2021年8月29日 (日)

Organizing Ideas : オーブンとレンジ

D7k_0889-3

 7月下旬にオーブン・レンジが壊れてしまいました。買い替え頻度を見てみると、最初に使っていたものは、長持ちしていたのですが、2台目、3台目は、8年ぐらいで故障。考えてみると、どんどん多機能になり、スチームが出たり、高温になったり、庫内は、ボロボロになりました。レンジ機能もディスプレーの切り替えなどが調子悪くて、だましだまし使いながらも、最後にはダウン。

なんだか機能は分けた方が、それぞれ長持ちするのでは、という仮説の元に作戦変更。シンプルに電子レンジは、「食品を温める機能があればいい。」ということにして、急いで、買い替え。IKEAでお手頃な小さめな電子レンジが発売されていたので、それにしました。

あとは、ネックのオーブン。やはり「高温で食品を焼く。」という機能だけのガス・オーブンにしようと思い、コンロ下にガス・オーブンを入れようと思いましたが、なかなか、取り付けまでに時間がかかりました。

既存の扉付きの収納庫の部分に入れることになるので、3社に下見、見積もりに来てもらい、3社めにして、工事可能、値段も納得という業者さんに出会いました。工事費が高額になる会社もあり、あきらめようかと思ったりした時もありました。

Img_1155_20210829165101

ガス・コンロを一旦、取り外してから、収納庫を引っ張り出しました。マンション入居の際、オプションで、オーブンを入れる選択もあったので、コンロ下の収納庫は、このように箱状にはめ込まれた状態になっていました。

この時、はずした両開きの扉材は、いつかまた、オーブンから収納庫に戻す時が来た時用に、取っておくことにしました。Img_1156_20210829165101

上から見た所です。

Img_1159

パパのアイディアで電気工事をしなくてもいいように、電気は、少し離れたところから、テーブル・タップ(アース付きのもの。ネットで購入)でオーブンの裏の方に伸ばしてくることで解決。これで、工事費抑制。

Img_1160_20210829165101

ガス・コンロと同じ、ノーリツのオーブンです。この組み合わせは、IKEA(ハーマン 同じもの)のシステム・キッチンでも取り扱っているものと同じでした。

工事の日は、とても暑い日だったのですが、2人がかりで確実に作業を行ってくださいました。

 

ガス・オーブンは予熱時間が、短く、しっかり加熱。キッチンも暑くなる感じ。かなりの熱風も扉を開けると出ます。まだ、使い慣れていませんが、パンやお菓子作り、ピザやグラタンなどに使い始めています。

この場所に入っていた鍋類は、エレクタ・シェルフに移動させることに。

D7k_0655

エレクタ・シェルフの下から2段目に鍋・フライパンなどを入れるスペースに。電子レンジは、開閉ボタンの位置を使いやすい高さにするとためにレンガと強化ガラス(昔使っていたテレビ台の扉)で台を作り、位置を上げました。

下にトレーを置く場所ができました。

D7k_0916

一番下は、3種類のゴミを置いていた部分でしたが、缶ゴミのみにして、残りは最近、ぐっと増えてきた保存瓶置場。

ビン類の下の板は、テレビ台の底板。キャスタ―付きで、ここにちょうど収まりました。

D7k_0905

ワゴンの上の炊飯器もまだかろうじて使えるけれど、蓋の部分が壊れかけているので撤去中。ご飯は、STAUBのラウンド 18㎝でガスで炊飯するようになりました。かわりにエレクタの下に置いていたトースターを置きました。

炊飯器を置いていた時よりも手前が空くので、ちょっとしたものを仮置きできる場所ができました。

等々、電気オーブン・レンジが壊れてあれこれ、変えてみたことをまとめました。

 

 

オーブンは、とにかく、20年ぐらい(無理かな~)長持ちさせられるよう、大事に使いたいです。

| | コメント (2)

2021年7月26日 (月)

