2024年3月22日 (金)

季節のGarden Work : 水鉢のタリアの株分け

D7k_4679

Thalia dealbata             Aug.3.2022

 植えて昨年で20年経過のミズカンナ。原産地はアメリカ南部からメキシコ。昨年の「観測史上最も暑い夏」の中では、明るい葉色で、すくっと生える姿は、清涼感があったのですが、蒸発、蒸散による水切れで毎日水を入れなくてはならず、大変でした。

今年こそは、と思い、泥水に手を入れ、塊茎にハサミを入れ株分け。以前は、家から果物ナイフを持ってきて、切ったのですが、土と根を引っ張り上げるのに大変。腰が痛くなりました。

Img_1486

 Before                   Mar.17.2024

また、泥水を浴びながら、タリアと格闘するのかと思うと、勇気が要ったわけですが、ふと、IKEAで購入したステンレス製の弓型調理ばさみが使えるのでは…!と。お肉を切るのに、まな板を汚さないで切れるので、最近使い始めたものです。

Img_1525

PRESTERA プレステラ 調理ばさみ ステンレス製  by IKEA

このハサミをぐっと水鉢の中に入れ根鉢をザクザク。ショウガのような塊茎と呼ばれる太い塊が横たわっている所から新芽が上に伸びていきます。古い茎もそのまま、付いて黒ずんで水中にありましたので、元気な部分と分けました。

Img_1528 

これを稲にように、泥水の中の土にぎゅっと差し込むように植えました。

Img_1489

After

ごっそり取り除き、土もぐっと減ったので、他から残土を持ってきて、入れました。本当は、荒木田土がいいのですが。中に入っていたパーライトやバーミキュライトが灰汁のように浮いてきました。それらは、すくい、最後に注水。

メダカを入れていますが、前回に行った時には、しばらくして姿を現しました。たぶん、自主避難して隠れていると思いますし、水が濁っていて、姿は確認できませんでした。

一応、当初の計画として、ミニ・ビオ・トープとして置いたので、エサは、やらないでも植物プランクトンを食べてメダカは、生育させていました。が、メダカの世話をしたいという方もおり、メダカを飼っている、というスタイルに今は、なっています。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2024年3月18日 (月)

季節のGarden Work : ユッカの高取り木の植え替え

Img_1488

Yucca elephantipes                           Mar.17.2024

 

 春になってきたので、昨年7月から挑戦していたユッカの高取り木を茎から切り離し、土に植えました。

以前にこのヒョロヒョロのっぽのユッカの高取り木をした時の記事はこちら

このユッカの元の形は、茎を切った所から萌芽していたように覚えています。もう駄目になった親株の横から地下から分かれて発芽して伸びたいったものがこのユッカ。

Img_1487

水苔を巻いた部分をはずすと、11月の時よりも根が増えていました。この部分の下をハサミでカット。

Img_1493

切断部にゆ合剤を塗ったらいいのでしょうが、ちょっとどこに置いたか分からず、今回は塗っていません。墨汁を塗るのもいいと聞いたことがあります。

Img_1492

鉢数をふやすことも出来ないので、お隣に植えました。右側の茎からも萌芽するであろうと思っています。

高さが抑えられ、まずまずOK。長年の悩みが解決。これをしなければ、天井にタッチしそうなのっぽになっていました。

 

| | | コメント (0)

2024年3月11日 (月)

季節のGarden Work : コニファーの鉢増しと強剪定


Img_1310

Juniperus scopulorum 'Moon glow'


自宅マンションの外構部に2003年より緑化のために置いた鉢植えのコニファー。育て始めてあっという間だったような20年経過。昨年、2回目の大規模修繕工事の際、移動させましたが、今は元の場所に戻し、春に向けて新緑を茂らせて欲しいと願っているところです。2007年の記事はこちら

このコニファーは、コロラド・ビャクシン’ムーン・グロー’ という品種で、ブルーの葉色と最終樹高が3mという、コニファーにしては小型であったので、鉢植え栽培に向いているのではと思い、宇都宮にあったワンダー・ガーデン花工房 (現在は、廃業されたようです。とても詳しくコニファーの品種を紹介し、栽培されていました。)から送ってもらったものです。

