« My Favorite Desserts : ガトー・オ・ショコラ | トップページ | 季節のGarden Work : ボックス・ウッドのトピアリー剪定 »

2024年3月11日 (月)

季節のGarden Work : コニファーの鉢増しと強剪定


Img_1310

Juniperus scopulorum 'Moon glow'


自宅マンションの外構部に2003年より緑化のために置いた鉢植えのコニファー。育て始めてあっという間だったような20年経過。昨年、2回目の大規模修繕工事の際、移動させましたが、今は元の場所に戻し、春に向けて新緑を茂らせて欲しいと願っているところです。2007年の記事はこちら

このコニファーは、コロラド・ビャクシン’ムーン・グロー’ という品種で、ブルーの葉色と最終樹高が3mという、コニファーにしては小型であったので、鉢植え栽培に向いているのではと思い、宇都宮にあったワンダー・ガーデン花工房 (現在は、廃業されたようです。とても詳しくコニファーの品種を紹介し、栽培されていました。)から送ってもらったものです。

今回は、樹高に対しての鉢のサイズがバランスが悪くなってきているので、一度、ポットから出して直径42㎝のDEROMA、リム・ポットに植え替えました。一回り土を足す感じでした。

Img_1309

それから、今まで壁面に向けて葉が茂っていない部分、この春より眠り芽を萌芽させていと思い、全体を強剪定。全部刈り込んでは、光合成出来ないので、枝のボリュームをぐっと2周りは、刈り込みました。透かしもしました。

樹芯も勢いのあるもの切り、上への生長を一時ストップさせようと試みています。

最後に今まで葉が茂っていなかった面を南向きにして、春からの生長に備えるようにしました。さあ、これからどうなるかな。

| |

« My Favorite Desserts : ガトー・オ・ショコラ | トップページ | 季節のGarden Work : ボックス・ウッドのトピアリー剪定 »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« My Favorite Desserts : ガトー・オ・ショコラ | トップページ | 季節のGarden Work : ボックス・ウッドのトピアリー剪定 »