2024年3月22日 (金)

季節のGarden Work : 水鉢のタリアの株分け

D7k_4679

Thalia dealbata             Aug.3.2022

 植えて昨年で20年経過のミズカンナ。原産地はアメリカ南部からメキシコ。昨年の「観測史上最も暑い夏」の中では、明るい葉色で、すくっと生える姿は、清涼感があったのですが、蒸発、蒸散による水切れで毎日水を入れなくてはならず、大変でした。

今年こそは、と思い、泥水に手を入れ、塊茎にハサミを入れ株分け。以前は、家から果物ナイフを持ってきて、切ったのですが、土と根を引っ張り上げるのに大変。腰が痛くなりました。

Img_1486

 Before                   Mar.17.2024

また、泥水を浴びながら、タリアと格闘するのかと思うと、勇気が要ったわけですが、ふと、IKEAで購入したステンレス製の弓型調理ばさみが使えるのでは…!と。お肉を切るのに、まな板を汚さないで切れるので、最近使い始めたものです。

Img_1525

PRESTERA プレステラ 調理ばさみ ステンレス製  by IKEA

このハサミをぐっと水鉢の中に入れ根鉢をザクザク。ショウガのような塊茎と呼ばれる太い塊が横たわっている所から新芽が上に伸びていきます。古い茎もそのまま、付いて黒ずんで水中にありましたので、元気な部分と分けました。

Img_1528 

これを稲にように、泥水の中の土にぎゅっと差し込むように植えました。

Img_1489

After

ごっそり取り除き、土もぐっと減ったので、他から残土を持ってきて、入れました。本当は、荒木田土がいいのですが。中に入っていたパーライトやバーミキュライトが灰汁のように浮いてきました。それらは、すくい、最後に注水。

メダカを入れていますが、前回に行った時には、しばらくして姿を現しました。たぶん、自主避難して隠れていると思いますし、水が濁っていて、姿は確認できませんでした。

一応、当初の計画として、ミニ・ビオ・トープとして置いたので、エサは、やらないでも植物プランクトンを食べてメダカは、生育させていました。が、メダカの世話をしたいという方もおり、メダカを飼っている、というスタイルに今は、なっています。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2024年3月18日 (月)

季節のGarden Work : ボックス・ウッドのトピアリー剪定

Img_13121_20240318165801

Buxus sempervirens   Boxwood   Mar.3.2024

Before

 育てて20年ぐらいは、経った西洋ツゲ。お店に売られていた時から、トピアリー仕立てになっていたもの。昔、近所に合ったDoItoさんの園芸コーナーで見かけ、何度も買うのをためらったことを思い出します。持ち帰る時は、自転車の後ろのかごにのせて子どものように持って帰りました。

名前を「ボーちゃん」とつけて、ベランダに置いていましたが、ちょっと我が家のベランダには大きいので、マンションの緑化のためのコンテナーとして、アクセント的に置くようになりました。昨年の大規模修繕工事の時は、このボーちゃんのみ、エントランス前に置いておきましたら、埃っぽい灰色一色だった工事期間の潤いなっていたように思います。  2006年の様子はこちら

Img_13131_20240318165801

冬を越えて、これから新芽が伸びて、球体が縦長に崩れてくるのは、必至なので、今回は、余裕を持って、3月上旬に剪定しておきました。

ツゲの葉は小さいけれどしつかりしていて意外に葉が半分切れているのは、目立つので枝先を4~5㎝、すき込む感じで切ります。刈りばさみで一気に刈り込むこともしましたが、枝数が倍になり、混み合って病害虫が入り込むこともありましたので、最近は、適度にスカスカさせて、全体は球形になっていくようにイメージしながら切っています。

上部は、萌芽して伸びあがってきますので、厚目に切っています。

この時は、土は替えませんでしたが、ここ数年、同じ土で、カナブンの幼虫が気になりますので、今度ひっくり返して一回り根鉢のまわりを削って、新しい用土を入れておきたいところです。

Img_13141_20240318171101

After

散髪したあとのよう。あ~すっきりしたぁ~!