今回は、樹高に対しての鉢のサイズがバランスが悪くなってきているので、一度、ポットから出して直径42㎝のDEROMA、リム・ポットに植え替えました。一回り土を足す感じでした。

Img_1309

それから、今まで壁面に向けて葉が茂っていない部分、この春より眠り芽を萌芽させていと思い、全体を強剪定。全部刈り込んでは、光合成出来ないので、枝のボリュームをぐっと2周りは、刈り込みました。透かしもしました。

樹芯も勢いのあるもの切り、上への生長を一時ストップさせようと試みています。

最後に今まで葉が茂っていなかった面を南向きにして、春からの生長に備えるようにしました。さあ、これからどうなるかな。

| | | コメント (0)

2024年2月23日 (金)

The roses : 冬のバラ仕事

 D7k_0073

2023 Summer

 大規模修繕工事の間,枯れてしまったバラもあり、手持ちは3鉢になってしまいました。一鉢目は、私がベランダで育てていて一番強い「HT第一号」と言われるラ・フランス。リバーシブルのピンクの濃淡でパールが入ったような花びら。毎年初冬までつぼみをあげて咲こうとする姿もたくましいのです。2007年より新苗で育ててきたものです。

もう一つは、Andre EveのHT、ジュビレ・アンぺリアル。育てて8年目。こちらもなんだか、強い。オールド・ローズの花形ですがHT,

Img_12321

この2鉢の土替えを先日完了。冬剪定は、1月下旬に行っています。昨年も今年も暖冬気味なので、冬でも葉が残っていました。昨年は、葉を落とさないで育ててみると、花がまり良くなかったので、今年は、しっかり手で葉を落として、強剪定しました。

Img_0964

    Rosa 'Moon light' Hmk   Pemberton 1912 Britain                                                                    

 大規模修繕中、日当たりがベランダと違うので、枝葉が元気に伸びたムーンライト。こちらも冬になっても葉を落とさないので、1月20日に手で葉をむしって、剪定と誘引をしています。

Img_0978  

   Jan.20.2024

今まで、ビニタイは誘引に使わなかったのですが、オベリスクのポールが滑るので、今回使って誘引しました。

ムーンライトは、2代目。先代は、27年育てていました。葉色が明るい緑色で風に揺れる姿がきれいなので、他のバラも考えましたが、やはり、このバラに。

2022年に新苗を購入。今年は、久しぶりに枝が長く伸びているので、上の方でも花が咲きそう。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

Veranda Garden : 春の準備

D7k_8916

Feb.18.2024

 先日は、暖かくなってきたので、大規模修繕以降、ほとんど何もしていなかったベランダの鉢植えの植え替えを行いました。

写真は、ヨネヤマ・プランテーションで真冬に購入したパンジー。マンションの工事で手持ちの土も外構の植え込みに入れてなくなっていたので、先日、赤玉土、堆肥を買いに行き、自分でブレンドした用土を作りました。

赤玉土 中粒 3

赤玉土 小粒   3

バーク堆肥   2

もみがらくん炭   1

やしガラ    1

ゼオライト 0.5

いつも,こんな感じ

D7k_8922

鉢底網を置いて,鉢底石を敷きつめ,小輪バンジー2株,両脇にツルニチニチソウ。パンジーは多少白根がまわっていましたがギリギリセーフ。下葉が栄養不足で少し黄色くなり始めていました。

Img_1236_20240223080801

ベランダ仕事、ひと片付け。


| | | コメント (0)

2023年11月27日 (月)

季節のGarden Work : ユッカの高取り木

Img_9808_20231127180901 

Yucca elephantipes       青年の木

マンションのロビーの置いてあるユッカ。時々,世話して25年になるのかな。高取り木という方法で、ヒョロヒョロと伸びている茎の中間部から発根させました。成功したことを11月中旬確認。今年7月17日に作業をはじめたものです。

