2023年12月 1日 (金)

Maintenance : 巾木の補修

Img_8569

 我が家の玄関の巾木はご覧の通り。あらららという感じでした。

あまり興味のなかった巾木ですが、こんなふうになると,どんな素材で作られているのか,わかってきました。

ホームセンターで木目プリントの幅広シートを見つけたので,補修することに。

Img_8573

元の巾木はMDF(中質繊維版)という木の繊維を接着剤で固めたものが使われていました。家の中でベニヤ板や素麺の箱など板材を引っ張り出してみたのですが、家の中でノコギリを使うのも近所迷惑なので、「Wild Turlryの箱がMDF!」と思い出し、パパが独身時代からもっていたバーボンの箱を取っておいたものをカッターナイフで巾木の寸法に切ることにしました。

 Img_8574_20231201164801

元の巾木を外すと隠し釘といって内装材をとめるのに使う釘の頭がない細い釘で留めてありました。よく、内装工事で「パーン、パーン!」という音がするピンタッカーで留めてありました。そんな道具は買えないので、残った釘は抜かないで、新しい巾木をあて木をして叩き込むことに。

Img_8576

シートは、一回り大きくカット。

Img_8579

購入した木目調シート(REALA リアラ アサヒペン の焦げ茶色)をカットして巾木にピッタリ貼り付けました。

Img_8583

Img_8584

その後、玄関のたたきとの境目にシリコン・コーキング(コニシ バスボンドQ)を入れました。目地部分の両側にマスキング・テープを張り、チューブを縛り出しながら、目地につめていきました。途中、とまらない方がきれいに仕上がります・

シリコンが乾かないうちに付属のヘラで表面を整え、マスキング・テープも剥がしておくといいです。

Img_8598

完成。目地が妙に白いですが、これもDIYならでは!他2か所もシートの張り替えを行い、修繕OK。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2023年11月27日 (月)

Maintenance : 洗面ボウルの交換

 Img_9256_20231127185001

恥ずかしながら、磁器質の洗面ボウルに瓶かなにかを落として、ヒビ割れさせてしまいました。この記事については、Instagramでも紹介しました。こちら

マンションに入って、初期の頃で、いろいろな接着剤を使用しては、もたせてきました。接着剤も黄変、硬化しますので、そのたびに修理。

この写真は、2023年7月の状態。合成漆を使って、金継ぎもしていました。洗面ボウルはメーカーでは、廃盤で入手不可能。いろいろ調べもしましたが、お引越しになる方より、洗面ボウルをいただくことに。

Img_9263

割れた洗面ボウルは、大きなハンマーでたたき割り、撤去。

頂いた洗面ボウルの古いシリコン・コーキング剤を取り除きました。

Img_9284

コニシのバスボンドQ 50mlを合計4本使用。

Img_9288

固まるまで車のジャッキで下から支えておきました。洗面キャビネットの下部に使用されている板は、薄い化粧板で、強度がなかったので、スノコや板などを下枠のある部分に渡してからジャッキ・アップしました。半日ぐらい放置。

Img_9289 

吊り金物が4か所あるので、それで基本的には洗面台と洗面ボウルは固定される仕組みです。

Img_9291_20231127211601 

マスキング・テープを溝の両側に貼り、シリコン・コーキングで埋めてきました。

Img_9335

排水パイプをつないで、やっと水を流したのは、夜の11時ごろ。いただいた洗面ボウルのパッキンは、水漏れがあったりしたので、今まで使っていたものに変えると、水漏れしなくなりました。最後にあせりましたが、大丈夫、完了。

なんだか、あと何年もつか心配ですが、補修部品が入手できるまで使っていきたいです。

費用は,ボウルをいただいたお礼とコーキング材のみ。ゴミのことも考えると、最低限の廃棄物ですみました。

 

| | | コメント (0)

2022年8月16日 (火)

Maintenance : 椅子の座面張り替え

 D7k_4773

Dining chairs                  YAMAHA              

 座面が広めの革のダイニング・チェアー。30年経過したので、縁の部分がひび割れてきていました。動画サイトなどを見ながら、革さえあれば、自分でも出来そうだなと思っていたところ、浅草橋でちょうど良さそうなシュリンク加工の牛革半裁の端切れを見つけました。その後、中身のウレタン・マットや道具類を少しずつ揃え、時間の取れた先日実行。

