2017年11月 5日 (日)

Organizing ideas : ラベリング

D7k_5688_2

 小さな小物を入れておくのに、フランスのマスタード MAILLE の空き瓶をよく使っている。食べ終わったら、瓶を洗って出番を待機させておく。美しい瓶はいいのですが、何が入っているのかラベリングしておくことが大切。手芸小物は引き出しに入れており、上からのぞくので、瓶のふたの部分にDYMOテープ ライターで文字を打ち出している。

D7k_5665_2

以前に紹介した自作のスパイス ラックもこの瓶に合わせてサイズを計画し作ったものだが、瓶の側面に名前をラベリングしている。これがないと、いくら植物が好きな私も匂いを嗅いでも「あれ?」と何が何だかわからないものもあるので重要。スパイスは、ブラック ペッパー、ターメリック、クミン、コリアンダーなどよく使うスパイスは、お得な袋入りがあればそれを買い、ここに小分けしておく。スパイス ラックの記事はこちら

D7k_5667_2

ローズ マリーなど生のハーブを乾燥させて、入れているものある。最近は、黒のテープばかりを使っているが、以前は、こんな木目調のテープもあった。所詮、プラスチックなのではあるが、やはりこんなフェイクなものでもなんだか、よかった。

D7k_5677_2

家の中で、他には?と探すとあった。もう大学生の息子のLEGO ブロック。子どもの頃、レゴのClass room packなるものをサンタさんが持ってきてくれたので、たくさんある。友達がそれを知って、よく遊びに来てくれたのだが、
全部ひと箱に入れると、次に作る時に部品を探すのに時間がかかる。なので、大人のレゴ ビルダーさんもこのようにしていたのを見たのを参考に、無印の収納引き出しに種類別に入れてやった。

D7k_5676_2

といっても、あまり厳密でなくてもいいので、「あか ちいさい」、「タイア」などと、打ち出してそこに入れさせるようにした。引き出しは、ボックスのように引っ張り出せるので、結構、ちゃんとみんなで手分けして入れてくれていたように思う。

D7k_5671_2

DYMOは、つるつるした表面に貼るのがお得意だが、こんな段ボールにも使っている。どんどん積み上げた箱にも側面の見える部分につけておくと季節のブーツなど各自、自分で引っ張り出してくれている。。

D7k_5696_2

最近、これを使っている。実は、DYMO自体は初めてで、それまでは日本製のUniというテープライターを使っていた。小学校3年生の時の友達が持っていて、さんざん私の名前を打ち出したテープをくれたので、自分も欲しくてお誕生日プレゼントに買ってもらった思い出のものだった。
なんと、40年も使っていたほど、丈夫だった。テープの粘着力もすごい。先日も旧姓で打ち出されたものが出てきて、私が天国にいってもくっついているのでは、と思ってしまう。本家のものと書体は微妙に違って、以前の方が実は好きなのだが、どうも摩耗してきてので、最近買い直した。

D7k_5699_2

テープを後ろに入れて、ディスクを回し、エンボス加工するところはまったく同じ。というより、こちらが本家。

職場に持っていったら、「昔、ラケットによくこれで名前をつけていたね。」なんて声を聞いた。そうそう、そうだった。
今時、と思う方もいらっしゃると思うが、電気を使ったり、テープがはがれたりすることが、ほとんどない、ポータブルなこちらの方が私は好き。そして、発売以来、ずっと商品が存在していることに信頼をおいているものだ。


| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

Organizing ideas : 傘かけバー

D7k_5613_2

 玄関にある靴箱の隣の傘をかけておける物入れ。奥の方にステンレスのバーが一本取り付けてあった。でもこれが、とても奥で、高さも低く使い難い。こども用傘ならいいけれど、大人用はかけられなかった。そこで、手前にもう一本、大きな傘もかけられるような高さにバーを取り付けました。

D7k_5621_2

正式名称は、「ステンレスパイプ ソケット」。ホームセンターや金物屋で販売されているのを見つけてきた。ステンレスパイプ径10mm用の製品だが、家にあった直径1㎝の木の丸棒を入れることに。ステンレスパイプを使う場合は、内寸よりも5mmぐらい短いサイズにホームセンターでカットしてもらうといい。今回は手持ちの径10mmの木の丸棒をのこぎりで自分でカットしたものを使った。丸棒は、取り付ける前、茶色のオイルステインを塗っておき、扉の色と合わせた。