暮らしの中のMy Work : グリーン ストライプのクッション・カバー

D7k_0600-2

太めの先染グリーンのストライプのクッション・カバー。一つだけ作って2つめは未完成だったものを夏本番になってきたので、昨日、完成させました。前回の記事はこちら

花柄のクッションもあったのですが、すっきりとした印象の方が視覚的に涼しを感じるので、こんな感じで過ごそうと思っています。

D7k_0570

前にも紹介したパイピング仕立てのクッション・カバーを作り方は同じです。私も自分の記事を見ながら作りました。こちら

ファスナーをつける一辺の縫い代を1.5㎝にしたことで、ゆとりを持って、ファスナーと縫い代を縫い合わせられるようにしました。

クッションが長方形(40㎝×65㎝)なので、ファスナーは、YKKのファスナー50㎝のものをそのまま使えるので、楽ちんでした。

Captainの太芯のパイピング・テープは、前に作った時のものをはずして再利用。

●材料 IKEA インナー・クッション FADRALE 羽毛 40㎝×65㎝用

型紙(ハトロン紙やトレーシング・ペーパーなど透ける紙で作ると柄合わせが出来る。)

   今回は、42.5㎝×64㎝にしました。40㎝×63㎝出来上がり寸法

表布 先染めストライプ キャンバス地

裏布 無地 中厚地

ファスナー 50㎝

ミシン糸 #30 (中厚地用)

ミシン針 #16 (中厚地用)

D7k_0573

ファスナーをつける長辺にパイピング・テープをしつけした後、ミシンで縫います。縫い代をこの辺だけは、1.5㎝にしたので、5mmほど、縫い代の方が出ています。押さえは、ファスナー押さえを使用。

D7k_0575 

順番は、以前の手順を参考にしていただいて、縫い代が1.5㎝になっているので、こんな感じになります。

D7k_0577

右側のステッチでファスナーと縫い代を縫い合わせています。

D7k_0581_20210726184801

緑の方の縫い代は、切りっぱなしなので、縁かがり。

その後は、手順は同じ。

 

長方形のクッションは、枕にもしやすく、お昼寝にも使えます。

この夏は、このストライプで乗り切ろう!

 

 

 

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

Organizing Ideas : IKEAの棚受け Ⅱ

Img_9510

RAMSHULT                by IKEA

 北側の部屋のドアの上にIKEAのブラケット(棚受け)を取り付け、物置きにしました。

もう一部屋の主にタンス部屋になっている方は2019年に取り付けて、季節外れの靴の箱などをどんどん載せられる(靴箱 4列3段収納可能)ので、すごく有効にドア上を活用できている感じなので、こちらもつけちゃいました。前回の様子は、こちら

IKEAに行くと、前回使用した製品は、もう終了で、こちらのタイプが後継品として販売されていました。

前回のデザインの方が、直角三角形の部分が広く、棚板のでっぱりを感じさせないデザインで、好きでしたが、前回同様、2方向使用可能で棚板30㎝でも20㎝でも使える棚受けです。

Img_9509

取り付けは、電動ドリル、鍋ネジ、皿ネジの2種類使用。

棚板は、前回同様、ドア幅80㎝の所なので、ホームセンターで30㎝×90㎝×1.5㎝の白の化粧合板を購入しました。

ネジの取り付けは、頭上の作業になるので、必ず下穴を開けてから、ネジを取り付けるといいです。

ドアの廻縁の下地は、硬いところもあったので、少し、穴を開けやすい場所を選んでやり直しもしましたが、どうにか取り付け出来ました。

D7k_0335-3

天井が見えなくなるので、開放感がなくなるかな、と思ったけれど、そんなに気になりませんでした。

子どもたちの懐かしい工作品やらおもちゃやら、使わないカバンなど、置きました。

 

| | コメント (0)

