)し、ミシンでステッチすればミシンがけはおしまい。

前回、作った時は、マスク用ゴムがなかったけれど、今回は、手に入りました。

きちんとゴムを両脇に通して、出来上がり。

Img_5675

親戚家族に送った子供用、女性用、男性用。みんなに手作りプレゼントをしたのは、初めて。

 

| | コメント (0)

2020年4月25日 (土)

暮らしの中のMy work : カーテンの修理 

Img_e5402

”Oak Tree" D.H.Dearle   Sanderson(En)

家のカーテンがさすがに傷んできました。1997年に購入しているので、もう23年経過。

モリス商会のD.H.DearleのデザインでSanderson社から販売されていたもの。紹介した記事はこちら

洗濯の時に、傷めてしまい、開閉の時に触る縁が破れてしまいました。

とても気に入っているので、がっかり。生地も黄ばみ、コットンも摩耗、しょうがないとわかっていてもとりあえず、また下げて使っていました。

先日、別の目的で購入し、使わなかったSage色のバイアス テープ。カーテンの縁にまち針で留めてみると、いい!、Good idea!

●材料

バイアス テープ ぐるっとふちどり 幅18㎜ 8.5m CP33 色番591 Captain社製

Img_e5429

このバイアス テープは、両折タイプになっていて、微妙に1㎜ぐらい幅が変えてあります。

ミシンで縫う面を幅が狭い方にしカーテンの縁にかぶせ、まち針で留めました。

こうすると、縫った時に裏は絶対に縫い目がバイアステープから落ちることなく、縫えます。

Img_e5408

今回、最初は、しつけしてから普通のミシン押さえで縫っていったのですが、少しひきつったようになったので押さえを変えました。先日、購入したブラザーのウォーキング フットというものに変えると、きれいに平らにバイアス テープがカーテンの縁に縫い付けられました。

Img_e5410

カーテンのフックと裾のウェイトが入っている部分は、ミシンで縫えないので、手でまつり縫いしました。

Img_e5413

バイアス テープの端は折り込んで仕上げています。

Img_e5428

完成。

Img_e5447

心配だったカーテンの端が補強されました。

しばらくは、これで良さそう。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

暮らしの中のMy work : キルティングのソファ カヴァー

Img_5286

SOULEIADO Petasson            

 プリントのソレイアードの生地。いろいろな柄がパッチワークしたようにプリントされています。

ラベンダーやヒスイ色のような地色の部分が特に好きで、手芸屋さんで何度も眺めていたもの。

家で過ごす時間が長くなりそうなので、腰を据えてこの布をソファカバーに仕立てるプロジェクトを実行することに。

およそ2m四方あれば、いいので110㎝幅4.2m(柄合わせがあるので少し多めに)準備。

Img_5288

布は、水通しして(収縮させておくため)干し、アイロンで平らに整え、長さを半分に裁断。

柄合わせをし、中表に合わせ、布端をミシンで縫いました。

Img_5290

ミシンで縫い合わせた所。どこが縫い目かわかりませんね。これでおよそ幅215㎝になりました。

Img_5292

裏布は、ミルクココア色の幅105㎝のシーチング。長さ210㎝を2枚、同じように中心で接ぎました。

Img_5293

表布の幅の方が広いので、両端一模様ずつ〈一模様10㎝+布端1㎝×2)切り落としました。

Img_5298 

およそ2m弱四方になった表布の下にキルティング綿(幅200㎝のもの)、裏布を重ねたところ。

なんだか、昔、実家にあったこたつ布団を思い出しました。

Img_5299

ネットで調べると、3枚を合わせる仮止めに安全ピンを使うといいというアイディアが紹介されていましたので、持っているものをすべて使い、中心から放射状に留めていきました。

それから、中心から放射状にしつけ糸で仮止めをしていきました。

Img_5307

Walking foot    F033                                  BROTHER

ミシンの押さえを「ウォーキング フット」というものに変えました。自分のミシンに取り付けられるかお店に確認して、送ってもらいました。

名前のようにトコトコ歩くように布を抑えては縫い進めるという優れもの。

革、ビニールクロス、ヴェルベット等を縫う時にも使えるそうです。

Img_5311

ゆっくり、中心から縫っていきました。家庭用の普通のミシンなので、アームも天板も狭いのですが、なんとか縫う前に布を折りたたみ、ミシンを動かすと大丈夫でした。

プリントの模様の境目をキルティング。縦、横ともにゆっくりステッチ5㎜で仕上げていきました。

 

