2021年8月24日 (火)

暮らしの中のMy Work : ヘム・ステッチ仕上げのプレース・マット

D7k_0843-3 

麻のプレース・マットを2枚作りました。下ごしらえをして、チクチク、音楽やテレビをお供に仕上げました。

Img015

縁は、前回紹介したテーブル・クロスは、1.5㎝、3㎝の三つ折りでしたが、こちらは、3㎝、3㎝の完全三つ折りにして、ごろつきのないようにしました。

作り方は、ヘム・ステッチ仕上げのテーブル・クロスを参考に→こちら

Img033 

出来上がり寸法は、30㎝×42㎝。完全三つ折りの縫い代が入るので、42㎝×54㎝使用です。

D7k_0842-1

糸を4本抜いて、4本でヘムステッチにしたのが、右、5本抜いて、5本ヘム・ステッチしたのが左。

5本の方は、模様がはっきり見えます。

D7k_0849-2

右がお手本にしたマット。左が近所の手芸屋さんで買ってきた麻で作った私が作ったもの。

多少、色が違いますが。ヘムのサイズを揃え、お揃いのように作りました。

 

| | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

暮らしの中のMy Work : ヘム・ステッチ仕上げの麻のテーブル・クロス

D7k_0732

 昔から、「いつかは、作ってみたい。」と思っていたヘム・ステッチ仕上げの麻のテーブル・クロス。暑い夏、エアコンを効かせて、オリンピックや映画を見ながら取り組み、完成。

自分の家のテーブルのサイズに合わせて、四方に均等に布が垂れ、角は額縁仕上げ。

D7k_0741

横浜にあるインドの手工の雑貨店で見つけたランチョン・マット。フレンチ・リネンをヘム・ステッチで仕上げたもの。光沢のある糸が揃い、中厚地でざっくりした布の手触りが気に入って、2枚買いました。周囲はミシンのステッチでヘム・ステッチしたものなのですが、布端からのヘムの幅がちょうどいいバランスで「これをお手本に」と思って、2枚購入したもの。今回のテーブル・クロスはこれと揃いになる感じにしようと作り始めました。

布は、近所の手芸屋さんにも似たようなものがありましたが、幅が狭く、テーブル・クロスには出来ません。似たようなものを探していたら、IKEAのインテリア用の布 ’AINA’ が150㎝幅で値段も手頃なことをCHECK。実際は2mもあれば作れるのですが、ランチョン・マットもあと2枚作りたいので多めに3mぐらい購入してきました。

●作り方 (90㎝×135㎝の我が家のテーブルサイズ用ですが、もしも作る方がいれば、御自分のテーブルを測り、長さを出してください。)

D7k_0602

① 地直しについては、2007年の記事を参考に⇒こちら

表記150㎝の布でしたが、水につけ、地直しして幅を測ると142㎝になりました。

ですから、

142㎝(布幅)ー90㎝(テーブル短辺)=52㎝(縫い代分を含んだ短辺の垂れ両端分)となり、

D7k_0615

② 必要な長さは、135㎝(テーブル長辺)+52㎝=187㎝となり、布は縦方向の縮みが大きいので、今後も縮むことを考慮し、190㎝とし、印をつけ、横糸を引き抜き、 裁断。

Img014

③ 周囲の縫い代幅を1.5㎝、3㎝の三つ折りにすることにし、方眼の厚紙に実寸で表しました。左下が布の角に当たる部分です。黒の実線が出来上がりの線です。

はしごのような線が書かれている所の角部分を起点にヘム・ステッチします。厚紙に目打ちで穴を開けておきます。

D7k_0609

④ 布角に厚紙の角を重ね、ヘム・ステッチの基点の穴の位置を布に印つけ。そこを起点に横糸を一本切り、右方向の糸を少し引き抜きます。

D7k_0616

⑤  型紙を裏返し左の布角に合わせ、印をつけますが、最初に引っ張った糸とは違う場所に印がつくこともあるので、ゆっくり最初の糸を引きながら、つながっている糸を探し、終わりも切ります。決して、周囲の縫い代の糸まで引っ張らないように。様子をみながら、内側の糸4本を抜いていきました。