位置決めしてから、キリで少し下穴を開けてから、木ねじで取り付け。棒を通して、仮のもう一方のソケットの位置決め。

D7k_5659_3
平行器(手前のミニを最初に購入。今回のような小さな部分の平行を見るのに便利。奥は庭仕事用に購入)

平行器でバーが傾ていないか確かめ(水の中の泡の位置で平行を確かめる。)、位置決めし、取り付け。

フックも手持ちであったので、何本か、取り付ける前に棒に通しておいた。

D7k_5626_2_2

奥は、手が届かないので、ほとんど使わない。昔、子どもが使っていたなわとびや小型の日傘などをかけている。手前は、大型の傘。底板には、水滴受けもちゃんとあったので、本来は、傘を収納する場所として作られていたことは伺えるが、濡れた傘をここに収納したことはない。結構、造作は、いい加減であった。

真面目に考えて、手前にバーを一本入れることで、傘がいっぱいかけられるようになった。

| | コメント (0)

2017年11月 1日 (水)

Organizing ideas : スリッパ ラック

D7k_5608_2

DIYでつけたスリッパラック。入居して20年だがら、19年前ぐらいかな。両開きの下駄箱の扉の裏に4本ステンレス バーを取り付けています。わざわざ、スリッパ入れを廊下に置くのが嫌だったので、このようにしました。

D7k_5656_2

扉の幅は45㎝だから、40㎝ぐらいになるように計画。ホームセンターで、金物を購入。「首長ブラケット(ゲンコ)片」という名称でうられている部材を必要数。このブラケットの高さは、5㎝ぐらいありますが、スリッパの甲の部分が薄いスリッパは、落っこちてしまうので、もう少し高さが低くても良かったと思っています。

D7k_5610_2

バーは仕上がりを40㎝にするので、ステンレスバーを少し短めの39.5mmにします。これは、ホーム センターでカットしてもらいました。それが、面倒であれば、直径1㎝の丸棒を買ってきて、「現場合わせ」でのこぎりでカットすればいい。(実際、次回紹介する、傘かけは、木の棒を使いました。茶色のオイルステインを塗布)

取り付ける場所に印をつけ、片方のブラケットを取り付ける。
きりで下穴を開け、付属の木ねじでとめる。
バーを通し、もう一方のブラケットの位置を決める。水平器をあてて、バーが傾いていないか、確かめて、位置決めしてから、ねじ止め。

我が家の下駄箱の扉は、角材で枠を使って、両面をボードで覆っているもので中空になっているもの。このボードにねじがくい込んだので、どうにか、取り付けが出来ました。下地がどうなっているのかは、大切なこと。

こんな調子で、ご近所のスリッパ ラックも取り付けて差し上げた。今もとれたりしないで、健在です。

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

Organizing ideas : レールバー

D7k_5451_2
AFTER FINTORP Rail    L=58㎝  Designed by Carina Bengs IKEA

1年以上前にイケアに行ったときに買ってきたレール バー。やっとイメージ通りにキッチンの壁に取り付けた。
IKEAの中でも私が好きなクラッシック デザインを取り入れたシリーズを手がけるカリーナさんのデザイン。

このレールは、取り付け金物の形状がヨーロッパのゴシック デザインを取り入れたもの。レールは鉄パイプだが、アイアンを思わせる黒の粉体塗装。

小さいフライパンと毎日使うお味噌汁を作る時の鍋、レードル、フライ返しなどをかけた。

D7k_5420_3
BEFORE

I字型キッチンの突き当り。ガスコンロまわりなので、あれこれは、出来ないので、入居時のままの状態で使っていた。

D7k_5418_2

タイル張りの壁面は、2面。突き当たりは、タイル、モルタル、コンクリートとなっている。一番右側は、ドリル ビット。近所のプロの職人さん御用達の金物店で相談して「モルタル、ブロック、レンガ」用のものを購入した。

左側は、グレーの樹脂製のものがドリルで下穴を開けた時に埋め込むプラグ。家に残っていたものが4本ちょうどあったので、この外寸に合わせて、先ほどのドリル ビットのサイズも選んだ。直径4.8mm。