Img_5375

端の処理は、バイアス テープでくるむつもりでしたが、裏布が一回り表布よりも大きかったので、裏布の端で包み込むようにすることに。

余分な綿をカット。

 

Img_5377

2.5㎝幅に裏布の幅を切りそろえ、

Img_5378

アイロンで折り山を整えしつけ糸で仮止めしました。角は、くるむ角下ななめ線のところが谷折り線。そこから1㎝水平線をとったころで、カットすれば、額縁仕立てに出来ます。

Img_5379

ミシンで縫う前に額縁仕立ての部分、手縫い糸ではしごまつりをして縫い留めておきました。

このあと、ゆっくり裏布の端をミシンでぐるっと縫い、

D7k_8728-1

完成。

D7k_8729-1  

いつもは、グリーン系と白でインテリアの布の色は、まとめていましたが、ラベンダー色の花の色が家の中にも入ってきた感じになりました。

ソレイアードのプリントの源はインド更紗。

父がインドの布をお土産によく買ってきたので、このプリントに使われている模様に懐かしさを感じます。

なんだか座ると眠たくなりそうです。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

暮らしの中のMy work : クロシェ バケツ バック 2 ライナー仕上げ

Img_5266-2

Liner     Kichen cloth  IKEA

先日作ったかぎ針編みのバケツ型バック。バックの編み方はこちら

ライナーとしてあれこれ、手持ちの布を入れてどれにしようか迷った挙句、本人の希望でこのコットンのイケアのキッチン クロスに決定。太目のストライプがすっきりして夏用のバックに合うものにしました。

Photo_20200412205901

色画用紙で型紙を作りました。イメージは、マチ付き巾着を作る感じ。

完成したバックのサイズを測り、ライナーの布は縫い代を1㎝つけるつもりで、仮縫いして、微妙なサイズ調節しました。

このバックは、図中黄色のサイズが実寸。それに縫い代を入れた型紙を作りました。

縦は、上辺に2㎝の折り返しを取っています。

底は、輪にして裁断しました。

Img_5246

キッチンクロスの裏に固めの接着芯をアイロンで張りました。

型紙を当て、裁断。

両脇をミシンでに縫います。

Img_5250

アイロンで縫い代を割り、底のマチを縫います。

Img_5251

ライナーが完成。芯を張っているので、形がしっかりしています。

Img_5255

まち針で仮止めして手縫い糸でまつっていきます。

Img_5252

今回、初めて使った優れものの針。カーブ針というそうです。

動画サイトで外国の人が使っているのを見て、使い勝手がいいので、この作業用に購入しました。

ライナーの折り目をすくうのに便利。以前、この作業の時、真っ直ぐな針だと布をすくう時、縫い目が緩んでしまいました。

この針があると、糸がしまって、きれいにまつることが出来ました。

Img_5261

ということで、ライナーがあることで、編み地がだらっとしがちなクロシェのバックもしっかり形が整いました。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

暮らしの中のMy work : クロシェ バケツ バック 1

Img_e5276

Crochet bucket bag

お家にいる時間に片づけをしたり、作りかけのものをもう一度、頑張って仕上げたりとなかなか、普段では諦めていることを最近、やっています。これもその一つ。やっと完成したクロシェのバック。娘のために昨夏、編みだしていたのですが、何だか気に入らないで、ストップしていたもの。

Img_5155

こちらが今一つ、しっくりこなかったもの。細編みで編んだ円形の底が波打っていたことや、口を紐で引き締めてもバックの厚みがあり、こぶりにならなかったことが、だめだめで、放置状態。

赤いジュートの糸は、娘のリクエスト。染めていたないジュートは無印良品のジュートを使っています。

時間があるので、海外の動画サイトも見て、仕上げ方の参考にさせてもらい、やっと完成。

Img_5150

編み始めは15目鎖編み。一段目は細編みをぐるりと一周編み、両端に2目ずつ細編みを入れ、34目編み入れます。2段目以降、各段両端で増し目6目を入れていきます。10段めで88目になります。長い方が28㎝ぐらい、横が16㎝ぐらい。

