« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月29日 (木)

My Favorite Desserts : ガトー・オ・ショコラ

D7k_8936

 先日、息子が久しぶりに帰って来るというので、ガトー・オ・ショコラを作りました。チョコレートの入ったお菓子が大好きで子どもの頃によく作ってあげたもの。焼きあがったものをお嫁ちゃんへのお土産に缶に入れて持って帰ってもらいました。

基本は、「ル・コルドン・ブルーのフランス菓子基礎ノートⅡ」文化出版局刊です。

今回は、レシピをよくよく見ると、「直径18㎝のマンケ型」と書いてあるのに気付きました。我が家のマンケ型は、直径20㎝。どうりで薄いブラウニーみたいなケーキでした。それからいつも製菓用に使うベルギーの板チョコ(Cote d’Or)コート・ドールが2枚で150gで、レシピがチョコレート 125gのところを直して、今回は作ってみました。

 

●材料 直径20㎝のマンケ型 (バターを薄く塗り、強力粉を薄くはたいておき、冷蔵庫に入れておく)

ダーク・チョコレート 150g おすすめは Cote d'Or Noir de Noir 1包

無塩バター      150g

卵  Mサイズ     4個

グラニュー糖      150g

薄力粉 (ふるっておく) 65g

 

●作り方

① ボールに刻んだチョコレートとバターを入れ、湯煎してとかす。

② 湯煎から外し、溶いた卵黄を加える。

③ 卵白を泡立てる。少し、泡立て泡が出始めたら、グラニュー糖を一つまみ入れ、残りは、3回に分けて入れ、角が立つまで泡立てる。

④ ③の卵白を②に少し入れ、なじませる。

⑤ ④を卵白に加え、泡をつぶさないようにさっくり混ぜる。

Img_1245

⑥ ④に薄力粉をふるいながら加え、泡をつぶさないようにボウルを回しながら、切るように混ぜる。

Img_12482

⑦ マンケ型に生地を流し込み、2~3回台にたたきつけて空気を抜き、回転させながら、中心をくぼませる。

⑧ 180度に予熱しておいたオーブンで30分焼成。串をさして、何もついてこなければ、OK.

Img_12491

⑨ 焼きあがったら、型から外し、冷ます。仕上げに粉砂糖をふる。

 

ちょっと、型から外す時に角がかけてしまいましたが、粉砂糖をかけると、七難隠されます。Img_12841

20㎝の8等分の一切れは、結構食べ応えがありましたので、お洒落にお出ししたりするときは、12等分ぐらいにして、アイスクリーム、フルーツを添えるといいと思います。

 

 

 

 

 

   

| | | コメント (0)

2024年2月25日 (日)

Organizing ideas : シューズ・ケース

Img_1207

SKUBB Shoes box IKEA

数年前に、室内ドア  枠の上部に棚受けを付け、季節外れの靴箱を置くようにしました。Dymoでラベルを作って、箱の側面に貼って、下から見てもどの靴かわかるようにしていました。IKEAの棚受けを取り付けた時の簿ログはこちら

最初は、IKEAの棚受けとホームセンターで購入した幅90㎝の白のカラーボードのみ満足でしたが、今回、IKEAのシューケースがふた部分がメッシュになっていて、中身が見えることが便利だと知って、買い込んできました。

Img_1212

靴の入っていた箱は、空箱になった時に、季節外れの靴を入れたりしていて、必ずしもラベル通りに収納しないので、こちらの汎用できるシューケースは、便利です。見た目もばっちりそろって整然と見えるようになりました。下すときは、足台にのっておろしています。

 

| | | コメント (0)

2024年2月23日 (金)

The roses : 冬のバラ仕事

 D7k_0073

2023 Summer

 大規模修繕工事の間,枯れてしまったバラもあり、手持ちは3鉢になってしまいました。一鉢目は、私がベランダで育てていて一番強い「HT第一号」と言われるラ・フランス。リバーシブルのピンクの濃淡でパールが入ったような花びら。毎年初冬までつぼみをあげて咲こうとする姿もたくましいのです。2007年より新苗で育ててきたものです。