Img_3820_20220816084901

① 椅子の座面は木ねじで留めてあるので、ドライバーで取り外し。ステープルという大きなホッチキスのようなコの字型の針で裏側が留めてあるのでステープル外しという道具で針を外しました。この専用道具は、買って良かったもの。一脚目はマイナス・ドライバーとガン・タッカー付属の簡易的な道具で外しましたが、手が腫れるぐらい大変な作業でした。

Img_3824

② 既存のウレタン・スポンジの構造確認。中心に一枚1㎝ぐらいのものがあり、それを覆うものが木端に接着されていました。

D7k_4763

③ 芯になるチップ・ウレタンは「硬め 500㎜×500㎜×2㎝厚さ」にしました。DIY向けに一脚分が貼れるサイズを既にカットしているものを購入。積層合板の座面と同じ大きさにカット。DIY用ウレタンショップKoh Yohさんで購入しました。

D7k_4770

④ 仕上げ用のウレタンスポンジは1㎝厚さ。座面の木端に異素材も接着可能なセメダインXを接着面両側に塗り、10分放置してから木端を包み込むように接着。乾燥中は、取り外した革で包み、ガムテープで固定させておきました。

乾燥後、カッターの刃を長めに出し、のこぎりのようにギコギコ動かし、スポンジの断面をすっきり座面と合わせてカット。

D7k_4756  

⑤ 次は革の準備。以前の革は4枚はぎになっており、糸を抜き、解体し、型紙を厚紙で作りました。

D7k_4758

⑥ 新しい革に当てると、4脚分取るためには、2脚分は、一枚革で残り2脚分は革を縫い合わせるしかないということになりました。

D7k_4769

⑦ 革の裏に型紙を当て、白いチョークで線を引き、はさみでカット。

Img_3815

⑧ ガン・タッカーを使う作業は室内では音が大きいので、外に出て作業。

スポンジを張り替えた座面と裁断した革とガン・タッカー、替え芯 MAX T3-6M (幅12㎜ 高さ6㎜)、ステープル外し

Img_3816

⑨ 前後左右の位置を確認し、十字の部分にまず、ガン・タッカーを打ちます。それを起点に対称に革を引っ張りながら、四辺の直線部分にタッカーを打ちます。たわみがある場合は、芯を抜いて、打ち直します。

Img_3817

⑩ 角の部分は、ギョーザのヒダを入れる時のように、なるべく同じ幅のヒダを寄せながら、タッカーを打っていきます。「『ℤ』形に打つといい。」という動画サイトの情報からやってみましたが、『くずれZ』になりながら、留めました。これも数をこなさないと上手くならないものだと思って、これでOKとしました。

⑪ 前にも貼ってあった黒い不織布を裏にタッカーで貼りました。

D7k_4781-1

⑫ ネジで椅子本体に留めつけ、完成。

D7k_4845

取り合えず、2脚は完成。あとの2脚は、革を手縫いで縫い合わせなければいけないので、またいつか。   

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2022年8月 6日 (土)

Maintenance : バックの革底の取り換え

D7k_4581

Weekend travel bag                     Land' End CANVAS 

 もう10年以上使っている夏のバック。週末旅行向けにデザインされたもので、容量が多く、帰省の時も水筒などもどんどん入れてもいいので、大活躍してくれたもの。

さすがにオンボロなんですが、特にお茶をこぼした革底が、しみになって、ひび割れてしまいました。革を手縫いで縫うことは、出来るようになったので、今年3月に浅草橋に行って、ちょうどいい端切れを探してきました。種類もあまりわかっていない私ですが、どんなものを作りたいかをイメージして革を選ぶといいような。

