2019年8月 3日 (土)

Organizing ideas : 出窓を利用した本棚 

Img_3683-3  

BEFORE

我が家の北側の通称 タンス部屋。本棚も3本入っています。窓は外廊下の室外機置場の分、室内に入り組んでおり、上部は奥行きのある出窓。ついつい、いろいろなものをここに積んでしまうのですが、かなりのデッド スペース。この奥行きと高さを利用して長年作りたかった本棚を作りました。

文庫本、新書、ハードカバーの高さ20㎝ぐらいまでの比較的小型の本を入れる本棚です。

D7k_8447-2

AFTER

これが、完成した本棚。W380㎜×H1120㎜×D150㎜

青森のヒバ材集成材を使い、塗装はOSMO社のWood wax仕上げ。

Img_3656

新書の収まるサイズとして、奥行き150mmになるように材料の板幅を選びました。青森ヒバの集成材が強度的にも加工のしやすさからも良さそう。厚さは15mm。

Img_3658-2

長さ1820㎜2枚(①、②)、910㎜(③)を1枚購入。

お店でカットしてもらいました。①、②棚板350㎜×2枚+側板1120㎜=1820㎜

③天板、底板380㎜×2枚 残り150㎜

My ジグゾーもありますが、お店でカットしてもらった方が垂直に正確に切ってもらえます。

Img_3665

Paint OSMO Wood wax  ”White spruce"

やすりで面取りをしてから塗装。塗装後20~30分後に布で余分なワックスを拭き取ります。

Img_3666

木目にワックスが入り込み、表面は平滑にカバーされます。木目の美しさを生かした、自然なつやのある柔らかなイメージの塗装面となります。

Img_3667

その他、補強のための厚さ5㎜の合板も端材売り場で見つけ、家で幅38㎜にカット。高さは100㎜ぐらい。

3枚とも表から見える部分のみ塗装。

Img_3668

木ねじの下穴をキリで端より8㎜内側ぐらいに開けておきました。

Img_3669

棚板のダボ穴開け。棚板4枚なので、下から215、230、230、230、215㎜でダボ穴の位置に8㎜深さ、直径4.8㎜の穴を側板の内側2列に開けました。

Img_3675

木ねじをドライバー ドリルでしめていきます。

Img_3679

裏板も止めつけました。これが入ることで、本棚が変形するのを防ぐ役割をもたせています。

Img_3681

完成

この後、ダボ穴に金属の棚受けダボを埋め込み、棚板をのせました。

D7k_8449

設置後、違和感なく、この場所に調和し、あれよあれよと右側の私の本棚からあふれた本が入っていきました。耐震補強のL字金物を壁との間につけておくと完璧。

(まだ、取り付けてはいませんが、持っているので、後で)

この日は、猛暑日。次の日も部屋の片づけをしていたら、熱中症になってしまいました。

でも、ずっと「こうだったらいいのにな!」と考えていたことが出来たのでひじょうに満足。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

Maintenance : キッチンの混合水栓の交換

D7k_8475    

GLITTRAN グリットラン                     IKEA

 台所の混合水栓をDIYで交換しました。いろいろ大変でしたが、どうにかパパがアイディアを出してくれて作業もしてくれました。

背の高いのがIKEAの製品。左にあるのが、浄水器に水を送るもの。今まで使ってきた浄水器をいかして使うためにパパさんが工夫してくれました。

P7270715

元の水栓。20年以上使用。食洗器をつけた時に分岐金物が中間部に入れられました。食洗器が壊れたのを機に、手洗いにすることにしました。子どもたちもパパも帰宅がバラバラな生活になり、ちょこちょこ洗う方が片付くし、キッチン カウンターも昔のように広く使えるようになりました。

私がネットで調べて、この分岐金物を自分で外そうとしたのが、そもそもの始まり。

P7270717

簡単に外れると思った部分が外れず、近所の金物屋さんでこの道具を購入してきました。まわると思いきやどうも設置の時にしっかりとした接着もされているようで、外せませんでした。

そこで、以前からもうそろそろ新しいもIKEA に急遽出かけ、以前よりいいな、と思っていた金物を購入。

P7270721

ここからは、ちょっとハラハラで深刻な事態。本当は、カウンターの既存の25㎜の穴2つに合う水栓器具を選ぶのが良かったのですが、IKEAの金物は一つ穴で設置するもの。既存の穴を広げようと考えましたが、新たに2つの穴の真ん中に35㎜の穴を開けることにしました。