⑥ 残りの3辺にも④,⑤を行います。

D7k_0621

⑦ 縫い代の三つ折りを1.5㎝、3㎝の幅で布裏から見て谷折りになるようにアイロンで折り目をつけます。

D7k_0622

⑧ 額縁仕上げをするために1.5㎝谷折りしていた布角をヘム・ステッチの基点の角に折り上げ、斜めにアイロンで折り目をつけます。

D7k_0623

⑨ 写真のように布角を起点に斜めに山折りに重ね、⑧でつけた折り目を合わせます。

D7k_0625

⑩ 布の色に合う手縫い糸で半返し縫いで、折り目に沿って縫います。

 D7k_0626

⑪ 縫い代7㎜ぐらいつけて裁断。

D7k_0627

⑫ 縫い代を割って、アイロンでプレス。

D7k_0629 

⑬ ぐるっとひっくり返し額縁状に縫い代が合いました。

D7k_0745

⑭ 縫い代を整え、まち針で整え、しつけ糸でヘム・ステッチの根元にちょうど折り目が重なるようにとめておきます。

D7k_0717

⑮ (完成した表側から見た所)角の穴の糸を切った所を縫い始め、ブランケット・ステッチでかがってからヘム・ステッチに入ります。

D7k_0688

⑯ 縫い糸は、布と同色の手縫い用の絹糸を使いました。折り目を手前に見ながら、下から上に針を通し、

D7k_0685 

⑰ 縦糸を5本すくい、

D7k_0690

⑱ 縦糸が引き締められたことを確認し、⑯で針を出した所から右側に折り目の下から上に針を通し縫い代を留めていきます。

一辺の最後も最初と同じように色を切った部分は、ブラケット・ステッチでかがります。残りの辺も同じようにチクリチクリと縫い留めていきます。

D7k_0739

⑲ 完成。シャリとした感触と無漂白の麻の色が見た目にも涼しいものとなりました。ランション・マットも縁以外は布一枚なのでどうかな、と思っていましたが、下のテーブル・クロスが滑り止めになり、はりついたように安定して敷くことができるようになりました。

考えてみれば、お揃いでクロス類を使ったことがなく、こうやって使うことのメリットに気が付きました。

今、残りの布でランチョン・マット二枚を、制作中。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年7月26日 (月)

暮らしの中のMy Work : グリーン ストライプのクッション・カバー

D7k_0600-2

太めの先染グリーンのストライプのクッション・カバー。一つだけ作って2つめは未完成だったものを夏本番になってきたので、昨日、完成させました。前回の記事はこちら

花柄のクッションもあったのですが、すっきりとした印象の方が視覚的に涼しを感じるので、こんな感じで過ごそうと思っています。

D7k_0570

前にも紹介したパイピング仕立てのクッション・カバーを作り方は同じです。私も自分の記事を見ながら作りました。こちら

ファスナーをつける一辺の縫い代を1.5㎝にしたことで、ゆとりを持って、ファスナーと縫い代を縫い合わせられるようにしました。

クッションが長方形(40㎝×65㎝)なので、ファスナーは、YKKのファスナー50㎝のものをそのまま使えるので、楽ちんでした。

Captainの太芯のパイピング・テープは、前に作った時のものをはずして再利用。

●材料 IKEA インナー・クッション FADRALE 羽毛 40㎝×65㎝用

型紙(ハトロン紙やトレーシング・ペーパーなど透ける紙で作ると柄合わせが出来る。)

   今回は、42.5㎝×64㎝にしました。40㎝×63㎝出来上がり寸法

表布 先染めストライプ キャンバス地

裏布 無地 中厚地

ファスナー 50㎝

ミシン糸 #30 (中厚地用)

ミシン針 #16 (中厚地用)

D7k_0573

ファスナーをつける長辺にパイピング・テープをしつけした後、ミシンで縫います。縫い代をこの辺だけは、1.5㎝にしたので、5mmほど、縫い代の方が出ています。押さえは、ファスナー押さえを使用。

D7k_0575 

順番は、以前の手順を参考にしていただいて、縫い代が1.5㎝になっているので、こんな感じになります。

D7k_0577

右側のステッチでファスナーと縫い代を縫い合わせています。

D7k_0581_20210726184801

緑の方の縫い代は、切りっぱなしなので、縁かがり。

その後は、手順は同じ。

 

長方形のクッションは、枕にもしやすく、お昼寝にも使えます。

この夏は、このストライプで乗り切ろう!

 

 

 

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

暮らしの中のMy Work : グリーン・ストライプの長方形クッション

D7k_0327-1

 イケアの長方形のインナー・クッション FJADRAR  フィェドラール (40㎝×65㎝) にストライプの生地でカバーを作りました。生地は、先染めストライプの薄手のキャンバス地。パイピングを周囲に入れて、かちっとした印象に。

作り方は、以前紹介したのと、ほぼ同じ。こちら

サイズが長辺が65㎝なので、型紙を作り直し制作。

D7k_9949-1 

パイピング仕立てのファスナー付き。裏側は無地にしています。

D7k_9948

ソファは、3シーターなので、クッションがいっぱいあると、何かととっかりになり、便利。

置いてみて、クッションが多すぎるようだったら、片づけようと思っていましたが、腰のあたりにクッションがあると座りやすいので、いろいろ組み合わせて使っています。

 D7k_9956-2_20210619232001

横から見ると、ちらっと無地のグリーンが引き締め役。

布選びの時、室内用に無難な色を選びがちですが、こんな風にヴィヴィッド・カラーが入るのもいいなと思います。

夏に向けて、作っておきたかったもの。

本当は、もう一つ作る予定。

作らなきゃ!

