2024年7月 6日 (土)

Visiting a garden : 北海道大学植物園

Img_2968

Botanic Garden, Hokkaido University          Jun.28.2024

 6月の末、結婚式があったので札幌に行きました。札幌に行くのは、いつも年末年始の頃で雪の中。今回は、大通り公園のバラ園を見て、北大植物園へ行きした。閉園までの時間が40分間でしたので、受付にあった『見ごろ情報』を頼りに回りました。

灌木園の場所には、花が咲いているものが多いようなので、巨木に囲まれた誰もいない散策路を地図を頼りにざくざく歩いていきました。

園芸品種では、名前を知っているなと思ってもここにあるのは、原種のものが多く、森の中でひっそり咲いているのをひとり占め状態で鑑賞できました。

Img_2985

Hydrangea serrata var. yesoenisis

特に、印象に残ったのは、エゾアジサイです。鎌倉の明月院のアジサイを初めて見た時、品種を調べていたら、ホンアジサイ(ガクアジサイ)とエゾアジサイの交雑から生まれたということを知りました。そこから、「エゾアジサイ」は、開花しているのをなかなか見れないだろうな、と思っていたアジサイなので、今回、見ることが出来て、とてもうれしかったのです。とても美しい水色をして、楚々と咲く姿が気高く心に残りました。明月院に行った時のブログはこちら

今年の2月、サッポロっ子としては、珍しく2月5日の関東で雪が降った時に脚を滑らせ、足首を骨折してしまった主人は、あまり散策できずに建物付近にいたので、この写真を見せると「そこらで咲いているアジサイとどこが、違うの?」と聞いてきました。

「う~ん、葉っぱに艶がなかったよ。きれいなブルーなんだよ。」と言うと、「もっと、牧野富太郎みたいに言ってよ。」と朝ドラをしっかり録画してみていて、セリフもちゃんと聞いていたのか、難しいことを言ってきました。

植物好きな私としては未消化な感じがずっとしていて家に帰ってからも、写真を見て「葉っぱの先が尖っていたなー」とか、「葉っぱはセイヨウアジサイよりも薄かったよ。ダーク・グリーン!」と追加コメントを言ったりしていました。

そして、少し盛りを過ぎた職場で咲いていたセイヨウガクアジサイを見つけ、じっとエゾアジサイと比較するように見ると、装飾花と呼ばれるガクの部分の形がエゾアジサイは、「尖っている」ことがわかりました。厚みも薄い、ダブル装飾花ではなく、シングル、花序の大きさは直径12~13㎝ぐらいかな、とか。

エゾアジサイは、葉も装飾花も先が尖っている(余談ですが、園で見かけたエゾリスの耳も尖っている)ので、なんだか、野生の気品を感じさせる植物のように見える、と私なりに「植物の色、形の違いによる美を感じさせる要素」なるものを整理しました。これは、主人には、もう説明していませんが。

とにかく、この出会いは、貴重なものでした。

Img_2977

Ribes sativum

近くに実をつけていたアカスグリ。思わず、誰もいないので、指でつまみたくなる程、つやがあり赤くなった実をつけていました。

祖母は、札幌の女学校に行ったので、高齢でベッドで寝ていた頃、側にいると「札幌で食べたクロスグリのジャムが美味しかったのよね。」という話をしてくれました。子どもの頃、そんなものを食べたことがなかったので、札幌ってなんてハイカラな所なんだろうと想像を膨らませていたことを思い出しました。

Img_3074

Ulmus davidiana var.japonica

また、ハルニレの森では、「自生していたハルニレの樹々を残した。」という説明を見て、祖父もこの場所に立ってこのハルニレを見たかも、と思い、調べてみました。樹齢150~200年ぐらいということで、明治時代に札幌農学校の林学科で学んだ祖父は、この植物園で学んだことは間違いないと思いました。卒寿を過ぎた自称 ”元祖 山ガール” の母にこのハルニレの森の動画を送りました。

Img_3009

Sahalin Husky ”Taro”      

そして縁のあるもの最後にもう一つ、南極観測に連れて行かれたタロウの剥製が展示されていました。東京国立科学博物館で南極展が開かれた時、タロウもジロウも並べられて展示され、父、夫、息子と見たのですが、それ以来、タロウは、久しぶりの対面でした。