Organizing Ideas : IKEAのキッチンのバーの取り付け Ⅱ

Img_9810_20210620125301

BEFORE

Right     FINTORP       W=58cm   designed by Carina Beninng     IKEA

 以前にIKEAで購入して、自分で取り付けた FINTORP というバー。向かって右側は、前に取り付けたもの。

左側を新たに取り付けることにしました。マスキング・テープで「このあたりかな?」と印をつけてみたところ。

4月にお店に行くとモデルチェンジで新しいデザインのものが売られており、FINTORPはもう終了のよう。

いろいろパーツがあったけれど、バーのみセールで販売されていました。洗いかごもそういえば、買いました。

狭いキッチン、黒いバーと小物がぶら下がると「ちょっと、煩雑になるかな。」と思いつつ、このカリーナさんのデザインがIKEAの中でもクラッシックで好きなので、購入しておくことに。

以前取り付けた時の記事はこちら

Img_9811

① 説明書の図を見ながら、下地の金物のネジの位置に鉛筆で印をつけました。

Img_9817_20210526212201 

② タイルの目地に穴を開けて、ネジを取り付けますが、左のプラスチック・プラグを下穴に埋め込みます。ネジをモルタルの目地部分に取り付けることは、モルタルがもろくなり、ネジがかまずに無理なので。

プラグは外直径5㎜で30㎜ぐらいの長さ。いろいろなメーカーが出していますが、近所の金物屋さんで見つけたので、今回はこれを使いました。

ネジは、「鍋」と呼ばれる鍋底上の丸みのあるネジ頭のもので、径3.5㎜×長さ25㎜。

タイルの目地のみに穴を開けるなら、このぐらいのサイズがちょうどいい。IKEAで販売されているネジをこのバーを取り付け後、お店で発見し見ましたが、目地には収まらない太さだったようなので、自分でネジは場所に合わせて購入してよかったようです。

Img_9814

③ タイルなどにも穴を開けられるドリル・ビット 直径4.8㎜で穴を開けました。

Img_9818_20210620140701    

④ そこに、プラグの頭に当て木をしながら、穴に埋め込みました。

微妙にタイルも削れていますが、ちゃんと割れずに削れています。

Img_9819

⑤ ネジを取り付けますが、①の座金をネジの頭にひっかけるので、少しネジ頭を浮かせて取り付けます。

Img_9820_20210620125201

⑥ こんな風に、大きい穴から上にスライドさせ、小さい穴で、ひっかけるようにします。

ここで、釘頭がひっかかりがぎりぎりのサイズであることに気付きますが、なんとか大丈夫。

Img_9823_20210620125201

⑦ 座金と本体のブラケットを付属の小さなネジで止め、ブラケットをタイル面に取り付けます。

Img_9825_20210620125201

⑧ バーをブラケットに通したりすることは、説明書通りにすれば、問題なく出来ました。

同じシリーズのフックは、もう販売されていなかったので、右側のバーに取り付けていたフックを2つ外し、左側に移動。

D7k_0330

AFTER

出来た!出来たとなると、他の場所にかけていたレードル各種等、ぞろぞろとひっかけてしまいました。

FINTORPの後継品のパーツもつかえるので、ホーローの道具入れもかけれました。

ジャラジャラしていますが、それぞれの道具の場所が定まって、以前より調理中、片づけの手の動線は、楽になりました。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

Organizing Ideas :キッチン ワゴン

Img_7541

我が家はセミクローズドのⅠ型キッチン。キッチン カウンターの背後にエレクタのステンレス製のワゴンを置いています。

ワゴンの上部は、こちら

たぶん25年以上経過していますが、とても頑丈。キャスター付きなので、移動出来て、掃除も出来ます。

天板が厚手のステンレスなので、重いものをのせても大丈夫。

キッチン エイドのミキサー、炊飯器、ウェアリング社のブレンダーは、いつもこの位置。

最近は、出していませんが、パスタ マシーンを置いて、製麺もここで出来ます。こちら

Img_7542

昔、住んでいた町の商店街にあった金物屋さんで、小麦粉やお砂糖を入れる目的で購入し、だんだん増えていったポリプロピレンの容量1㍑の取っ手付き容器。Richell社の製品。今は、ないかも。前後8個ずつ計16個