    

 

| | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

Maintenance : 赤い革の手帳

Img_8149

Bindex   A5 

 文房具屋さんのセールで昔、購入したBindexのシステム手帳。最初は、カレンダーのレフィルを購入していましたが、現在は、Outlookの月間スケジュールをA4の紙に2カ月分ずつ印刷して、半分に切り、専用の穴あけパンチで穴を開けて、手帳に入れています。

ボールペンも一本差し込めるので、ずっと使っています。

スマホもスケジュール入れられるようですが、最近、老眼で、スマホの字が読みにくく、書き込む手帳の方が、やはり便利と思っています。

Img_8110

しかし、革がずい分擦れて、汚れや色落ちがひどく、人前で手帳を出すのは、ちょっとはずかしくなってきていました。

そこで、最近、革の補修材として黒、茶色と使ってきたSAPHIRのリノヴェーティング クリームのCherryで、色を補いました。

赤系は、何色かあるので、少し色見本を見ながら悩みましたが、これで、どんぴしゃでした。

Img_8113

最初にクリーナーを布につけ、革の汚れを取りました。

それから、補色クリームを指で塗りこみました。布だと毛羽が入ったりするので、指先がちょうどいい。

革の凹凸にもクリームが入り込み、つやも保てるので、都合がいい。

Img_8151

とても簡単にできましたが、なおす決断をするまでに時間がかかりました。

今は、ネットで細かい色も手に入れられるので、便利です。

 

 

| | コメント (0)

2021年2月10日 (水)

暮らしの中のMy Work : ワッフル編みのジュート ランナー

Img_8098-2_20210210141801

ジュート(黄麻)でキッチン ランナーを作りました。サイズは40㎝×100㎝。

ワッフル編みをしているので、クッション性があります。

Img_8013

● 材料・道具

 無印良品の麻糸(100m)を5巻使用

 かぎ針 8号

● 作り方  ゲージ)10㎝角) 12目×8段   出来上がり40㎝×100㎝ 

 ① 3目一模様で10㎝編むのに4模様入るので、3目×4模様×4+4目=52目

   鎖編みを52目

 ② その後の編み方は、こちらをどうぞ

 ③ 麻糸5巻を編んでいくとおよそ100㎝になります。

Img_8104

今は、寒いのでスリッパをはいていますが、素足で過ごす夏向けかな。

ジュートでマットを作ったのは初めてですが、水に強い繊維なので、汚れた時は手洗いでざぶざぶ洗おうと思っています。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

暮らしの中のMy Work : ワッフル編みのディッシュ クロス

Img_e7891-3

Waffle crochet dishcloth

   ワッフル編みのDish clothの写真を見てから、「編んでみたいな~」と思っていたもの、イギリスの方が紹介していて、日本の編み方の説明と違うので、すぐには解読できずにコピーだけ印刷して1年以上そのままでした。お休みの時、動画サイトなども参考にやっとわかった!

コットンの余り糸で編んでみたら、置物の下敷き、あるいは、コースターなどに使えそうなものが出来ました。

●用具・材料

糸  ここでは、並太(直径2㎜ぐらい)のコットン 生成り

かぎ針  8号

出来上がり 13㎝×13㎝

●編み方

① 鎖編み22目 (3目で一模様)×6模様+4    鎖編みは、ch=chain

Img_7857

② 編み終えたところから4目戻ったところから長編みを編み、この段の終わりまで、長編みは、dc=double crocet

Img_7858_20210201181401

③ 鎖編み2目を入れ、ひっくり返す。

Img_7862_20210201181401

④ 一目めは、前の段の上の鎖の部分をすくって長編みを普通に編む。

 つぎがポイントの編み方。前の段の長編みごと、がばっとすくい、長編みを一目編む。FPdc=Front post double crocet

 というらしい。次もこのFPdⅽ。この繰り返し。dc、FPdc、FPdc、dc、FPdc、FPdc、・・・と編んでいく。

Img_7861_20210201181401

⑤ 2段目の最後。2目鎖編みを入れて、ひっくり返す。

⑥ 前の段凹凸を見ながら、FPdc、dc、dc、FPdc、dc、dc、・・・と繰り返す。

Img_7864

⑦ 編み上がると縦のほうにも格子が見えてくるので、ちょうど良さそうなところで、おしまい。

 最後の段に細編みを編み入れ、角には、3目細編みを入れるようにして、ぐるりと一周縁を入れました。

⑧ 完成 引き抜いた糸を編み地に入れこんでおく。

 

クッション性のある編地です。この後、結構はまって、いろいろな糸で編んでみました。

現在は、この編み方でテレビを見ながら、大物ジュートラグを制作中。

 