Img_5156

11段め以降増し目なしで、ぐるぐる編むとバッグの底が立ち上がり、側面が出来てきます。17段目まで編み、えんじ色のジュートに糸を替え、側面を同じように編んでいきます。えんじ色3玉使えるだけ使い、33段めまで編み、無染色のジュートに再び、糸を変えました。えんじ色の部分は12㎝ぐらい。

Img_5209-2

上部の部分は、細編みを各段で引き返し編みします。

Img_5211

6段目の時、両端に真鍮のDリングを編み入れます。3目をリングに入れました。残り2段編み、終了。

Img_5222

はと目を打ち込みます。前面の中心を確認し、そこを軸に対称に穴の位置を均等に振り分けました。88目÷8=11目.

11目ごとにハトメを入れました。

Img_5260

革ひもを入れて、ばね式の留め具を入れました。

Img_5268-2

ストラップは、HOBIRA & HOBIRAで見つけた革のストラップ。長さを調節できるもの。

ライナーは次の記事で。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

暮らしの中のMy work : Boy's baby kitting accessories

Img_5121-2

Aran cap & mitten                     

息子が1歳の冬用に編んで、着けさせていた帽子とミトン。

アラン模様が好きで、前から挑戦していたので、赤ちゃん用で縄編みが入るこのデザインが気に入り、製図通りに編んだもの。

中細の毛糸に同色のモヘアを混ぜて編みました。

製図は、日本ヴォーグ社から出された『赤ちゃんのセーターメモリー』という本から。

他にもこの本にのっていたベスト2種類を娘が生まれる前に編み、冬生まれの赤ちゃんに備えていたことを久しぶりに本をめくりながら思い出した。

Img_5120-2

こちらは、少し大きくなってからの帽子とマフラー。

こちらは、オリジナル デザイン。

マフラーなんて動き回るので、いらないような年頃ですが、真冬の北海道に帰省するので、マフラーも作ってみました。

片方の端を輪にして、もう一方の端をそこに入れることで、マフラーが落ちるのを防ぐようにしました。

 Img_5090

先日、その子が家を離れるので、紅茶のポットを準備していたら、ポット カバーも彼用に作ってやろう思い、尋ねると、この帽子と同じ色合いをリクエストしました。

残り毛糸を見ると、ちょうど、Tea Cozyが編めるだけは、あったので、編み、持たせました。

毛糸を使い切り、彼もようやく本日より独り立ち。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

暮らしの中のMy work : Tea Cozy

Img_5084-2

新しいTea cozyを息子のリクエストで作りました。今使っているものはこちら

配色は、Navy blueの地色に緑のポンポン仕立て。残り毛糸の入っている引き出しを見てみると小さい頃に編んでやった毛糸の帽子とマフラーの残り毛糸がそのまま、ちょど使えました。

Img_5004

輪編み針8号で編みました。糸は中細ぐらい。前回同様の大きさのポットなので、作り目を同じにしましたが、今回は、二目ゴム編みにすると横幅が自然と狭くなるので、試し編みをして確かめ末、68目としました。

Img_5006

2目ゴム編みを9段、約3.5㎝高さグリーンで編みました。ここは、ポットの注ぎ口や取っ手の下端まで編んだことになります。

ここから編み目を半分の34目ずつに分け、片方ずつ19段、約6.5㎝高さまで編みます。

Img_5065

これで注ぎ口、取っ手を入れる穴が出来たので、再び、輪編みでつないで編みます。

5段、約2㎝高さ2目ゴム編みで編みます。

Img_5071

ここから各段11目ごとに右上2目一度の減らし目を入れていきます。

形がすぼまったら、最後は、編み目を引き締め本体は完成

 

Img_5075

ポンポンをグリーンで作ります。

Img_5092

ポンポンを上に取り付け、糸の始末をして完成。

Img_5091

まりものような巨大ポンポンをのせたなんだか面白いTea Cozyが出来ました。

画像検索で外国の人が作ったTea cozyを見ると、ユニークな色や形のものがいっぱい出てきて面白いです。

なんか、他にも愉快なものが作ってみたくなりました。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