2015年12月21日 (月)

Children's Toy : クリスマス ツリー

D7k_2210_2

クリスマス ツリーを娘が出して飾ってくれました。時々、素敵な飾りを見つけては、集めてきたので、いろいろな飾りがあります。オンパレードでぶら下げてくれました。これは、3年前ぐらいに購入したデンマークのJette Frolichさんの鳥のオーナメント。

D7k_2211_2

これは、以前作り方を紹介した原毛で作ったボンボンやフェルトで作った雪だるま。作り方こちら

この材料をセットにして子どもたちに自分の雪だるまを作ってもらった。これは、娘が作ったもの。本人いわく、「これが一番かわいい!」

D7k_2291_2

このクリスマス ツリーは、息子が生まれて、購入したものなので、20年は、経ちました。
ニキ ティキさんが販売されているドイツのクリスマス ツリー。プラスチック製だけれど、枝の作りは、本物のように作られています。今回は、株元がプラスチックの台がついているのですが、それを隠すために植木鉢を使いました。
こうやって、置くと、本物のモミノキのように見えてきました。

D7k_2260_2

ちょうど良さそうなものが、空いていたので、入れてみると、ぴったり。この台を入れこんでしまいました。

D7k_2263_2

植木鉢の下に敷いている白い円形のキルティングは、おくるみを作った時の余り布。
直径60㎝ぐらいの円形に切って、バイアステープで縁をくるんでいます。ライトのコードを隠したり、今回のように直に床に植木鉢を置くときに下敷きになって便利。

| | コメント (0)

2015年4月16日 (木)

Childen's Toy : Steiff のぬいぐるみ Love ♡

D7k_0077

今年の年末年始は、家族そろって、久しぶりに札幌に行きました。このところ受験生続きで、移動は控えていたので。私の楽しみは、新千歳空港にあるシュタイフ ネイチャー ワールドに行くこと。帰りの飛行機に乗る前、余裕をもって空港に行き、みんなで観ました。風景の中にぬいぐるみが置かれ、お芝居のように衣装を着たり、動かしたりと、見つくせないほど、いっぱいいて、みんな可愛かった。

クマが有名ですが、ほかの動物も「どうして、こんなに可愛いの?」と心の中でつぶやくほど、ナチュラルなやさしさにあふれています。素材にこだわり、職人さんが手で仕上げていく中で、きっと「かわいくなあれ」と願いながら作っているからだと思います。ネイチャーワールドは、最後には、息子に「ママさん、もう、行くよ!」と手を引っぱられ、去ることに。危うく、「どのこを連れて帰ろうかな?」なんて、言い出すところでした。

写真は、我が家のわんこ。娘へのサンタさんからのプレゼント。とても柔らかくて、軽く、抱えると暖かい。ゴールデン レトリバーの赤ちゃん。実家の近所にいたゴールデンの赤ちゃんの頃にそっくり。今、カタログを見ると Washable と書いてあるけれど、洗ったことはないな・・・。今度、お風呂に入れてあげよう。

D7k_0122

娘は、「ワンちゃんがいたらいいな。」と今でも、つぶやいている子なのですが、今のマンションでは、飼えません。最近では、ワンちゃんが帰るお家を作ってくれる人と結婚しなさい、私は言っていますが。

ある時、「大きなワンちゃんが欲しいの。」とまた、無理なことを言っている時がありました。考えたあげく、さっきのワンコのママがシュタイフのカタログにあったことを思い出し、またサンタさんに贈ってもらうことにしました。

D7k_0088

ママのワンコは、大きくて、娘がママワンコをまくらのようにして寝ている時代もありました。お顔がスッとしていて、さっきのおちびちゃんが成長すると、こんなに美形になるのね、って思うぐらいおとなっぽい。よく見ると、トリミングしてあるし、犬の目のまわりの黒い部分なども再現してあり、よく動物を見て作っている、と思います。動きもその動物らしい。微妙な動きを再現するための型紙作りがすごいと思います。

D7k_0082

Classic 1909 Bear Gold & Brown          Steiff

我が家にシュタイフのぬいぐるみがやってきたのは、テディ ベアが最初。右のBrown bear。息子が産まれる時に男の子ということで、ドイツにいた従妹が送ってくれました。