もう一つは、Andre EveのHT、ジュビレ・アンぺリアル。育てて8年目。こちらもなんだか、強い。オールド・ローズの花形ですがHT,

Img_12321

この2鉢の土替えを先日完了。冬剪定は、1月下旬に行っています。昨年も今年も暖冬気味なので、冬でも葉が残っていました。昨年は、葉を落とさないで育ててみると、花がまり良くなかったので、今年は、しっかり手で葉を落として、強剪定しました。

Img_0964

    Rosa 'Moon light' Hmk   Pemberton 1912 Britain                                                                    

 大規模修繕中、日当たりがベランダと違うので、枝葉が元気に伸びたムーンライト。こちらも冬になっても葉を落とさないので、1月20日に手で葉をむしって、剪定と誘引をしています。

Img_0978  

   Jan.20.2024

今まで、ビニタイは誘引に使わなかったのですが、オベリスクのポールが滑るので、今回使って誘引しました。

ムーンライトは、2代目。先代は、27年育てていました。葉色が明るい緑色で風に揺れる姿がきれいなので、他のバラも考えましたが、やはり、このバラに。

2022年に新苗を購入。今年は、久しぶりに枝が長く伸びているので、上の方でも花が咲きそう。

 

 

 

 

| | | コメント (0)

Veranda Garden : 春の準備

D7k_8916

Feb.18.2024

 先日は、暖かくなってきたので、大規模修繕以降、ほとんど何もしていなかったベランダの鉢植えの植え替えを行いました。

写真は、ヨネヤマ・プランテーションで真冬に購入したパンジー。マンションの工事で手持ちの土も外構の植え込みに入れてなくなっていたので、先日、赤玉土、堆肥を買いに行き、自分でブレンドした用土を作りました。

赤玉土 中粒 3

赤玉土 小粒   3

バーク堆肥   2

もみがらくん炭   1

やしガラ    1

ゼオライト 0.5

いつも,こんな感じ

D7k_8922

鉢底網を置いて,鉢底石を敷きつめ,小輪バンジー2株,両脇にツルニチニチソウ。パンジーは多少白根がまわっていましたがギリギリセーフ。下葉が栄養不足で少し黄色くなり始めていました。

Img_1236_20240223080801

ベランダ仕事、ひと片付け。


| | | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

Organizing ideas : 小さな棚の取り付け

Img_11881

 キッチンのタイル壁に木製の奥行き13cm,幅60cmの棚をつけました。お塩がゲランド産、能登産,明石産等、増えてきて、用途に合わせて小さな瓶から大きな陶製の容器まで並び、調理台が狭くなってきたからです。

まずは、タイル目地にモルタル,タイルも大丈夫なドリル歯4.8mmで2か所、穴を開けました。片方は下地の角材にあたり,木ネジがしっかり止まりました。

以前にレンジまわりにIKEAのバーを取り付けた時と同じ方法で行いました。その時の記事はこちら

Img_12142

Fischer プラスチック・アンカー 5.0㎜×25㎜

片方は,モルタルの下は下地でその後,中空。以前も使ったプラスチック製の穴の補強プラグを埋め込み、木ねじを取り付け。

Img_11631

棚受けは、昔、Doitで購入したアメリカ製のブラケット(棚受け)実は、ベランダの室外機カバーに使っていたものを転用。色もとりあえず、そのまま使ってみることに。室外機カバーの記事はこちら

Img_11671

木ねじの頭を5㎜ぐらい浮かせて、金具の穴に引っかけました。

 Img_11921

棚板60㎝でモールディングしてあるものをそのままとりあえず置いて、あれこれ置いて完了。

色も、ペンキを切らしているので、このままですが、白っぽい色にするかもしれません。

棚受けと棚板をネジでとめるか、接着剤でとめるかは色塗りの後にするつもり。

水平器できちんと計り、傾きはないです。

 

取り付けてみて、よく使う「お塩一つまみ」という動きが手軽に瓶に触れられるようになり、便利になりました。

娘のお気に入りの能登のお塩もおむすび用に大事にここに置いています。

 

| | | コメント (0)