いつかまた、紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

Ecological steps : Yuzu cream

D7k_9594-1

 昨年晩秋より、色々なお家で実ったゆずをいただき、使いきれずにいたけれど、おせち料理を作る時に、とても重宝しました。

種が多い果実で、いつもは、種を捨てていましたが、アルコールにつけておくと「ゆずローション」、ワセリンに混ぜると「ゆずクリーム」が作れることを知り、ゆずを使っては、せっせと種をビンの中に入れて焼酎につけておきました。

D7k_9590

種は、洗わないで、入れます。時々、瓶の上下をひっくり返して、一週間ぐらいしたら、液がとろっとしてきました。

こうなると使い始めていいそうです。なんでもペクチンの作用らしいです。

実は、前に種を洗っていれていた時は、今回のようにトロリとはならなかったので、今回はしめしめ。

D7k_9588-1

トロリとしたローションが出来たのですが、手に塗る時に流れやすいので、今回は、白色ワセリンに混ぜ込むことにしました。

分量などは、計っていなくて、瓶の底に1㎝ぐらいローションを入れ、白色ワセリンを瓶の八分目ぐらいまで入れました。

分離しているので、湯煎して、ワセリンを溶かしながら、小さな泡立て器で攪拌し、湯煎から外して、温度を下げながら、クリーム状になるまで、練って仕上げました。

種の入った瓶は、いつも台所に置いていて、時々、種が出るとまた漬け込んでいます。

 

ゆずクリームは、しわしわだらけのなってきた手をいたわるのに、水仕事のあとやお風呂上りに気楽に伸ばして、使うとわずかな清涼感と肌が明るくなる感じがします。

かかとや足のふくらはぎなどに塗っておくと、すっきり足が軽くなった感じ。

特に、皮膚が赤くなったり、湿疹が出たりはしていないので、私には、大丈夫なよう。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

Maintenance :黒檀のお箸の手入れ

Img_7924

Eboby chopsticks

 箸やバターナイフ、トレーなど、木製品の手入れをしました。黒檀のお箸は、もうそろそろ、30年もの。どれもこれも潤いがないので、クルミ油を使ってお手入れすることに。また、黒檀のお箸の先、娘がかんじゃったようで、かけてしまったもの。これをちょっとけずり直しました。

Img_7911

まずは、さらしにクルミを入れ、すりこ木でたたき、粉砕。これをくるんで、木地に油分を与えました。

Img_7926

使っているとまた白く油がぬけていってしまうでしょうが、まずは、しっとり油分を補えました。

  Img_e7932

それから、箸先のけずり直し。長さを刃物を使って切り、サンドペーパーで先の形を整えました。

Img_7935

もう片方の形状と合わせるため、ふくらみを削る部分には、チョークで目当てをつけ、形を整えました。

Img_7936

完成。これで、気持ちよく使えそう。堅木のお箸は、自分でメンテナンスも出来るメリットがあり、長持ちします。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

Craft for Children : クリスマス カード

Img_7532

Above : Christina Parrett  "Three Sheep and a Lamb"

1987 The museum of Modern Art, New York

クリスマス プレゼントを母や姉、息子に贈る時に、一筆と思いながら、「やっぱり、クリスマスだからカードをつけたいな。」と思い、急きょ、はがきやカードの入っている箱をゴソゴソ。

何もいいものはないし、早く送りたい!そこで、昨年もこの手を使ったのですが、昔、購入したMOMAのクリスマス カードを型紙に手持ちの紙を使って、ササッと作ってしまいました。

少し、厚手の手持ちの紙を2つ折りにして、顔と足の部分をトレース。あとは背中のラインは、自分で描きました。

Img_7530

紙の都合で、ちょっと身幅をスマートにして、

Img_7531

カッターマットの上でカッターの刃をなるべく紙に対して垂直に使いながら、カット。

曲線は、紙を少しずつ回しながら。

開くタイプのカードにも出来ますが、真ん中で切り離して、母と姉にメッセージを書いてプレゼントの上に添えました。

内緒ですが、息子には、IKEAで買い求めたひつじの毛皮の敷物がプレゼント。箱を開くと、このカードがあって、本物のひつじの毛皮がピョ~ンと箱から出てくるはず・・・。箱に押し込んだから。

オリジナルのChiristina Parerttさんのカードは、3匹のひつじと一匹の子ひつじの組み合わせ。開くと小ひつじが出てくるサプライズが仕組んである。

水彩紙の柔らかな触り心地と紙の白さを上手く利用したカードでクリスマスの頃に飾っていました。

モビールの作品が有名です。

今は、真ん中がちぎれてしまいましたが、捨てずに持っていました。

 

気に入ったものは、いつかはこんな風に役に立ってくれる。

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