南極から戻ってきてから、ここで飼育され、余生を過ごし天に召されたそうです。タロウは、私の父が南極で実際、「エサをやったよ。」と話していた犬で、南極で生き抜いたそのたくましい話は、聞いたり、報道されたり、映画化もされたた犬でした。

父が世話をしたというタロウは、アパート住まいで犬が飼えなかった私にとって唯一、身近なワンちゃんとしてとらえていた犬でした。

父は、その後、私がアルバイト先の部長さんから譲り受けた犬を飼うようになってからも「犬は犬。人間のように甘やかしてはいけない。」と言って、接していました。今のようにワンちゃんを子どものように飼う姿には、相容れないものがありました。

そんなこんなの北大植物園。ここを歩きながら、「進路選択を誤った。北大農学部に進学したかった。」と来年還暦を迎える私は、正直に思いました。

札幌生まれの主人と結婚することになって、初めて北海道の地を踏み、帰省の際に訪れる場所となった私ですが、それだけではない祖父、祖母の時代からの縁をこの土地は持っていることを改めて感じさせてくれた北大植物園でありました。

 

| | | コメント (0)

2024年6月 6日 (木)

Veranda Garden : キャンドル・ランタンのホヤ

Img_2523
   今はなくなってしまったガーデニング・ショップのMariposaの相模大野店。よく電車に乗って行ったものです。とにかく、お洒落でその頃(90年代)、紹介され始めたイングリッシュ・ローズは、豊富に置いてあったし、学名のついた西洋の宿根草の品ぞろえもすごかった。お庭はないけれど、この植物を植えたら、どんな花が咲くのかな、と想像しながら子どもたちが幼稚園や学校に行っている間にしばしの逃避行をしていたものでした。また、イギリスを中心とした園芸用品も。それまで、本物を見たことがなかったピーター・ラビットがマクレガーさんに追いかけられて、ぽしゃんと飛び込んだブリキのジョーロや、冬場の苗にかぶせるガラス製クロシェ、ガーデン・フォーク等。西洋の園芸道具の歴史も感じながら、見させてもらい、時々のセールでお目当てのものに赤札がついていると、喜んで購入したものです。写真はその頃に、買ったアイアン製のキャンドル・ランタン。土に棒をぐさっとさして、夜のお庭の明かりにするもの。キャンドルにかぶせる円筒形の硝子のホヤがついていましたが、割れてしまいました。ぴったりのガラス管があれば、切って、かぶせればいいのですが、そう簡単には身近にはなく、鉄の部分だけバラのオベリスクの脇に立てて、温度計をつるしていました。

Img_2840 

しかし、3月に大規模修繕工事も終わり、色々自分でも片づけていくうちにランタンもホヤをかぶせて使いたくなり、ネットで探した福井の硝子加工を受けているOOKABE GLASSにお願いして、サイズを伝え、制作してもらいました。ガラスの質は、CTE33という耐熱性が高く、理科学実験などに使われているもので以前のものよりもグレード・アップ。ホーム・ページはこちら

Img_2838

久し振りにホヤ をかけると葉影から明かりが見え、ロマンチック。ろうそくⅠ本でもある程度の明るさが確保できます。ろうそくは、直径2㎝の普通のものでいいのです。

Img_2836

オベリスクに咲くバラ’ムーン・ライト’の今年の開花には間に合わなかったけれど、スリムに収まる光源が復活。宝の持ち腐れにしなくてよかった。ガラスは壊れるものなので、台風の時などは、外しておきますが、普段はこのままホヤをつけておきます。

写真には、他にテーブルの上には、IKEAで買ったハリケーン・ランタンの中に太軸のろうそく。その他、アルミカップに入ったティー・ライトにガラス管を切ったホヤをかぶせたものも置いてあります。LEDのランプも便利ですが、ゆらゆらと揺れるキャンドルのライトは、見ていてリラックスできるものです。

| | | コメント (0)

2024年6月 5日 (水)

The Roses : クウィーン・オブ・スウェーデン 2024

Img_2648

Rosa ’Austiger’ Queen of Sweden HM, D.Austin, BR, 2004

                                                                  May.17.2024

 このバラも園芸ボランティアの活動の際、2007年に購入してもらったもの。その時の記事はこちら

数年前の花壇整備の際、移設され、しばらくは、ひょろひょろとして、樹勢も弱くなったのですが、寒肥、冬剪定は必ず、行い、春からの生長に備えさせてきました。今年は、枝数も増え、以前よりも日射が少ない場所ですが、新しい場所に体を合わせる感じで、ひっそり咲くようになりました。日射量が多い以前の場所での2017年の開花の様子はこちら