D7k_4639

①まずは、革の裏革に補強材を塗っておきます。

D7k_4636

② バックから外した底の直径を測り、型紙を作り、裁断。黒い布は、たぶんバリスティック・ナイロン。補強のために貼られていたもの。再利用します。

D7k_4646

③ 縫う部分は厚みが出るので、サンダーでやすります。

D7k_4650

④ 革の端から5mmのところに溝をつけます。道具は、ステッチング・ルーパーというもの・D7k_4651_20220806171001

⑤ 縫い穴の位置をルレットで穴を開けます・道具はステッチ・ルレット。間隔が3種類から選べます。

D7k_4653_20220806171001 

⑥ 菱目切りという道具で一つひとつの穴を開けます。下には、コルク・マットを敷くと、作業しやすい。

D7k_4657_20220806171001

⑦ 縫い糸#20の麻糸でハリ2本を使いながら、革とキャンバスを縫っていきました。

D7k_4708

縫えた。

D7k_4709

⑧ ひっくり返して、中袋の脇を閉じて完成

 D7k_4719

⑨ 色が薄くなっているところは、革の染料を塗り色を補いました。プラスクリームを塗り、油分を補いました。

D7k_4730

⑩ 防水スプレーを全体にかけておきました。

なんとかあと何年かは、持てそう。

| | | コメント (0)

2022年7月 2日 (土)

Maintenance : 袖用アイロン台の張り替え

D7k_3792-1

 アイロンをかける時、袖用のアイロン台を使っています。正式名称は、「袖馬」と呼ばれるもの。

筒状の袖や洋裁しながら、ちょっと縫い代を割りたいときなどに使っています。

D7k_3770-1

しかし、実は、こんなにボロボロ。今朝、張り替えを敢行。

D7k_3775

裏に返して、ネジをゆるめ、ステンレスの脚をはずしました。

D7k_3781-1

表面のクッション性がもう少し欲しかったので、キルト芯を一枚入れ、表面を覆う白のツイル生地を5㎝ぐらい大きめに裁断

縦中心、横中心にタッカーで本体に布をとめました。

D7k_3782

角は、ひだを取って、バチン。

D7k_3787-1

元の作りを参考にしながら、布端を覆うように紙を全体に貼りました。

ボンドでもいいのですが、最近、気に入っている「にかわ」を使いました。にかわは、紙箱を作るお店で購入したもので、湯煎して煮溶かして使います。布の重なっている部分にもにかわを塗って、接着。

D7k_3790

脚も戻して、出来上がり。

D7k_3789

完成。白なので、また汚れると思いますが、以前の色よりは、自分の好みに修理。

夏は、実は、アイロンがけをする機会が多くなる季節。

 

このアイロン台も使って、がんばろう!

 

 

| | | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

Maintenance : 赤い革の手帳

Img_8149

Bindex   A5 

 文房具屋さんのセールで昔、購入したBindexのシステム手帳。最初は、カレンダーのレフィルを購入していましたが、現在は、Outlookの月間スケジュールをA4の紙に2カ月分ずつ印刷して、半分に切り、専用の穴あけパンチで穴を開けて、手帳に入れています。

ボールペンも一本差し込めるので、ずっと使っています。

スマホもスケジュール入れられるようですが、最近、老眼で、スマホの字が読みにくく、書き込む手帳の方が、やはり便利と思っています。

Img_8110

しかし、革がずい分擦れて、汚れや色落ちがひどく、人前で手帳を出すのは、ちょっとはずかしくなってきていました。

そこで、最近、革の補修材として黒、茶色と使ってきたSAPHIRのリノヴェーティング クリームのCherryで、色を補いました。

赤系は、何色かあるので、少し色見本を見ながら悩みましたが、これで、どんぴしゃでした。

Img_8113

最初にクリーナーを布につけ、革の汚れを取りました。

それから、補色クリームを指で塗りこみました。布だと毛羽が入ったりするので、指先がちょうどいい。

革の凹凸にもクリームが入り込み、つやも保てるので、都合がいい。

Img_8151

とても簡単にできましたが、なおす決断をするまでに時間がかかりました。

今は、ネットで細かい色も手に入れられるので、便利です。

 

 

| | | コメント (0)

2021年1月22日 (金)