強力粉、薄力粉、オーツ麦、ブラウンシュガー、グラニュー糖、片栗粉、パン粉、羅臼昆布、片口いわし、干ししいたけ等々、DYMOでラベリング。

取っ手付きで引っ張り出しやすく、軽い。プラスチック製品なので、どのくらいの耐久性があるかわからないけれど、まだまだ使えそう。

Img_7543

その横にアメリカ製のCAMBRO社 ポリ カーボネートの保存容器。昔、Williams-Sonomaで購入。

お米、のりの保存に。

Img_7544

一番下は、無印良品の引き出しに左に乾麺、右にプラスチックの袋。

このワゴンの中の容器類は、ほぼ確定状態。

本当は、プラスチック製品は、昔から使いたくない方ですが、どうしても食品の保存容器には、重ねるという機能もないと収納しきれないので、ここは、プラスチック製品の保存容器のオン パレードです。

 

 

 

| | コメント (2)

2021年2月18日 (木)

Organizing Ideas : 洗面所周り

Img_8253-3_20210218190601     

 洗面台横のキャビネットに昔、タイルでモザイクした状差しをかけてみたら、結構便利。

モザイクの状差しの作り方はこちら

Img_8217-2

歯磨き粉の残り少ないチューブの姿は、どうも絵になりません。ふたが大きくなっって、自立できるタイプでもそれは、同じ。

ここだと、しぼしぼのチューブも見えず、安住の場所となりました。

ブラシもちょうど、手の動線上、取り出して使ってまた戻すの動作が、少ないので、なかなかいいのです。

Img_8237

その他の工夫は、左側壁面上部にストックのハンド タオルを置くステンレス パイプの棚を自分で取り付けました。

タオル掛けもついているものにしました。濡れたタオルやダスターなど干すのに使っています。

Img_8185

あと、ちょっとした隙間にフックをつけました。パジャマかけ。Laura Ashleyのもの。

カットグラスのようなキラキラがついているのが、プチ ゴージャスな感じで一つだけ購入してここに取り付けました。

Img_8180_20210218190401

洗面台脇のキャビネットの取っ手もおそろいでキラキラのものにしています。洗面所の照明はダウンライトが3灯。樹脂ですが、カットグラスのような仕上げは、きらきら光が反射して楽しい。

Img_8199

それから、今日は、フェイス タオル入れの箱を塗りなおしました。白い油性ペンキが塗られていたものをやすりで剥がし、OSMOのウッド ワックスに塗り替えました。

Img_e8220

少し、木地の見える仕上げになおしました。

この箱にフェイスタオルを三つ折りにして、半分折りにして立てて入れています。

タオルは、どんどん使えるようにしています。

 

あれこれ、あれこれ考えては、出来そうなことは自分で交換したりしています。

そういえば、スイッチ プレートも磁器製のものに交換しています。

 

ゆくゆくは、洗面ボウルが実は、ヒビが入ったままなので、交換したい!

最近、色々研究中。

 

 



 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年1月22日 (金)

Maintenance :フローリングの傷の補修

Img_7709-3

 フローリングの傷。今の住まいに暮らして、あちらこちらに物を落として、傷が多くなりました。

年末大掃除の時、「かくれん棒」という補修ワックスで穴を埋めました。

お店で選ぶ時、家のフローリングを切り取って持っていくことも出来ないので、色みを特定することに悩みましたが、無難そうなブラウンにしました。

Img_7721-3

クレヨンのような形の製品。専用の電気ごてがあるようなのですが、それは、買わずに火で温めて、溶けたワックスを流し込みました。

動画サイトを見ると、専用こては、流し込みやすい形状でした。

Img_7730-3

ワックスが固まってから、へら状のもので、余分なワックスを削り取りました。

Img_7716-2

じっくりアップで見ると、明らかに補修箇所がわくるのですが、歩行中の視線から見下ろすと全然、どこかわかりません。

こんな箇所がいっぱいあったので、12月30日、大掃除の締めくくりで、気になる傷をすべて直しました。

家具も茶色なので、傷つけたところをあちこち補修。ちょっと、痛々しさがなくなり、安堵。

 