そして、ねじの頭が丸くなっているタイプをプラグにねじ込む。

D7k_5431_3

取りつけ位置を確認し、穴あけ。

D7k_5438_2

ねじを少し、浮かせた状態にしておき、そこに金具の大きい裏孔に入れ、小さい穴の方にスライドさせ、固定。

D7k_5435_2

目地と目地の間に固定させた。

D7k_5440_2

バーを通し、エンド キャップをとめる。抜け止めになる。

D7k_5441_2

フックは同じラインのものがあるが、購入していなかったので、手持ちのSフックを通した。
今度、同じシリーズのフックをつけよう。

このシリーズは、引っかける小物もそれぞれ素敵。ニッケル メッキのタイプもある。


| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

Maintenance : 真鍮磨き

D7k_2733_2

フロアーライトのスタンド。ピカピカに磨きました。Laura AshleyのBrass製。

D7k_2730_2

ピアノの調律の方が、ペダルやヒンジを磨くのに使って、キラッとさせてくれたので、買い取った。YAMAHAのピアノ
コンパウンド。すべて真鍮製のものに使うといい。

D7k_2732_2_2

黒ずんだ表面が磨いていくと、だんだん薄くなり、最後はきらっと光り出した。メッキのものには、研磨剤なので、使わないほうがいい。家の中だと他に扉のノブかな。

液体のものもあるけれど、こちらはペースト状なので、他の部分が異素材のものなどを磨く時に、たれないので便利。

D7k_2736_2_2

ずい分、アンティーク状態でしたが、手入れするとシャキッとした。


| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

My Favorite Chairs : Red Carp Chair

D7k_5381_3
VAGSBERG  Shell Red     IKEA

赤い成型合板の椅子、イケアで見つけた。CARPファンの息子は、早速シールを背に貼って、オリジナル椅子に。

D7k_5401_2

無印良品のロフト ベッドの下が机になっているものを使わせていたが、時々、頭をぶつけるので、ここでなかなか、お勉強しなかった・・・。(もう、大学生)

キャスターのない椅子だったため、立ち上がる時、ベッドの下に頭をぶつける、窮屈さが原因。

キャスター付きの椅子も手ごろなものを見つけようと探してはいたが、座面が布張りだったり、妙にエルゴ デザインだったりして、このパイン材のベッドに似合わないので、GO!出来なかった。

D7k_5388_2

たまたま、見つけた椅子だったが、この赤い色が部屋の中でアクセント カラーになるし、シンプル デザインが北欧デザインの流れを組む無印のパイン家具にも合った。

D7k_5387_3

時そでに遅し、という感じだが、ようやく、自分の基地としてこの一角に入り込むことが少し増えたよーな。


| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

Organizing ideas : ハンガー

D7k_5340_2

昔、SONY PLAZAで、輸入生活雑貨も充実していた頃、いろいろ海外の製品を見ることが出来た。このドイツ製のズボン用のハンガーは、二つ折りにしたズボンがピタっとかけられ、ずり落ちないことから、1本、もう1本と増やしていった。MAWAというメーカーのもの。使い始めて20年は経つ。

D7k_5341_2

色々種類があるのだが、スカート用は、このバネ式でウエストの部分を内側から突っ張らせるもの。これもスカート部分がフラットになるので、クローゼットに入れても薄く収納できる。

D7k_5343_2

プラスチック製の優れもののフックを通せば、2段、3段がけも出来る。高さのあるクローゼットの下部にまだ空間があったので、これで3連がけにしているスカートもある。これらもデザインは、20年前をすべて同じものが、今でもっ購入可能。コロコロ変わらない所が信頼できる。

D7k_5334_2

以前は、シャツ用のハンガーはクリーニング店のものですませていたのだが、MAWAのものでスリムタイプなるものが出来たようだったので購入してみた。すると、この通り、ハンガーが薄く、形状もそろうとすっきり収納できるようになった。シーズンごとのシャツをすべてかけておけるので、洋服が選びやすい。

同じスペースに以前よりも多くの収納が可能になったので、ハンガーを追加購入した。

D7k_5337_2

MAWAのスリムタイプ ブラウス用 42/FT ブラック Mサイズ Silhoutte Light

厚みが従来のものが1㎝あるが、こちらは、0.4㎝の薄型タイプ。これにより、よりフラットに収納が可能で、シャツがに入る、入る。こちらは、台襟のついたシャツ用に形状がデザインされている。強度も全く問題ない。