2024年2月15日 (木)

Organizing ideas : 刺繍糸の整理


Img_9198_20240215075501

 高校生の頃、本に載っていたクロス・ステッチの作品を作りたくて,学校の帰りに時々手芸屋さんに買いに行きました。中でもDMCの糸が艶や色出しが微妙で最高!と思いながらお小遣いで買っていました。それらをクッキーの空き缶に入れていましたたが、ゴソゴソ探すようなので,ある時から色の系統別に名刺整理用のクリアポケットファイルに入れるようにしました。

Img_9201

こうすると、パッと見て微妙な色の違いもわかり,いいアイディアでした。しかし、デメリットは、ファイルがふくらんでしまうこと。

 Img_9205_20240215202001

BLIS        IKEA

IKEAの子ども用の整理用品にBLISという小箱があります。中身がうっすら見え,蓋ができて,スタッキングできるもの。そして何よりリーズナブル。

Img_9204_20240214002701

移し替えていくと,これもいい。しかし今までファイルよりも場所取りですが,なんだか気に入っています。

Img_9890

バラバラの絵の具を入れるのにも便利。

| | | コメント (0)

2024年2月10日 (土)

Visiting a place : 浄土寺 尾道

Img_1116_20240205160001

Jodo-ji          Onomichi                           Jan.5.2024

 お正月に帰省した際,尾道の浄土寺に行きました。10年ほど前に読んだ宮大工の松浦昭次さんの著作「 宮大工 千年の知恵」の中で、中世の寺院建築の中で『いちばん美しい』と称していらっしゃったからです。また、娘が映画が好きで、小津安二郎監督の「東京物語」のロケにも使われたことを知っていたので、みんなで行くことにしました。

今回は車で背後の山の脇を通る道路を下って浄土寺に入りました。海岸部との落差が激しい道でした。

車を止め,道路を横断すると,すぐに急な階段があり、ヨイショヨイショと上って行くと、中間部分にJRの高架が目の前に見え,びっくり!

このお寺以外にも、いくつかのお寺が同じようになっています。そのことをこの日、お好み焼き屋のおじさんに話すと、「しょうがなかったんよー。海運から鉄道に変わっていく時、(海からの平地が狭い)尾道はそうするしか。でも踏切がないでしょ。お金を出してくれる人がいて、高架橋を作って鉄道を通したんよ。」っと。なるほど、明治以降、尾道が街の産業を継続していくために運送手段の変更は絶対に必要で、景観よりも鉄道が通ることが優先事項であったということだったのだ、とわかりました。

Img_1119_20240205160001

階段を登り振り返ると,そこはターコイズブルーの尾道水道と向島が見下ろせ、海がキラキラと光っていました。また,山門の上の空には,鳩の群れが旋回してお出迎え。

Img_1117_20240205160001

寺の外構の焼杉の外塀が続く道は、花崗岩の敷石で風情のある道でわずかに上り坂。思わず、母,夫,娘に立ってもらい,記念撮影。ここを車が通っていたのには、びっくり。車のCMに使えそう。

Img_0593_20240205160501

門をくぐると、本堂が見えました。灰色の瓦の色の濃淡がモザイクのようにちらちらして古色を帯びていました。この日は、新年開けた頃でしたので、5色の布でお堂が飾られていました。建物の幅に対して屋根のボリュームが幾分大きいように感じながら、その屋根に目が釘付けになりました。軒先の反りがしなやかに空を切るように上がっています。それを目で追うと背後にある瑠璃山の山体をおのずと見上げ、その上の青空が見え、のびのびとした気持ちになりました。

Img_0600_20240205160501

松浦さんの本には、この屋根の反りを作るための工夫が書かれていました。浄土寺から帰って来て、もう一度読み返すと、ようやく実感とともに内容がわかってきました。

四隅の柱は、他の柱よりも高く据えられ、大きな屋根を下から支える垂木は、二重に取り付けられ、勾配を緩やかにさせてある。おのずと下がってくる四隅軒先の垂木の間隔を下から見た時に美しく見えるよう広げたり、縮めたりしているそう。そうなってくると、柱と柱の間隔も等間隔ではなか,作られているそう。初めに垂木の間隔があって、柱の間隔が後になっていそう。