Img_2646

この日はフェンス越しですが、移設以来、ここ数年の間で一番咲いていました。

とても品のある咲き方で、枝が真っ直ぐに伸び、花も上向きに開くので、切り花にも向いています。濃緑色の葉とペール・カラーの美しい花びらがふわっと広がるイングリッシュ・ローズ独特の風情を楽しめるバラだと思います。

 

| | | コメント (0)

2024年6月 3日 (月)

The Roses : ポンポネッラ 2024

Img_2861

Rosa 'KORpompan' Pomponella FB, Kordes, Gr, 2005

                                                            Jun.2.2024

 このバラは、子どもが小学生の時に園芸ボランティアを立ち上げて、花壇の計画を立て植物を集めていた頃、その年の新苗の売れ残りでセールになっていたものを購入したバラ。ラベルのコロンとした赤味の強いピンクの花の写真が可愛く、姿も植え場所に生えそうであったもので大きくなる姿なども調べた挙句、再度お店に行って、買ったという電車代の方がかかったエピソードのバラ。今も続く活動には、参加できませんが、バラの手入れだけは、休みの日にずっと行ってきました。

数年前に自治体の補助により行われた花壇整備では、計画内容を知らなかったため、工事現場に置き去りにされていたので、最後に重機につぶされるのかな、と心配していましたが、最後の最後、何人の人に運んでもらったのでしょうか、植え替えてもらっていました。その他のバラ’Hamamirai’, ’Queen of Sweden’等も移設。

そして、それぞれ新しい植え場所で根を張るのに時間がかかりましたが、数年前から開花した姿がまた見られるようになりました。

いつも’ポンポネッラ’で気にしているのは、春先に花芽が美味しいみたいで、虫に食われて蕾がしおれて枯れてしまうことです。ひどいときには、すべて蕾がだめになったことも。ドイツの2006年のADR受賞 (ドイツにおける新品種のバラの生育テスト ドイツ11か所で3年間 無農薬で栽培)なのですが、この場所では、ムシムシ君に好かれてしまいます。

Img_1484

今年も3月の蕾が上がる前に「そうだ、そうだ!」と剪定ばさみを持って休みの日に出かけて、枝をかなり透かし気味にして風通しよく剪定しておきました。

薬はかけていなくても風通しをよくすると虫たちも滞在時間が短く居心地が悪くなるのか、被害は少なくてすんだよう。

Img_2860

本当は、先週のお休みの日に行くと満開のベスト・シーズンだったと思いますが、行けなかったので昨日、行ってみるとピークを過ぎていましたが、今年もかわいい濃いピンクのコロコロとした花を株いっぱいに咲かせていたことを確認できました。

樹形は、高さ1.7mくらいになっていますが、これが最終樹形高さだと思います。以前は、冬に誘引して枝を倒したりしましたが、この場所では、それもしなくていいので、今回のような枝透かしを冬にしていくといいのでしょう。

育てて15年目のバラとなります。

普段は、ベランダで鉢植え栽培のバラ育てをしているので、太陽の光をいっぱい浴びて、大きく育ってきた地植えのバラのエネルギーには、圧倒され、大らかな気分になります。

 

| | | コメント (0)

The Roses : ジュビレ・アンぺリアル 2024

 

Img_23751

Rosa Jubile Imperial 'Eveparo'     HM    Eve par J.Rateau  FR   2012

  育てて8年目のバラAndre Eveのジュビレ・アンぺリアル。少しサーモンがかったピンクで、オールド・ローズの花形をしたフレンチ・ハイブリッド・モダン。香りは、強く、トップ・ノートは、さわやかなライチのようなフルーツ香。そして最後に深く香るのは、バラ特有のダマスク香。花びらの数は、数えきれないほど、大きな花弁から内側の小さな花弁まで、ぎっしり。葉色は,濃緑の少し照葉の広葉。毎年、必ず咲いてくれる安心して栽培できるバラです。2022年の記事はこちら