そして、娘のGold bearは、自分たちでイギリスのTEDDY BEARS of Witney から送ってもらいました。

実は自分たちに子どもが授かる前に義理の弟夫婦に赤ちゃんが産まれた際、 クマのぬいぐるみを贈ろうと探してた時、一番可愛いと思って贈ったのがSteiffの1909年のレプリカのTeddy Bearでした。Bronzeだったような。

その時から、♡です。

| | コメント (0)

2015年4月15日 (水)

Craft for Children : Kalimba

Dsc_0085

久しぶりに出してみたカリンバ。子どもたちが小さい頃、アメリカの子ども向けの手作りクラフト キットで作りました。売られているものではなく、会社のサイエンス プログラムの中の一つとして、志のある社員によって作られたキットです。

Thumb piano (指ピアノ) とも呼ばれ、幅5mmほどの薄いスチールの板を指ではじいたり、マレットでたたいたりして音を鳴らします。び~ンといった振動音がします。

近所の方に声かけしてみんなで作る会を行いました。これは、娘が小さい頃、パパと組み立てたもの。白木仕上げで完成でもよかったのですが、ほとんどは、親が必死にねじを締めたり、作っていたので、急きょ、ポスカやマーカーを買ってきて、「お絵かきしてもいいですよ。」というと、子どもたちが楽しそうに好きな絵を描いて My Kalimba を完成させました。

大きくなった娘がドレミファ・・・と音をチューニングしようと、鉄の板の長さを変えるために、ドライバーを持って、調整していましたが、ちょっと合わない・・・。

でも不思議な音階が、だんだんどこか異国の音楽のような心地よい響きに感じられるようになり、「これも、アリだね。」と言って、ドレミ…と合わせるのをやめました。きっと、こんな風に音の響きを楽しんだのが、音楽のはじまりなのでしょう。

D7k_0117

キットの残りが家にあったので、写真に撮ると、こんな感じ。こんな素朴な工作キットを手作りするなんて、素敵ですよね。

| | コメント (0)

2015年4月 3日 (金)

暮らしの中のMy Work : Quilt for boy

Dsc_0020

ん~!いったい、何年かかったのか、自分も記憶も定かではないのですが、17年越しぐらいかな、やっとパッチワークのキルトが完成しました。男の子向けのパッチワークって少ないと思い、このような、車のデザインのステンシルを入れました。

一度、ブログに書いていたので、日付を見ると、2009年でした。その時の記事はこちらステンシルについては、こちら

あれから、少し改心しまして、昨年の秋からキルトステッチを行い、冬休みには、キルトの部分は、終了。

Dsc_2203

ステンシルの車のアウトラインにすべてステッチをかけました。

今日完成出来たきっかけは、パパが「このシャツ、もうダメ。」と前立てがほつれたうすい水色のシャツを数日前に出していたから。
・・・あれ、身頃は、きれいだから、もったいない・・・・。

数日後、「これで、バイアス テープを作って、キルトの縁をくるんでいけばいいかな。」とリフォーム アイディアが浮かんだ。そもそも、このパッチワークは、一つも新しい布がないものだから、ぴったり。

Dsc_9977

ということで、後ろ身頃をバイアスに裁ち、幅35mmの長いテープを5m分作り、

Dsc_9994

バイアス テープメーカーで幅18mmの両折りのバイアステープをアイロンで押さえながら、作りました。

裏打ちをもう一枚するために、古いシーツを使い、数か所、刺し子の糸でキルト、綿、裏布2枚を貫通させ、座布団のようにしっかり引き締めて結びました。

Dsc_9995

すべての縁を切りそろえ、バイアステープの片側を表側に縫い付けました。

Dsc_0003

裏は、ミシンだとステッチがテープから落ちて、脱線したようになるので、手縫いで仕上げるのが好きです。タテまつりで縫いとめました。

Dsc_0033_2

ひゃ~!やっと完成。軽いうす掛けが出来ました。綿は、本当の木綿の綿で、布は使い古したもの。コンセプトはよいのだけれど、工期が長すぎ!子どもは成人していた!だれかが、ウトウト、お昼寝していたら、お腹にこれをかけてあげましょう。


| | コメント (0)

2015年4月 2日 (木)

