« Organizing ideas : カウンター下の引き出し | トップページ | Maintenance : キッチンの壁の塗り替え »

2024年5月13日 (月)

Maintenance : ユニットバスの入口枠の塗り替え

Img_1746

BEFORE

 3月末に、大規模修繕工事も終わり、修繕されたいろいろな部分を見て「塗り替えれば、きれいになるんだー!」と実感。

そう思うと、家の中もまだまだ自分でも修繕できるところはあるな、と思い、いくつか修繕を行ったので、紹介していきます。

まずは、お風呂の入り口の枠の塗装です。特に下地が見えるほどの深い傷があちこちにあり、水に塗れる場所なので、黄色信号の状態でした。

近所の金物屋さんで見つけた大日本塗料のサンデーペイント「水性つやありウレタン建物用 1/5L ミルキーホワイト」という小さな缶がありましたので、これを使うことに。最近は、塗装ペイントも水性塗料が多くなっていて、塗装作業中も後始末も匂いなどの有害物質の放出が少なく、楽に作業ができるようになっています。道具も水洗いで再び,使えます。

まずは、気になる傷の部分に木工パテを刷り込み、硬化。しばらくして表面をサンドペーパーで平らにしました。その他,壁用に買ったシーリング材も小さな傷を埋めるのに使いました。

その後、マスキング・テープで周りにペンキが付かないように養生。廻縁をぐるりと塗るので、頭にペンキがかからないようにバンダナで頭を覆い、学生時代から使っているつなぎに着替え、自分も養生。

Img_1751

スーと塗りながら返しバケ、ちょっと幅が広かったローラーも使ってみました。出来たら乾燥させ、時間をおいて合計3回、塗りました。最後にマスキング・テープをすーっと剥がすとあの痛々しい傷は、見えなくなり、きれいになりました。ペンキが残っているので、近所のお友達のお家にも塗りに行ってあげようかな、とちょっと思いましたが、おせっかいなのでやめておきました。

「やればできる!」と自分にも廻縁にも言い聞かせるように、完成。

Img_1761

AFTER

自分の家の浴室の廻縁ごときに大満足もなんですが、SDG’s的にもすぐリフォーム業者を頼っていては、お金も資源も労力ももったいない、古くなっているからこそ、逆に思いきって、こんなDIYメンテナンスも取り組める時期ではないかと思っています。

ちょうど、今朝、リフォームを始めるため廃棄される水回りリフォームの部材がトラックいっぱいに積まれるのを眺めながら、(ちょっと、どんな風になるのかな?)私は、自分の楽しみとして修繕していこうと思っています。

引き続き、掃除はちゃんとして、傷んでいるところは、自分でなおせるものはなおし、ダメな時はお願いして、自分の頭と手を使い、メンテナンスに励んでいきたいと思っています。

| |

« Organizing ideas : カウンター下の引き出し | トップページ | Maintenance : キッチンの壁の塗り替え »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

◇Maintenance」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Organizing ideas : カウンター下の引き出し | トップページ | Maintenance : キッチンの壁の塗り替え »