なぜ、このバラにしたのかと自分のブログを辿ってみるとほぼ忘れていた記憶がよみがえってきました。2016年の春、持っていたバラの多くを鉢内の排水不足が原因で枯らす、というアクシデントがありました。ずっと育ててきたバラをバタバタと枯らしてしまったのです。何が起きていたか、事後に整理すると、ニーム核入り元肥という資材を2015年にGAの講習会でサンプルで頂き、使用。2016年の冬の土替えを受験生を抱えていたので、しないで春を迎えたところ、鉢内にこのニーム核入り資材の塊が出来ており、その部分が硬く、根が張れない状態になっていたことが、分かりました。

こういった時は、製品であれば、メーカーにクレームを言いたいところですが、植物の場合は、一概にそれが原因だと断定しきれないところも含んでいます。ですから、難しく、何も行動は起こせませんでした。こういうのは、医療事故と似ているような気がします。

言いだせば、あのバラもこのバラも。それでしばらく、バラLOST 状態になり、その頃、代わりに新しくバラをという気分でもなくなっていました。

Img_2518

その翌年2017年、西部ドーム(現在の名前は違いますが)での国際バラとガーデニング・ショウでその前年より日本で販売を始めたAndre Eveのブースでこのバラが元気に咲いているのを見かけ、「また、育ててみようかな。」という気持ちにさせてくれたのがこのバラ。今思うと、おばさんが可愛いピンクの口紅をつけて、若ぶっているような感じにも思えますが、このバラの春の一番花を見ると、「ああ、バラの季節が来た!」とその始まりを喜ぶバラになってくれています。

そしてそれまではいつもは、節約で新苗ばかり買っていましたが、この時は、ドーンと安全な大苗で電車で持って帰ったのでした。2017年の記事はこちら

D7k_9357

それから、子どもたちが高校、大学に進学するにつれて、バラな気分にもひたっていられない程、ここ数年は、目先の仕事に追われていました。しかし、このバラに元気をもらって、なんとか、頑張った時間であったとも言えます。

今、子どもたちも自立してくれて、貢ところも無くなったので、少し、お休みも増やして、本当に楽しいことをしていいのかな、という気分になってきました。人生の大仕事の山は越えた感です。おまけに昨年はGranmaに昇格させてもらえました。

それと同時に「残された時間は、今まで生きてきた時間よりも短い。」ということも自覚しながら。

今を生きる。Bon vivant!

 

 

 

| | | コメント (0)

The Roses : マハネ 2024

Img_2394

 Rosa ’Mahane’ HM       Delbard 2023     May.5.2024

  ゴールデン・ウィークに横浜のみなとみらいの国際展示場で行われたフラワー・ショウに出かけました。横浜では、2027年に国際園芸博覧会が行われるので、このような企画や庭園の整備が行われてきています。この日は、会場内でいろいろな催しがあったのですが、私が特に印象に残ったのは、やはりバラ関係。バラの新品種の紹介展示やフランスのバラの審査会で活躍されている柳楽桜子さんのお話、バラの専門誌『New Roses』の編集長の玉置一裕さんと柳楽さんのガイド・トークもあり、なかなかお勉強になった一日となりました。

 ヨーロッパでの新品種の審査のポイントとして色、形、香りの優れたものという点に加えて、バラが年間を通じていかに健康的に薬剤の散布なしに生育していくのか、どんな花弁の散り方をするのか等が審査の対象になっているそうです。花の散り方まで、見ていることを初めて知りました。また、日本では、虫が寄ってくるのを嫌がる傾向がありますが、蜂が寄ってくるのも薬をかけていないバラであることの証であり、好ましいということも。

そして、大前提として、同じ品種でも栽培地の環境 (気候、土壌など)によって、生長に差が出るというお話もありました。

そんな中で、会場のバラの中で、ひと際輝いて「きれいだな!」、と思わず写真を撮っていた会場の中でシンボリックに咲いていてバラがデルバールの新品種 ’マハネ’ であるとお二人のお話から知りました。柔らかなアイボリーのカップ咲きで、オベリスクに仕立てられ、枝いっぱいに花を咲かせていました。また、近寄ると香りもかなり強く香り、さわやかさが漂う後からダマスク香が残る感じでした。

Img_27491

そして、このバラは、デルバールの ’ナエマ’ から日本で枝代わりで発生した白花品種なんだそうです。

玉置さんのお話にもありましたが、交配の片方は、ER。追記:松本路子さんのホーム・ページには、Heritage(ER)×Grand Siecle(HT)と書かれてありました。