シンクしたの給水ホースもなかなか古くネジが固着していたりして、大変でしたが、どうにかパパが新しいものと交換に成功。

D7k_8457

カウンターキッチンになっているので、水栓金物がクラッシックな曲線のデザインなものになり、満足。

機能的にもワンハンドルで水の出方を調節できることや、高さがあるので、鍋を洗ったり、水を入れたりするときに作業しやすい利点があります。

かなり慌てて、一時はどうなるかと思いましたが、今はネットで作業方法なども調べることができるので、役に立ちました。

ああよかった。きれいな水が出るっていうことに改めて感謝。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

Organizing Ideas: 無印良品の収納グッズ

D7k_7710

我が家にある無印良品の製品。一番多いのは、この食器棚の上にあるような収納グッズ。時々、生産中止になるものもありますが、数年経っても追加で購入できることが私は無印良品のいいところだと思います。

この紙製のボックスの中には、はがきや手紙など比較的軽いものを入れています。頭上の高さなので、引き出し式の箱ではなくて、箱を下ろして、中身を入れるタイプのこのふた式のボックスが都合がいい。

D7k_7714

こちらは、キャスターがついている紙箱。中に楽譜が入っています。この箱に大判の楽譜がざくざく入るので、ピアノの側に置いておくのに便利。追加して2個目も使っています。狭い窓際に本棚は置けないので、この可動式楽譜入れは便利。

D7k_7704

こちらのかごもテレビボードの両側の棚の中に並べて入ったので、合計4個使っています。多少、木の枠を自分で削って加工しましたが。

他にもいろいろ使っていますが、無印良品の収納グッズを手持ちのものに組み合わせて使うのが私は好きです。さりげなく便利に使えますね。

 先日、銀座にオープンした無印良品の新店舗に行ってみました。一番、訪れたかったのは、本のコーナー。有楽町にあったお店でも書籍コーナーが面白かったので、今度はどんな本が並ぶのかなと期待していました。

書籍は、現在出版されているものが販売されているコーナーと古書を閲覧できるコーナーがありました。

特に古書のコーナーは、この本を触ってもいいの?と思うような貴重な本がありました。特に印象に残った本は、昭和19年出版された活版印刷の柳宗悦の和綴じの民芸の冊子や和紙のことをまとめた全ページ木版で和紙に刷られた和綴じの大判本、江戸時代の商家の木製の看板の写真を載せた本等。

美術館だとガラスケースに入っていそうなものがふっと置いてあり、私はくたくたになるまで眺めさせてもらいました。

日本という島国の上で、私たちの先祖たちがこの土地にある材料を使って、身の回りのものを工夫して作っていたということを改めて感じました。そんな手仕事の歴史を見ていると、自分も自分の暮らしに必要なものを作る手間暇をもっとかけたいと思いました。とりあえず、今作っているキッチン・マットを編み終わろう!とか…!ちょっと、元気になってお店を後にしました。

まだ、読めなかった本がいっぱいあるので銀座店、また訪れたいと思います。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

Organizing idea : キッチン・ナイフの収納

D7k_7643

 

包丁を引き出しの中に収納することにしました。

 

Img_3029-2

 

今の住まいのシステム・キッチンにつけられていた包丁入れ。プラスチック製なので、割れが出てきました。包丁が床に落ちてしまう危険が出てきて、どうにかしないと、と思っていました。

 

候補として、
①IKEAでも販売されている壁に磁石のついたバーを付け、ナイフを留めておくもの。
②TWILLING(ツヴァイリング)等のナイフ・メーカーが販売している木製の包丁立。調理台の上に置いておくタイプ。
③引き出しの中に収納するための包丁専用のラックAmazonで見つけたもの。
④現在のものと同じ、扉裏に取り付けるプラスチック製のラック。

 

これらが、考えられました。①や②など腰上の目につくところに刃物があるのは、安全上落ち着かないので、③か④にしぼられてきました。結局④の今までのものと同じものを取り付けてもプラスチック製は耐久性が短いので、③の引き出しに収納するものにしました。

 

そういえば、Williams-Sonomaが日本で販売されていた時のカタログで、引き出しに③のようなものを見かけていました。日本の家庭の包丁の種類に合わせて、作った製品のよう。

 

一番大きいTWILLINGのパン切りナイフの刃渡り24㎝と厚みのある出刃包丁が入ることと、合計5本あるナイフをすべて収納できるものであることがわかったので、注文しました。

 

D7k_7640

mikketa

 

こんな感じで心配していたものもちゃんと入りました。

 

D7k_7636

 

ちゃんと収まり、安全面でも安心。Beech材を使っているようで、ヨーロッパのキッチン用品みたいで他のものとも違和感なく、溶け込んで引き出しに収まりました。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