Img_8317_20231127171601

2mぐらい。ずっと、ロビーで、時々、反転させ、傾いて伸びないようにしてきました。

Img_8316_20231127174401 

水苔を準備。ひとつかみを水に半日前ぐらいからつけておきます。

 Img_8320_20231127180201

発根させた位置で外皮をカッターで剥ぎ取りました。

 Img_8325

水苔をその部分に巻き付けます。

 Img_8328

ラップなどでぐるぐる巻きました。上は、水やり用に開けておきます。最初、密封させてしまって、のぞくと腐りかけていました。

もう一度、参考にした本を見ると、開けておくことがちゃんと開けておくことが書いてありました。発根には、空気も必要なのです。

以前、同じことをして失敗しているので今回は、「放置、気長に」と思って、放任しておきました。

11月に入り、さすがに気温も下がってきて今年もダメかな、と思ってラップを取ると、水苔にからむように根が出ているのを確認。

これから、茎を切り離して、植え直すのも気温が低いので、このままにしておこうかと思います。

植え替えは来春に。

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2023年11月26日 (日)

Visiting a garden : Acao Forest

Img_9538

Rosa ER ’Pat Austin’

 10月の秋晴れのお休みの日,静岡県の熱海にあるアカオ・フォレストに行きました。昔,ハーブ・ガーデンとして公開されていた頃に

バスに乗って家族で行ったことがありますが、ランドスケープデザイナーの白砂 伸夫さんが取り組まれてからは始めて。

着くと,マイクロバスで山を登り,相模湾を望みながら山の秋景色やガーデンを巡っておりていくような設計になっています。

Img_9530_20231203173201

Tibouchina urvilleana 

シコンノボタンが海に向かって咲いていました。こんなに大きく育つことを初めて知りました。秋に自然に開花する花木は、少ないのに環境にも合っているのでしょう。

Img_9542_20231203173101

テーマごとのガーデンを巡っていきます。イングリッシュ・ガーデンの植え込みには、トレニアとコレオプシスが石垣からこぼれるように咲いています。

Img_9558

Rosa roxburghii var. normais ヒメサンショウバラ

上田義弘氏の寄贈した珍しいバラのコレクション・ガーデンには、直径3㎝ぐらいの黄色いローズヒップがなっているバラがあり、びっくり。

Img_9561_20231203171201

ロサ・オメイエンシス・プテラカンサ

こんな赤いとげのバラもあった。ネットで調べると「中国の四川省我眉山に自生するバラ」と上田さんが紹介されていた記事を見つけました。

新しく伸びた枝がこんなふうになるようです。

Img_9573

昔、来た時もこのバラを見て可愛いと思ったノイバラ。

ちょうどローズヒップもついているのに開花しているものもあるという、超かわいい状態。ノイバラも海岸に面した場所に各地で見かけますが、ここのノイバラは、「超」が私の中でつく。もしかして初恋のノイバラだったような。

Img_9580_20231203171101

谷筋の道を下りながら、山を見上げると立派なクスノキの巨木が立っていました。

Img_9597_20231203173101

Rosa  ’Yves Piaget’

フレンチ・ローズガーデンでは’イヴ。ピアッチェ’が大輪の花を咲かせ、良い香りを振りまいていました。やはりここのバラの香りは格別です。

Img_9593

大好きなシュウメイギク。秋のななめからの日差しに照らされ、イメージぴったりに咲いている姿。

今回は、秋のバラの時期でしたが、今度は、5月のバラを見に、いつか訪れたいと思いました。

| | | コメント (0)

2023年11月23日 (木)

Veranda Garden : 植木置き場

Img_9418

 大規模修繕工事でベランダの植物を移動させましたが、まったく緑が見えないのも嫌なので、ハンギングにしていたシダのみ室内で育てています。

Img_9093_20231123131601

私のマンションでは大規模修繕工事は2回目で外部に置き場所を作れないため前回同様、ロビーに足場材で棚を作り、そこに植物を置くことになりました。しかし、前回、枯れていく植物が多くなり、次第に日の当たる植え込みの中などに移動していかざるを得ない状況となり、ロビーに置く人はほとんどいなくなりました。今回は、タキイ種苗の月刊誌で一回、見かけたLEDを使った太陽光の波長に近づけて開発したという富士倉の「蛍光灯型 植物育成ライト KY-20W-SC」を探し当てて、4灯使用することを提案し、購入、取り付けを行い使用しています。