続きを読む "季節のGarden Work : ボックス・ウッドのトピアリー剪定"

| | | コメント (0)

2024年3月11日 (月)

季節のGarden Work : コニファーの鉢増しと強剪定


Img_1310

Juniperus scopulorum 'Moon glow'


自宅マンションの外構部に2003年より緑化のために置いた鉢植えのコニファー。育て始めてあっという間だったような20年経過。昨年、2回目の大規模修繕工事の際、移動させましたが、今は元の場所に戻し、春に向けて新緑を茂らせて欲しいと願っているところです。2007年の記事はこちら

このコニファーは、コロラド・ビャクシン’ムーン・グロー’ という品種で、ブルーの葉色と最終樹高が3mという、コニファーにしては小型であったので、鉢植え栽培に向いているのではと思い、宇都宮にあったワンダー・ガーデン花工房 (現在は、廃業されたようです。とても詳しくコニファーの品種を紹介し、栽培されていました。)から送ってもらったものです。

今回は、樹高に対しての鉢のサイズがバランスが悪くなってきているので、一度、ポットから出して直径42㎝のDEROMA、リム・ポットに植え替えました。一回り土を足す感じでした。

Img_1309

それから、今まで壁面に向けて葉が茂っていない部分、この春より眠り芽を萌芽させていと思い、全体を強剪定。全部刈り込んでは、光合成出来ないので、枝のボリュームをぐっと2周りは、刈り込みました。透かしもしました。

樹芯も勢いのあるもの切り、上への生長を一時ストップさせようと試みています。

最後に今まで葉が茂っていなかった面を南向きにして、春からの生長に備えるようにしました。さあ、これからどうなるかな。

| | | コメント (0)

2023年11月27日 (月)

季節のGarden Work : ユッカの高取り木

Img_9808_20231127180901 

Yucca elephantipes       青年の木

マンションのロビーの置いてあるユッカ。時々,世話して25年になるのかな。高取り木という方法で、ヒョロヒョロと伸びている茎の中間部から発根させました。成功したことを11月中旬確認。今年7月17日に作業をはじめたものです。

Img_8317_20231127171601

2mぐらい。ずっと、ロビーで、時々、反転させ、傾いて伸びないようにしてきました。

Img_8316_20231127174401 

水苔を準備。ひとつかみを水に半日前ぐらいからつけておきます。

 Img_8320_20231127180201

発根させた位置で外皮をカッターで剥ぎ取りました。

 Img_8325

水苔をその部分に巻き付けます。

 Img_8328

ラップなどでぐるぐる巻きました。上は、水やり用に開けておきます。最初、密封させてしまって、のぞくと腐りかけていました。

もう一度、参考にした本を見ると、開けておくことがちゃんと開けておくことが書いてありました。発根には、空気も必要なのです。

以前、同じことをして失敗しているので今回は、「放置、気長に」と思って、放任しておきました。

11月に入り、さすがに気温も下がってきて今年もダメかな、と思ってラップを取ると、水苔にからむように根が出ているのを確認。

これから、茎を切り離して、植え直すのも気温が低いので、このままにしておこうかと思います。

植え替えは来春に。

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2022年6月 6日 (月)

季節のGarden Work : 花後の剪定

D7k_3418-1     

Rosa ’White Drothy’              Jun.5.2022

 遅咲きのバラ’ホワイト・ドロシー’もさすがにおしまい。花びらが反り返ってひらひらと散り始めました。梅雨に入ってきたので、昨日の朝、花後の剪定を行いました。

D7k_34171

BEFORE 

D7k_3424-1 

花が咲いた枝はすべて地際からカット。株元に茂っていたゲラニウムも半分ぐらい切り戻し。

D7k_3425-1

Buxsus sempervirens          Boxwood

春から葉が伸びた西洋ツゲの刈り込みもしておきました。密に茂らせると、虫の住処になってしまいます。枝を透かすように剪定。

全体は球形に。

D7k_3426

AFTER

中心のコニファーも枝を透かして、こざっぱりさせました。

バラは、今年の春先から伸びた枝のみ誘引。これから新しい枝が数本長く伸びてくることでしょう。

 