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

Ecological Steps :えひめ AI-2

D7k_9396-1

えひめAI-2 

 先週の週末は、レンジフードの掃除をして、年末の掃除を少し進めたような気になっていますが、掃除しながら「やっぱり、えひめAIが欲しいなぁ」と思っていました。愛媛県産業技術研究所が海の汚染により魚介類が減ったことをきっかけに産業用、家庭用の排水を少しでも分解された状態で河川に流してもらうために研究開発した微生物を使った液体の資材です。

何がいいのかというと、油汚れを分解する力が強いので、えひめAIを薄めた液を掃除に使うと汚れがするっと簡単に取れていくのです。

作るのに培養させる時間がいるので、忙しさにかまけて切らしていましたが、他の洗剤にはないメリットがあるので、やはり作っておくことにしました。

今回は、家庭用の作り方を愛媛県産業技術研究所がPDFにして公開しているレシピで作りました。こちら

D7k_9392-1

●材料 (500mlを作る量)

  納豆  1粒

  ヨーグルト(飲むヨーグルトでも可)  25g (大さじ1)

  ドライ イースト    2g  (一袋3gのものを使用)

  砂糖  25g(大さじ2)

  水道水  450ml

●作り方

  ①すべての材料を混ぜ合わせ、よく混ぜ合わせます。

D7k_9391-1

 ②500ml入る容器に入れ、ヨーグルトメーカーなどで30~40度で一週間培養します。この時、ガスが出るので、ふたはゆるめておきます。

 ③培養液のpHをpH試験紙で確認し、pH3~4になれば完成。

私は、ここまでしていませんが、前は2日ぐらいで加温をやめていましたが、このレシピ通りに前回から1週間加温するようにしました。

最初よりも少し酸性に傾くようです。

●使い方

スプレーボトルに入れ、油汚れに吹きかけ、しばらくしてこすると汚れが取れやすいです。

台所回り、洗面台まわり、トイレ、お風呂まわりに使います。重曹を研磨剤として一緒に使う時もあります。

冷蔵庫ある食品に含まれている菌類が雑菌の繁殖を抑え、油分、たんぱく質分などを分解してくれるようです。

前回は、植物のうどん粉病対策、土壌改良材として紹介しました。植物には、500倍から1000倍に薄めて使います。

その時の記事はこちら

 

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

Organizing ideas : 無印の綿麻ソフトボックス

Img_6437

綿麻ソフト ボックス L 幅35×奥行き35×高さ32㎝

無印の収納用品、このタイプ。一つひとつ増えてきましたが、最近またまた増やして、家族ごとの季節外れの衣料を入れることにしました。

ファスナーの金具に札を吊るして、誰のものかわかるようにしました。

でも、重ねると下がつぶれるし・・・。そうしたら、息子の部屋のエレクタ・シェルフ、物がなくなったことに気付きました。

Img_6435

HOME ELECTA  W90×D35×H180㎝

ここに入れるとぴったり。やったー。あまり考えないで、ソフト・ボックスだけ増えてしまいましたが、

子ども部屋の荷物が片付いたので、ここにすっぽり入れることができました。

エレクタ自体、網だなで本の収納には、不向きで、奥行きも35㎝あり、ちょっと大きく持て余していたのですが、まるで考えた収納のように収めることが出来ました。

満足.満足。

 

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

Organizing ideas : IKEAのラタン・バスケット

Img_6445

台所にELECTAシェルフを使っています。奥行きが45㎝あるタイプで、電子レンジも置いています。

最上段は、ナチュラルな柳のバスケット2個を置いていました。

20年以上使用し、取っ手のあたりがぼろぼろ。IKEAのGABBIGという焦げ茶色に染めた藤のバスケットに変えました。

Img_6425

GABBIG 高さ25㎝幅29㎝×奥行き39㎝

Img_6426

写真を撮って、気づいたのは、こちらにも取っ手を作っていること。

棚が30㎝だったら、こちら向きで入ります。

 Img_6444

シックな焦げ茶色のかごになり、前のかごより落ち着いた感じになりました。

1つ目は、お茶などのストック、2つ目はお菓子、シリアル、3つ目はテーブルクロス、エプロン、など。

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