Img_9103_20231123151901

針金を使って、ライトを吊り、コードは、針金を上部に渡した部分にからめて配線。延長コード、タイマー使用。朝6時から夕方6時まで照射。

Img_9095_20231123132801

どのくらいの光が必要かは,植物によって違うので、どうなるかは、植物実験のようで、保証もできない形ですが、なんとか2か月経過した現在、枯れていくもの、花を咲かせるもの、いろいろ変化しながら生育しています。

他の方の植物の種類も観察させていただき、生育状況をまとめると、以下のような感じです。

生育状況変化なし・・・Clivia miniata クンシラン、Crassula ovata カネノナルキ、 Echeveria 'Monroe' エケベリア、Cactaceae サボテン類

開花したもの・・・Rosa HT ’La France’ バラ、Lantana camara ランタナ

完全に枯れたもの・・・Pelargonium ゼラニウム、Evolvulus pilosus エボルブルス、Catharanthus roseus ニチニチソウ、Jasminum ジャスミン、Salvia rosmarins ローズ・マリー

休眠に入ったもの・・・Hydrangea arborescens セイヨウアジサイ ’アナベル’

休眠から覚め、葉が出たもの・・・Cyclamen persicum シクラメン

Img_9646

紅葉したもの・・・Vaccinium sect. Cyanococcus  ブルーベリー

変化少ないが落葉しはじめたもの・・・Itea virginica コバノズイナ

想定外で枯れてきたもの・・・Hedera helix アイビー、Chlorophytum comosum オリヅルラン

茂りがよくなったもの・・・ヤブラン Liriope muscari

Img_9353

バラには過酷な環境だと思われましたが、ハイブリッド・ティー第一号’ラ・フランス’花茎を伸ばし、開花できました。ただし、枝は細かった。

ここに植物をおろしてきて心配で水を与え過ぎて根を腐らせてしまい、枯れたものもあると思われますが、まずまずの効果ではないかと思います。年内には、ベランダ側の脚場は撤去らしいので、植物もあともう少しの辛抱です。

植物にとっての食べ物は太陽光。それから人間は、植物を大事する生き物であることを再認識。

 

         

 

| | | コメント (0)

2023年10月 4日 (水)

Veranda Garden : トレリスの再再塗装

Img_9057_20231003071801

 ベランダに立てていたトレリス。2006年から使っているので17年目。2回塗装していますが,今回大規模修繕があるので,家の中に移動させる前に再塗装。

Img_9045

風雨にさらされ,葉や鉢の移動でこすらた所から塗料がはげていました。少し色がグリーン色をしている所が今回塗る塗料。アクリル系水性屋外用木材保護塗料 オリンピック マキシマム。以前購入したものがまだあったので,娘と二人でペンキ塗り。

Img_9052

乾きも早く匂いも塗装後もなくて,扱いやすい塗料です。翌日,家の中に移動。

Img_9221

廊下に移動しようとしたのですが,高さが高く,ドアを通らず、結局,和室との境,ソファの後ろに置くことに。前は,和室の壁に立てていたけど、今回はパーティションのようになりました。風も通るので,エアコンの風も邪魔しない。不思議な眺めですが,5ヶ月はこの場所で。

 

| | | コメント (0)

2023年9月15日 (金)

Veranda Garden : 一旦解体

Img_9140

 マンションの大規模修繕工事でベランダものを片付けました。2回目なので前回の反省も糧に。フォールディング・チェアーぐらいは工事の休みの時はベランダに出して,人間も日光浴やお茶を飲んだりした方がいいのでは、と今回は思っています。

Img_8507

1ヶ月前のベランダ。植物以外にもデッキ,花台、椅子,テーブルなどありました。これらを室内に持って入るため室内の整理にここ1ヶ月費やしていました。

Img_8932

床の半分はTOTOのバーセアがタイルのみで販売されていた頃のものです。プラスチックタイルの上に網戸ネットを敷いてからバーセアを並べ,目地を自分でつめていました。これをまず表面を洗って網戸のネットをひっぱるとバリバリはげます。変な方法ですが、目地が入らないとタイルが動くし,ゴミも入るのでこの方法を考えました。

Img_8939

はがしたタイルは洗面所やキッチンに敷きました。なるべくいつも通り過ごしたいものです。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