 

 

 

  

| | | コメント (0)

2022年2月13日 (日)

季節のGarden Work:鉢植えのバラの土替え 2022

Img_1982

                        Feb.6.2022

 寒い日が多い冬ですが、少しずつ春を感じるようになってきました。少し、昼間に暖かい日にベランダのバラの土替えを行いました。

Img_1987

生育旺盛なバラを鉢からバラを抜くと、元気な白い根が下の方に伸びていました。ジュビレ・アンぺリアルというバラ。

古土を落とし、根を1/3ぐらいハサミで切りました。古土をふるいにかけ、根を取り除き、大きな赤玉土や鉢底石を集め再利用。Img_1985_20220213173101

赤玉土中粒 一袋、古土(ヤシガラチップ入り)   6割

バーク堆肥 一袋、     3割

もみ殻燻炭         1割 

ゼオライト         0.5割

有機石灰          少々

ベランダにシートを引いて、上記のような配合で混ぜます。古土は、緑の箱に入れておき、休ませておいたものを使用します。

Img_1988

① 鉢底ネットを敷き、鉢底石を3㎝ぐらい入れ、用土と1/3ぐらい入れます。

② 顆粒の有機質の元肥を一握り入れ、用土とよく混ぜ、根を開くようにして、バラを鉢に入れました。

③ 接ぎ木部分が埋まらないようして、用土を根の周りに入れました。角材で苗を支えておくと用土を入れやすいです。こちらを参照

④ メデールを水に溶かし、潅水しておくと、植え替えのダメージを軽減してくれます。

⑤ 最後に枝の剪定を芽の上で斜めに行いました。

 

いつも、ちょっと冬場の負担ですが、これを行わないと鉢バラは、限られた土の中で生育しているので、生育不良になっていってしまい、いい花が咲きません。

2022年現在は、以下のバラをベランダで育てています。

Moonlight

La France

Jacqueline du Pre

Jubile Imperial

Honorine de Brabant

Coupe d'Hebe

 

 

| | | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

季節のGarden Work : ヘレボラスの株分け

D7k_2639 

 4年前の開花の様子                                       2016.2.23

Img_6768

Hellebores orientalis 

夏越しさせた鉢植えのへラボレス。元気のいい葉が茂っているので、これでよさそうですが、今の時期に根を整理して、土を替えてやるといい。育てて9年経過。

Img_6770  

それから、葉をばっさり切ってしまった方が、新芽に日が当たり、花つきがいいようです。

数年前に葉をバッサリした時は、花が多く、ここ2年は、古葉だけ取り除いて開花の状態を見たけれど、あまり花をつけませんでした。

ですから、今年は、バッサリにすることにしました。

Img_6773

葉を切った後、鉢から抜き、株分け。

Img_6775

2株ぐらいづつに分け、長い根は、整理。新芽が見えました。

Img_6798

この後、堆肥やもみ殻燻炭、元肥を古土に混ぜ込み、鉢に戻しました。

たくさん花がつきますように。

 

 

| | | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

暮らしの中のMy Work :裂布のキッチン・マット 1

D7k_7663-2

制作中のガーター編みのキッチン マットです。テレビを見ながら、編んでいます。

サイズは、今使っているキッチン・マットのサイズが50㎝×120㎝なので、そのぐらいを目指して。

材料は古シーツ。アメリカのLand's EndのSpima cotton。繊維が細くて、さわり心地がひんやりするものでした。けれど、2枚ほぼ同じ時期とうとう真ん中あたりが裂けてしまいました。

Img_2932-2_1

一枚は白色のまま、もう一枚をDYRONのMulti のOlive greenで染めることにしました。DYRON Multiの使い方

中身を80度に温めてた500㏄の熱湯で溶かします。

Img_2933-2

この液を鍋に6㍑沸かした湯の中に溶かし入れます。塩30gも入れます。

Img_2934-4 

濡らした布を鍋に入れ、20分間 、攪拌しながら染めていきます。

その後、20分つけ置き。

Img_2937-2

染め上がり。しっかり洗って、干します。

D7k_7664

こんな色になりました。これをカッターで切っていきます。今日はここまで。

 

| | | コメント (0)