Organizing ideas : IKEAのブラケット

Img_2879_2
EKBY HENSVIK エーケビュ ヘンスヴィーク by IKEA

 数年前にIKEAで買っておいたブラケット。棚板は、サイズがその時わからなかったので、ホームセンターで買えばいい、と思いながらなかなか行けずに、放置していたもの。ブラケットだけ先につけておいて、先日、棚板幅30㎝、長さ90㎝のものを購入して、やっとちゃんと使えるようになった。

タンスのある部屋の入口の上にあり、靴の入った箱などを置いた。夏の帽子やサンダルなど、季節外れの比較的軽いものを置くことにしました。ラベルで何が入っているかは、下から見えるようにしています。

Img_2876_2_2

室内ドアの枠の部分に木ねじで取り付けています。電動ドライバーで一気に取り付け。木ねじは製品には入っていないので、家にあったもので。

Img_2875_2

ブラケットは、2方向、取り付け可能。今回は、30㎝の幅の板がのせられるよう取り付けたが、短辺だと20cmぐらいの棚板がのせられます。

IKEAでも棚板があるけれど、棚板の幅は、決まっているので、自分が棚を取り付けたいところが何㎝なのかは、家できちんと計って、ホームセンターで必要ならカットしたりして、取り付けた方が、いい。

今回は、ちょうど同じような白い化粧板をはったボードで、まったくカットの必要がない、90㎝幅のものがあったので、ちょうどよかった。

ちなみにドアの幅は80㎝。ブラケットの幅は、3.5㎝×2個で7㎝が重なり部分。両脇に1.5㎝ずつ外側に板が出る感じになっている。

なかなか、おさまりよく取り付けられたので、もう一部屋の入口にも取り付けようかな、と思っている。


| | コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

Organizing ideas : ベッド サイドの棚

D7k_7615_2
Wall strage by IKEA

IKEAのFRISATのウォール 収納。前から買おうかな、と思いながら先送りしていたもの。

子どものベッドの側板につけると本やら、寝る時に枕元に置いておくような、スマホや眼鏡とか、小物類もここに置けるようになりました。

D7k_7604_1

ベッドもパイン無垢材(無印良品製)なので、木ねじを電動ドリルで取り付けました。ただ、水平に取り付けないと、ここは、いけないので、水平器を当てて、確認しながら取り付けました。

D7k_7612_1

前の丸棒のバーは、背面を取り付けてから、最後に付属の六角レンチでねじをしめました。

デザイン・材質・価格・取り付けの簡単さを考えると、本当によく出来ています。数年経てば、パインの色もベッドと同じように変化していくでしょう。


| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

Organizing ideas : IKEAのブック ディスプレーの塗装

Img_1925_2 FLISAT Book display by IKEA  W49cm ×D28㎝×H41cm

 

イケアの子ども用の白木の家具シリーズ FLISAT を茶色の塗装しました。家の中の家具や床の色が茶色なので、色を合わせ、この印象。色々、読みかけの雑誌などここに入れておけるようになりました。持ち運びも出来るサイズ。

 

Img_1901_2

 

パイン(松)材の無塗装の部材。無塗装であることのメリットは、価格を抑えることも出来るし、ユーザーが好きな塗装を施すことも出来る。また、こども用の家具のシリーズなので、塗料の中の成分が体に合わないなどケースも抑えられる。等、あげられると思います。

 

デメリットは、汚れがしみこんでしまう、色の変化ということでしょうか。

 

Img_1903_2

 

今回、柿渋で塗装しようと思いましたが、塗料が固まってしまっていたので、あきらめ、手持ちのオイル ステインで着色しました。オイルステイン2~3回重ねて、自然なつやが出る仕上がりになりました。オイルステインは、揮発性の溶剤の匂いがしばらく残るので、塗装後は、しばらく戸外においておきます。

 

Img_1905_2

 

組み立てのマニュアルは、イラストだけで構成されて、わかりやすく、それにそって、ダボを入れているところ。

 

Img_1906_2

 

付属の六角レンチでねじをしめている所。ドライバーでねじをしめるより楽ちん。
木端も完成した時に見える部分があるので、塗り残していた所は、再塗装しました。

 

Img_1907_2

 

底板を入れている所。このターコイズ ブルーの色の面を最初は使いましたが、ちょっと、色が強く、我が家には合わなかったので、最終的には、組み直し、裏面の白い方を使うことに。

 

Img_1967_2_2

 

部屋に置いたところ。前からあったような感じ。

 

IKEAのものは、安かろう、悪かろうとうものではなく、材料、デザインがしっかりしていて、なるべく多くの人に低価格で販売しようとしている考えが、北欧の伝統的な考え『平等』をベースにしていると感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