Children's Toy : おままごと

D7k_9904_2

娘のおままごとの道具。自分もおままごと、大好きだったので、形や手触りが気に入ったものを少しづつ集めました。
レモンは、もっとピカピカの塗料が塗られていたのですが、全部やすりではがして水彩絵の具で塗り直しています。

木のボウルは、Williams SonomaのCezer's Salada用のカエデのボウル。厚みのある材からくりぬいて作ってあります。前からもっていたものをおままごとにおろしたもの。

D7k_9883

娘も、もう大きいので、おもちゃは、箱に入れていますが、出すと、昔のようにフライパンにどんぐりを入れたものをカラころ、混ぜてくれました。フライパンは、アルミ製の本物で、どこかの雑貨屋さんで見つけたもの。五徳も本物。以前使っていたコンロを引っ越しで捨てる時、もったいないから残しておいたもの。

あれこれ、役に立ちました。この五徳があれば、「どこでもコンロ!」に出来るので、おままごとをいろいろな場所でやっていました。

D7k_9890

実は、箱の中にプラスチックのものもありましたが、木製だけを取っておこうと思っています。どうしても、いただいくこともあり、子どもは気にしないので、一緒に使っていました。

今のプラスチック製品は、経年変化でどう変化するのか、わからないけれど、自分のおもちゃは、母が取っておいてくれたリカちゃんハウスは、すごい匂いを放っていました。悲しい。

D7k_9910_2

こんな風に、ある程度、通気性が確保できる布製の収納箱を無印良品で見つけ、使っています。

D7k_9912

この箱は、便利。ベルクロ テープで、組み立て。ぺちゃんこにもなります。小技が効いているのは、ラベルを入れる場所がふたの中央にあるところ。アイボリー一色で、他にもおもちゃを入れているものがあるので、見分けがつかなくなります。そこに「おままごと」とラベルをつけてクローゼットに入れています。

| | コメント (0)

2015年4月 1日 (水)

暮らしの中のMy Work : Telephone

D7k_9873

子どもが小さい頃に、家にあるのこぎりとハンド ドリル、彫刻刀などで作った電話です。先日、おままごとセットの箱を開けて、出てきました。

電話は、形がいろいろ変ってきましたが、まっ、今見ても電話と分かるかな?

D7k_9877_2

本体は、ヒノキの角材。その一角を受話器を置くために削りました。耳を当てる部分や話をする部分を凸凹に彫っていますね。

ピッポッパのところは、チークの丸棒をはめ込んでいます。コードは、捨ててしまう電話のコードを使いました。

道具が危ないので子どもが寝ている時などに作っていたような。

我ながらいろいろ、工夫していることに、気づきました。

| | コメント (0)

2015年3月28日 (土)

Childen's Toy : KELLER社のくるま

D7k_9863_2

知り合いの方に赤ちゃんが産まれ、「お祝いに何か。」と思っていますが、ぐるぐる考えては、未定状態。ふと、「お洋服などは、いろいろいただいているだろうから、木のおもちゃにしようかな!」と思いつきました。

写真は、息子が赤ちゃんの時から、「ぶーぶー!」と腹ばいになって、遊んだ車。ドイツのケラー社のブナ材で作られたスポーツカー。今は、生産されていないそうですが、子どもが持ちやすく、押しやすいデザイン。

私は、男の子と女の子を育てましたが、見事に男の子は、動くもの、特に車にすぐに反応していました。今でも車大好きの20歳で、マニュアル車の教習で、運転免許を取りに行っています。彼の夢は、MAZDAのROAD STAR だそうです。「ぜひ、自分で稼ぐようになってから、購入しなさい。」と言いました。さすがに大人におもちゃは、買ってあげませんよね。夢は自分の手でつかむもの。

D7k_9862_2

大きくなっていくにつれて、このケラー社のクレーン車やトラクターも増えていきました。クレーン車は、実際、ハンドルをグルグル回すと、クレーンの先が下がって、ちょうど、公園でいっぱい拾ってきたドングリをガバッとつかんで運ぶことができました。

最初は、難しかったけれど、大きくなってから、上手くつかめるようになりました。

D7k_9869_2

男の子は、ミニカーや電車のおもちゃなど、その後も増えましたが、このケラー社の木のおもちゃは、大事にしていこうと思います。本当に頑丈に、ていねいに作られています。

赤ちゃんの贈り物には、KELLER社の一人のりのシンプルな角が丸くなっている車があるようなので、それにしようかな、と思っています。

| | コメント (0)