実は数年前、ナエマは、新苗を何度か購入したのですが、酷暑や新しくサンプルでもらったニーム核入り肥料による鉢内の排水不調で枯らしてしまったのでした。もう失恋の記憶しかないようなナエマとは違う妹のマハネ(アラビアンナイトのお話に出てくる双子の名前)の新苗を一鉢、購入してしまいました。

D7k_9414  

現在、3週間目。ついていた蕾を咲かせて家で香りを楽しみながら、花形を楽しんでいます。販売ブースの方とお話しましたが、冬の剪定の時に強剪定をして低めに育てるようにしていくと鉢栽培でもいいのかなと思っています。

ま、私のベランダでは、そこに至るまでの鉢栽培での新苗は夏越しができるかどうかが、第一関門です。

| | | コメント (0)

2024年5月30日 (木)

The Roses : ホワイト・ドロシー 2024

D7k_9399

Rosa ’White Dorothy’ Wichurana rambler  Cant, Britain, 1908

ランブラー・ローズのホワイト・ドロシーは、2006年にお友達からもらったものでした。このバラも今に至るまで、猛暑、水切れ、いろいろありましたが、枯れずに今に至り18年間育てていることになります。2022年の開花の様子はこちら

毎年、花が終わった後、枝をばっさり株元から切るのですが、その前後には翌年の枝が元気に伸びてきます。冬までに5mくらいある支えなければ地面に這って伸びていく枝を延ばして行きます。それを春先花を咲かせたいに誘引して萌芽を待つような感じで育ててきまし

Img_1529

                       March.22.2024

   今年は、昨年までの使っていたトレリスを老朽化のため廃棄したので、冬場にどこかいい場所はないかと大きな鉢に入っているこのバラの位置をあれこれ悩んでいました。こうなるだろうとイメージしながら最終的には、目隠しにもなるフェンスに誘引。

Img_27701

                        May.25.2024

どうにか現在雪玉のような花をしぜんに ポンポン咲かせて風に揺れる景色となりました。

開ききる前の時、中心がわずかにピンクがかる所が、かわいい。咲き進むと、花びら反り返り、球形の花が房咲きになっていきます。

 

| | | コメント (0)

2024年5月20日 (月)

The Roses : アカデミー・ドルレアン 2024

D7k_9321

Rosa ’Académie d'Orleans'  HM  J.Rateau. France, 2014


 昨年夏、マンションの共用部で育てていたバラ ’アカデミー・ドルレアン’ の支えとして使っていたトレリスを老朽化のため、解体しました。このバラは、2016年に国際バラとガーデニング・ショウにて新苗で購入したもの。

それから、大規模修繕工事が始まったので、場所を移動して、なんとか越冬。幾人かの方に意見をいただき、戸境フェンスとの遮蔽効果も生まれる場所に地植えしました。土の状態は、元は低木のクルメツツジが一面に植えてあったコンクリート・ブロックで囲んだ花壇場所ですが、乾燥しやすく枯れこんでしまった場所で後から自然に生えたオリヅルランが繁茂しているような場所。いざとなれば、ホース潅水も可能な場所なので、以前のコンテナーで育てていた時よりは、水やりは楽になりそうです。

3月ギリギリ、大きな穴をなるべく深く掘り、バーク堆肥や赤玉土、くん炭を混ぜ込み、苗を植えました。

どんな景色になるか楽しみでした。

D7k_9229_20240520222401

毎年5月、園芸の大先輩から頂いたジャーマン・アイリスが咲くのですが、その紫とちょうど、補色の関係になる黄色のバラが時期を同じくして奥で咲き始めした。ちょっとイメージはあったけれど、見たことはないものを見れたという感動。バラはアイリスよりも花期が長く、今も咲いています。

D7k_9310  

近寄って見るといういよりは、全体の茂り、さわやかなレモン色を5月の景色の中楽しむ、といった感じで見れます。

前のコンテナーに入っていた時より、自由に開花し、風に揺れ花びらを土の上に散らせています。

これでよかったのだと思っています。

| | | コメント (0)