Maintenance :フローリングの傷の補修

Img_7709-3

 フローリングの傷。今の住まいに暮らして、あちらこちらに物を落として、傷が多くなりました。

年末大掃除の時、「かくれん棒」という補修ワックスで穴を埋めました。

お店で選ぶ時、家のフローリングを切り取って持っていくことも出来ないので、色みを特定することに悩みましたが、無難そうなブラウンにしました。

Img_7721-3

クレヨンのような形の製品。専用の電気ごてがあるようなのですが、それは、買わずに火で温めて、溶けたワックスを流し込みました。

動画サイトを見ると、専用こては、流し込みやすい形状でした。

Img_7730-3

ワックスが固まってから、へら状のもので、余分なワックスを削り取りました。

Img_7716-2

じっくりアップで見ると、明らかに補修箇所がわくるのですが、歩行中の視線から見下ろすと全然、どこかわかりません。

こんな箇所がいっぱいあったので、12月30日、大掃除の締めくくりで、気になる傷をすべて直しました。

家具も茶色なので、傷つけたところをあちこち補修。ちょっと、痛々しさがなくなり、安堵。

 

| | | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

Maintenance :木のレードルのカーブ

Img_4332-3_20210118002801

Wood ladles

一番上が、岩手の朴材の杓子、真ん中は、宮島の桜材で、下がWilliams-Sonomaで購入したフランス製のブナ材のスプーン。

土鍋や和風の煮物の時は、一番上、STAUBのお鍋でシチューなどの煮込み料理には、真ん中、ジャムやお菓子作りには、一番下を使っています。

Img_4314

Before

上の杓子が実は一番、使いやすいです。横から見ると、材料の厚みがずい分ないとこの形は生まれてこないことに気付きます。でも、このカーブが使いやすいということがわかっているので、今も材を減らしたりはしないで手仕事で作られています。

宮島の木工品もご飯用の杓子だけでなく、いろいろ洋風料理向けのものもあり、いいデザインなので、これを購入して、かれこれ使って30年。実は前から、上の杓子のように先端の外側を削るともっと使いやすくなるのにな、と思っていたので、冬ごもりの日、削ってみました。

Img_4322

削る範囲を白いチョークで塗り、平刀で削りました。厚みを手で確認しながら。

Img_4325

After

かなり、広範囲に削りました。材は、硬めで、しっかりしていました。削った面もマホガニーのような赤っぽい茶色。

Img_4329

少しやすりがけして、完成。やはり、非常に使いやすくなりました。

ひと手間ですが、自分なりのちょうど良いカーブにしたレードル。

これからもまだまだ、使い続けたいです。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

Maintenance :カトラリーの手入れ

Img_7917

フランス製のマホガニーのハンドルのカトラリー。あまり使っていなかったら、こんな感じに白くなってしまいました。

Img_7918

晒にクルミを入れ、すりこ木でたたいて粉砕。

Img_7919

それで、ハンドルを磨くと、潤いが戻って、しっとりしたハンドルになりました。

Img_7920

それと、真鍮のリベット部分。くすみが出ていたので、レモン汁と塩で磨くといいということがアメリカのお掃除の本に書いてあったので、やってみることに。

緑青が出ていた部分も取れ、きらりとしたリベットがよみがえりました。

同じデザインのパリで購入した樹脂製のハンドルのカトラリーを普段使いしていましたが、食洗器に入れて、樹脂部分を変質させてしまいました。

今年は、私の人生も後半になってきていると思うので、こちらを普段使いにしようと思い、最近出して使っています。

 

| | | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

Maintenance :黒檀のお箸の手入れ

Img_7924

Eboby chopsticks

 箸やバターナイフ、トレーなど、木製品の手入れをしました。黒檀のお箸は、もうそろそろ、30年もの。どれもこれも潤いがないので、クルミ油を使ってお手入れすることに。また、黒檀のお箸の先、娘がかんじゃったようで、かけてしまったもの。これをちょっとけずり直しました。

Img_7911

まずは、さらしにクルミを入れ、すりこ木でたたき、粉砕。これをくるんで、木地に油分を与えました。

Img_7926

使っているとまた白く油がぬけていってしまうでしょうが、まずは、しっとり油分を補えました。

  Img_e7932

それから、箸先のけずり直し。長さを刃物を使って切り、サンドペーパーで先の形を整えました。

Img_7935

もう片方の形状と合わせるため、ふくらみを削る部分には、チョークで目当てをつけ、形を整えました。

Img_7936

完成。これで、気持ちよく使えそう。堅木のお箸は、自分でメンテナンスも出来るメリットがあり、長持ちします。

 

 

 

| | | コメント (0)