Maintenance : テーブル ランプの修理

D7k_7408_2
Brass table lamp      by Laura Ashley

以前購入した真鍮製のテーブル ランプ。電気がつかなくなったり、傘がきちんと固定できなくなったりして、修理をと思いながら、お蔵入りしていました。

P3040111

取りあえず、真鍮を磨いてみました。

P3040119

きらきらになった。だけど、灯りはつかないので、ソケットのあたりをみてみることに。

P3230133

中で電線が切れていることが私にもわかった。それで、ちょうど良さそうな「丸型圧着端子」という部品を購入して、電線を通して、ペンチでぐっとつぶした。

P3230136

これでよさそう。でも、ライトはつかなかった・・・・。しばらく、修理も放置・・・・。

5カ月が経過。ふとパパと息子に「この家には、理系男子が二人もいるはずなのに、エジソンのランプぐらい簡単な構造のものも直せないのかな?」とヘルプを求めた。

やっと理系男子が動いてくれた。ごそごそ、奥から電気が流れているか調べるテスターをパパに言われた息子が持ってきた。どこからどこまで、電気が流れているのか調べてくれた。

どうもスイッチが問題であることが判明。

P9030201_2

スイッチの部品をネットで取り寄せ、ここは、息子が直してくれた。

D7k_7406_3

ちゃんと、灯りがついた。10年以上ぶり。LED電球に変えて、ライトをつけても熱くならなくなった。

Img_1787_2

細かい手芸が最近老眼で難しくなってきた、と感じる今日この頃。手元を照らすランプが直り、うれしい。

私が手を動かさなくなって、何も作らなくなったら、人生の楽しみをなくしてしまうようなもの。


| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

暮らしの中のMy Work : Café curtain

Img_1745_2
Café curtain

前の住まいで使っていた薄手のレースをカフェ カーテンに縫い変えました。裾にウェイト テープ(鉛の入ったチェーンのようになったもの)が縫い付けてある部分を利用したのがミソ。

前にも、麻のボイル地で作っていたけれど、裾がヒラヒラめくれ上がって外から室内が見えていたので、上下に突っ張り棒を通す構造にしていました。今回は、ウェイト テープのおかげで今のところ、ストンと生地が下り、いい感じ。

Img_1723_2

無地のボイル地。MANA Tradingさんのもの。柄などはないプレーンなIvory。

Img_e1725_3

必要サイズは幅が100㎝、高さ60㎝ぐらいあれば良さそう。ギャザー分を入れて、幅は2倍の200㎝、高さは、ポールを入れる部分の縫い代を約10㎝ぐらいかな、と判断して70㎝としました。手持ちのものの裾を下から70㎝カット。

Img_1730_2

突っ張りポールは、案外、直径が部分によって違うので、少し大きめに作ることに。上の端から6㎝をアイロン定規(厚紙に6㎝と4㎝幅に線を入れたものを事前に準備)を使って、折り、アイロンをあてます。

Img_1733_2

その後、4㎝幅になるように、アイロン定規に合わせて折り込みながら、アイロンをあて、三つ折りを作ります。

この後、しつけ糸でしつけをかけておきます。

Img_1734

ミシンの針は、薄手用の9番、ミシン糸も薄地用90番。生地に合わせて、この2つを変えると、仕上がりがきれい。

Img_1736_2

ゆっくり、慎重に縫います。縫い終わったら、しつけ糸をはずし、突っ張り棒に通し、窓枠の所にセット。

Img_1750

出窓の部分少し、見えてもこんな感じ。北側廊下に歩く人の視線をちょうど遮る位置にカフェ カーテン。

ドレープ カーテンも実は、昔自分で作ったものです。その記事はこちら


| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

Organizing ideas : レール バーのフック

D7k_6650_2
FINTORP Rail    L=58㎝  Designed by Carina Bengs IKEA

イケアのレール バー。フィントルプ。購入する時に、フックを購入はしていなかった。代わりに、手持ちのフックを通して使っていたけれど、シリーズのフックをこの間、購入して取り付けたら、「やっぱりかっこいい。」

取り付けの時の記事はこちら

D7k_6648_2_3

遠くから見ると、大差はないけれど、フックの太さがステンレス製のものよりも太くて、鍋やレードルなどがひっかけやすい。フック以外にもいろいろなものが取り付けられる。

ここでは、ガスコンロの近くなので、可燃性のものは、引っかけたりできないけれど、かごや小さなバケツ、ペーパータオル ホルダーなども引っかけられるような商品の展開だ。

見た目の重厚さに比べお値段がリーズナブルなのも花丸もの。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