2014年2月 7日 (金)

Children's Toy : グロッケンシュピール

Dsc_7674

これは、ドイツで作られたグロッケンシュピール 鉄琴です。ちゃんとチューニングが合っていて、時々音をコピーしたい時など、今でも使っています。叩くときれいな響き。ドレミファソレシド・・・と白鍵のみの鉄琴は子供用によく見かけますが、黒鍵の部分も入っているのが、気に入りました。

Dsc_7691

土台に使われている木は、油が多い硬木が使われています。針葉樹だと思う。マレットは付属のものが折れてしまったので、自分で作りました。小さい子が持ちやすくて、危なくないように柄を太く、短くしました。柄の長いものの方が今は、叩きやすいと思いますが。

娘は、小さい頃、よくこれを叩いて遊んでいました。ちゃんと音を聴いて育ったようです。幼稚園に入って、驚いたのは、鼓笛のグロッケンをベルトで体に巻きつけてもらって、運動会の時に出てきたこと。「どうして、大きな鉄琴にしたの?」と聞くと、「音がきれいだからやりたいと思ったの。」と。かなりのはずかしがり屋なので、人前で楽器を演奏する姿に今まで何度もはらはら驚かされましたが、きれいな音を求めて、今も音楽に積極的に関わるようになっていきました。音楽を勉強していきたいようです。


| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

Children's Toy : MICKIの汽車セット

Dsc_6739_2

我が家には、今年成人を迎える息子がおりまして(今や、ぶしょうひげ)その子が言葉もあまりしゃべれない時から、BooBooと乗り物好きで、今はその方向で仕事をしたいと勉学に励んでおります。今でもミニカーなど乗り物のおもちゃを大事に残しています。中でも、私も気にってしまったのがSwedenのMICKI社の汽車セット。昨年他界した父が遊びに来て、「何か、おもちゃを買ってあげよう!」と言ってくれた時には、私がいそいそとパーツをお願いしてデパートに一緒に行って、ちゃかり、プレゼントしてもらったことも思い出です。

Dsc_6731
一番最初にサンタさんがもってきてくれた汽車セットは、赤い段ボールで作られた小さなトランクに線路と汽車が入ったもの。当時もかなりレトロなデザインだと思いましたが、そんなところが自分自身もタイムスリップして、子どもに戻ったような気持ちにさせてくれ、うきうきしました。

Dsc_6709

木の材質は、広葉樹のビーチ材(ブナ)で、木目がおだやかなベージュ色。ていねいに加工がしてあり、初めて見た時、作る人の優しい子どもへの思いが伝わるおもちゃだと思いました。

電気で動くおもちゃを渡す前に、磁石で連結させたり、自分で動かしレールを走らせたり、踏切を「カンカンカン!」と言いながら閉じたり、ごっこ遊びをしっかりしていました。

Dsc_6701

さすがに、これは彼のお宝になっているようで、たぶんおむこに行く時に持っていくのでしょう。「良く出来ている。」とお兄ちゃんになった息子も認めるおもちゃです。


| | コメント (0)

2012年4月10日 (火)

暮らしの中のMy Work : リボン刺繍のスモック

Dsc_4662

これもまた10年前のもの。夏用のスモックの飾りに一度やってみたかった「リボン刺繍」をしてみました。リボンは、MOKUBAのグラデーションされているリボン。

Dsc_4661

肩ヨークまわりにぽつりぽつりとリボン刺繍。バリオン ステッチより早くぷっくりしたバラが出来て楽しかった。
名前は、抜きキャンバスを使って、クロス ステッチ。

サテン ステッチでグラデーションしているDMC社の水色の刺繍糸でリボンを図案化して刺しました。

Dsc_4659

前身頃は、こんな感じ。左側のポケットは、Familiaのくまちゃんのワッペンを使いましたが、右側はオリジナル

Dsc_4672

風船を持ったくまさん。自分の小さい頃を思い出す絵にしました。体型もそうだけれど、風船を持っていると幸せだった。

足元のお花もリボン刺繍。野原のようにしました。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