2016年6月 4日 (土)

季節のGarden Work : トレリスの塗り替え

D7k_3311_2
                                         Jun.4.2016 

「植物の葉陰がきれいだな!」と思えた瞬間。最近、マンションのトレリスの塗装を塗り替えるために、苦心していました。本日、やっと出あえたこの色!                                                                                                                  
D7k_3242

最初に選んだのが、アメリカのオリンピック社の塗料。以前は、オイル ステインでしたが、数年前に、水性のペイントになりました。オイル ステインの時から、トレリスの塗装に使っており、色のバリエーションは豊富。今回は、扱いやすさが増し、水で使った道具を洗えばいい、乾燥時間が30分となりました。

写真は、以前に使っていた塗料で塗った木の箱と今回の色。

選んだ色は、色見本を眺めてやっと決めた'Sea Form'。不透明なタイプにしました。しっかり、半透明タイプは、下に塗っている茶色が浮きだすので、しっかり今回は、カバーできるタイプにしました。

D7k_3298

これが、Sea Formで塗った色。塗りながら、ちょっと浮いているな、と感じました。色見本は小さな色面であり、ネット上だとますます、分からないのが印象。
また、今回のような自然光の元、大きな面積を塗るとまた印象が変わってしまいました。

D7k_3219_2
それから植物との相性も。塗った色が、植物になじむような色とは?・・と悩みました。

D7k_3248_2

取り扱っている新宮商行さんに相談して、塗料を小分けして販売しているサンプル ポットを何色か再度、送ってもらいました。

D7k_3305_2

こんな風に、重ね塗りしてみて、一番しっくりくるものを探しました。

D7k_3335

そして、気に入ったのが、Colonial Blue

D7k_3333

ブルーグレーのような色。サンプル ポットで重ね塗り出来るところまで、塗ることに。

D7k_3340

D7k_3344

こんな感じになりました。2度塗りして、やっと出来た色。ラティスの格子部分を塗るのには、サンプルポットの残りでは、足りないので、また今度。葉が落ちた頃、塗っていくことになるかな。

| | | コメント (0)

2016年2月11日 (木)

季節のGarden Work : 鉢植えのバラの土替え

D7k_0851

先日、まだ土を替えていなかった鉢植えのバラ マダム フィガロの土替えを行いました。昨年の開花の様子はこちら

D7k_2135_2

今回の用土は、

赤玉土 中粒  6
馬糞堆肥     3
燻炭        1
ゼオライト   

これらをシートの上で混ぜて、再び土の袋に戻して事前に配合土を作っておきました。

P2070063_2

今回は、元肥を変えてみました。花ごころより出されているニームを配合した有機由来100%と書かれているものです。窒素、リン酸、カリが5:5:3の配合のもの。

それとバイオキャッチと書かれた粉末のもの。『根の張りをよくする。』と書かれています。原材料が読み取れませんが、ミネラル成分と書かれているので、珪酸塩白土ではないかと思われます。これは、サンプルとしていただいたので使ってみます。

P2070069_2

鉢から抜くと、白い根が張っていて、元気そうな苗の状態です。この根の周りの土を崩し、根も少し切りました。

P2070071_2

先のバイオキャッチを根のまわりにまぶしました。

P2070070_2

鉢穴にネットを敷き、鉢底石を入れ、配合土、元肥を混ぜたものを下部に入れておき、元肥が直接根に触れないように再び配合土のみを入れたものを敷いたところに苗を戻し、植えつけました。

P2070073_2

寒い時期ですが、本格的に活動を始める前に土を入れ替えておきたい作業。ベランダのバラは、今年は9種類。
鉢の移動が重くてつらいのですが、頑張って行いました。


| | | コメント (0)

より以前の記事一覧