The Roses : ムーン・ライト 2024

D7k_9168  

Rosa ’Moonlight’ Hybrid Musk Pemberton, Britain, 1913

 2021年の晩秋、一代目のバラ ’ムーン・ライト’は、枯れてしまいました。数年前から株元から新しい枝が出るのが少なくなっていき、樹勢がなくなり、最後は、カイガラムシがつくようになり、枯れていきました。我が家のベランダ・ガーデン史の中でも「旅行から帰ったら、自動潅水器の水が出ていなかった事件」でもこのバラは、残ってきたのでした。

1997年に新苗で村田バラ園さんで購入してから24年間育てました。それから、代わりのバラも考えたのですが、娘が「あのバラが好きなんだよね。」と赤ちゃんの時から、見慣れてきているムーンライトを再び植えてほしいと言ったので、2022年、新苗をバラの家さんから購入して2代目として、育てていました。

昨年は、大規模修繕工事があり、このバラをベランダから下に運びました。さすがに主人と二人がかりでベランダから室内へ運び、床の上に古いバスマットをひっくり返して置き、その上に鉢を置いて、マットを引っ張っていくとすーと運べました。後は、台車で。

大型の鉢は、屋外に置けたので、昨年の秋は、しっかり光合成させてもらって、枝葉を茂らせ、年末にベランダに戻しました。

2月に行った作業については、こちら

今年は、枝が長く伸びているものが多く、久しぶりにオベリスクの上部にも誘引できましたので、花も上の方で見られそうだと期待していました。

D7k_9202

そして、ポツリポツリで開き始め、1週間近く満開の状態を楽しめました。その間、赤ちゃんを連れた息子夫婦も帰省しましたので、バラの咲いているベランダを新しい家族とともに眺め、楽しむことが出来ました。

D7k_9305

ここに住んで最初から、同じ絵を描いて、今もそのイメージを追い求めています。人生、長いようで短く、やれることは同じことの繰り返し。でも、こうやって、新しい家族も加わってくれることに喜びをかみしめている今日この頃です。

 

 

| | | コメント (0)

The roses : ジャクリーヌ・デュ・プレ 2024

D7k_9128

                         Apr.24.2024

Rosa ’Jacqueline du Pre’ Shrub Rose Harkness, UK 1989

 もう少しで桜の開花の知らせが聞こえてくる頃の今年3月、仕事帰りに寄れる園芸店で「やっぱり、買おう!」と思って、持ち帰ったバラ ‘ジャクリーヌ・デュ・プレ‘。きれいな咲き方で、ベランダで4月下旬、一番早く咲き出しました。

昨年の9月から始まった大規模修繕工事中、ベランダには何も置けず植物はロビーで太陽光の波長に近付けたLEDランプを組みあわせた照明を当てて育てていましたが、最終的には、光合成不足であったのでしょう、枯れてしまいました。このバラが咲き始めるとムスク香が漂うのですが、この春それが感じれないのは、やっぱり残念。それで、春先ギリギリに家に持ち帰ったのでした。

D7k_9141_20240520223901

これで、3鉢めのジャクリーヌ・デュ・プレ。いつも新苗で購入していましたが、横に伸びる枝も多く、どう管理していくか、難しく感じていました。今回、岐阜で栽培され、プロの剪定を受けてた大苗でしたので、よくよく見ると、株元から上に伸びる枝をたくさん発生させてあったり、強すぎる枝を他の枝に合わせて高さを制限している剪定を施したりしていることに気付きました。

おかげで扇型を広げたようにバランス良く、つぼみがつき、開花しました。繰り返し、現在、2回目の開花をぽつりぽつりしています。花びらがたくさんあるバラもいいのですが、野に咲くバラのようにさらりと開花するこのバラの姿は、自然体。

Img_9741

Rosa ’Maigold’ Shrub Rose  Kordes, Germany, 1953

このバラの片方の親 Rosa ‘Maigold' の開花を横浜の港の見える丘公園のバラ園で見たことがありますが、花形と雄しべの花糸が紅いのも一緒ですが、色が山吹色という元気はつらつなイメージでした。アンニュイなこのバラの親は、誰かさんのような天真爛漫な親でした。

私がバラの辞書として使っている ”THE ROYAL HORTICULTURAL SOCIETY  encyclopedia of ROSES" 2003 Dorling Kindersley

には、Harkness氏は、『作出したバラの中でベストなものの一つだ。』としていると書かれています。

2021にこのバラのことを書いたブログはこちら

 

 

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