D7k_5346_2

こちらは、ノーカラーシャツやニット製品用。こちらもスリムタイプ。

どちらも20本組や15本組などで購入すると、1本あたりの単価は、抑えられた。また、特殊な色は、割高になるので、ベーシックな黒や白のものにすると、価格は1本あたり200円前後。


| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

暮らしの中のMy Work : オットマンのカバー作り

D7k_5327_2

ローラ アシュレーのソファ シリーズ スノードン のオットマン。およそ20年前に購入したもの。

Sofa2

こんなカバーを麻で作って、覆って使っていた。今はこのカバーはボロボロに破けてしまった。

D7k_5328_2

そして、最初からのカバーも角がする切れてきた。先日、手芸屋さんに行ったら、なんと200円/mのアイボリー幅135㎝のチノクロスの生地を発見。ずっと、棚上げしていた自作カバー作りをやるしかない!機会を得てしまった。オットマン以外にも3人掛けとアームチェアーがあり、皆、違うカバーで色が統一されていないので、同じ布で前から作りたかった!

ということで、一気に反物残り16.8mをすべて購入した。他にミシン糸厚手用30番やパイピングの中芯用のコード紐直径3mm、クッション用のファスナー60㎝を準備して、制作に入った。

P9061228_2

まずは、オリジナルのカバーを採寸。

P9061227_2

角の丸みをトレーシング ペーパーで写し取り、四隅を丸くした型紙を作る。

P9061240_2

必要な部材を裁断。パイピング テープは、手作り。垂れにあたる4枚のパネルは、下にさらに垂れが重なる。

P9041223_2

バイアス テープの取り方。対角線に布を切り、切り取った部分を下部に縫い付ける。

Img018_2

図中 A とBを縫い合わせるように留め、ミシンで両サイドを縫い合わせ、筒状にする。それを3㎝幅のテープに切る。図右下のようにコードをはさみ、ミシンをファスナー用押さえに変え、パイピング テープに仕立ていく。

D7k_5313_2

パーツとパーツの間にパイピングをはさみ、全体を組み合わせていった。こちらは、垂れの部分。

D7k_5317_2

クッションのカバーには、1辺にファスナーを入れ、縫い合わせた。

D7k_5321_2

出来上がり。今回オリジナルカバーの写しの型紙を作ったので、次回に制作する時に便利。

他のカバーもなるべく早く、作りたい。


| | コメント (0)

2016年8月28日 (日)

Beautiful Things : 玄関のベルベーヌの香り

D7k_3628_2
Scented Bouquet Verbena DURANCE

夏、玄関を入った時に、家の匂いが気になっていたので、バーベナの香りの瓶を置いています。フランスのデュランス社のもの。他にもいろんな香りがありますが、ラベンダー、ローズ等も好き。

瓶を置くと、さわやかな香りで、気になっていた匂いがカバーされました。

D7k_3627

以前の瓶と違ったデザインになっていた。詰め替えを買ってきて使うので、いつ変わったか、意識していなかったけれど、こちらもアンティークな形なので、今回は、瓶ごと購入しました。

いろいろな香りの製品が出回っているけれど、プロバンス地方の品質のよい材料を使って、エッセンシャルオイルを取り、ていねいに製品を作っているデュランス社のものは、使って心地いい。

何もないより、うっとりする香りで過ごすのも暑さをまぎらす良い方法。


| | コメント (0)

Beautiful Things : ベルベーヌの香りのキャンドル

D7k_3635

Perfumed handcrafted candle Verbena DURANCE

夏のセールでフランスのデュランス社のアロマ キャンドルを見つけました。今まで違うものを使っていましたが、もう少しナチュラルな香りのキャンドルが欲しかったので、試しに購入してみました。

香りは、バーベナの香り。

D7k_3652

火をつけると、バチバチの芯に使っている薄い木が燃えます。これには、びっくり。ふつうのアロマ キャンドルに比べると、炎も大きく、これは、失敗作?と思ったりしましたが、次第に慣れてきました。

今年の夏は、バーベナのすっきりさわやかな香りで、暑気払いして過ごしました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