こうなってくると、木材を細かく加工する大変な作業なのですが、それをやっている、というのです。

そしてこの浄土寺の昭和の大修理の際、松浦さんは、修復に携わりながら、建てた人物の名前が棟札(建築、修理の記念として、棟木・梁などの建物の高所に取り付けた札)を発見したそうです。そこには、藤原友国、藤原国貞と書かれてあったそうです。

Photo_20240217201301

Todai-ji  South gate         1199年                    Aug.2010

この二人についての歴史的なことは、わからないと書きながら、棟札の二人は、鎌倉時代の東大寺の大工であると、松浦さんは、書いていました。

この寺の歴史は、開基(寺院を創立すること)は、616年、聖徳太子(574年~622年)と伝えらています。飛鳥時代には、聖徳太子自らも船に乗って瀬戸内海を渡ったであろうし、遣隋使を中国大陸に送ったわけですから、地理的にも瀬戸内海の海上交通の要所となる尾道に、聖徳太子のゆかりの寺が置かれた訳です。

その後、『文治2年(1186年)紀州高野山大田荘の政所となり、後白河院(1112年~1192年)の勅願所となった。』と寺の案内板に書かれていました。

Img_7787_20240205182501

中世の瀬戸内海の海上交通路       国立歴史博物館展示

また、東大寺南大門について調べていると後白河院の院宣(いんぜん・・・上皇の仰せをうけたまわった側近がその意を発信する文書)によって、再建が進められたという記述があり、後白河院がどうもキーパーソンではないかということがわかってきました。そういえば、後白河院は宮島の厳島神社の裏手に今も残る「後白河院手植えの松」というものがあり、船に乗り瀬戸内海を渡っていくことも多々あったのです。

となると、1199年、現存する東大寺南大門は、完成。その後、東大寺の大工は後白河院の勅願所である浄土寺のお堂の設営に派遣された、のでしょうか。でも後白河院の崩御が1192年なので,東大寺再建をした大工がそのまま,派遣されたわけではなくて,東大寺大工としてその後,働いていた大工が浄土寺の再建に携わったのでしょう。いろいろ調べていると,今でも東大寺には東大寺大工作業所というものがありました。1325年に羅災して1327年に建て直したのが、前述の二人。

二人の工匠は東大寺で学んだ大仏様と従来からの和様の長所を合わせた折衷様でこの浄土寺を建てているということです。松浦さんは、工匠は瀬戸内海の陽光きらめく尾道で東大寺南大門よりももっとのびやかな仕事を残している、と評しています。

実際、浄土寺を訪れ本堂も入らせていただきましたが、素人では、どこが大仏様で、どこが、和様だと判断できませんでした。ただ、お堂の中はとても暗く、天井は、格天井、柱や組み物は非常に太いものでした。

家に帰ってから、2010年に訪れた東大寺の写真と浄土寺の写真を比較してみると、屋根の瓦の置き方、反りの形がほぼ、同じことに気付きました。そこで、この屋根の形を使う寺院建築を『日本建築様式史』BSS刊で探すと、法隆寺大講堂(990年)の屋根が見つかり、文には「最古の野屋根(のやね)」というものであることが分かりました。

「野屋根」とは、一つの建物の中に仏堂と拝む場所である礼堂を一緒にして、大きな屋根で覆うというもので、日本独自の建築方法だそうです。雨の多い日本では軒は、必ず必要ですし、空間を覆う大きな屋根を支えるため垂木の部材に工夫を重ねました。複雑になった屋根裏は、天井を張ることで、隠すことができるようになりました。四隅を跳ね上げるのは、美観からだけでなく、少しでも堂内に光を入るようにしていたそうです。これは、唐様の影響。

また日本は、雨が多いので、古来より高床の住居を作ってきたことも寺院建築においても取り入れたいということもあり、禅宗寺院の講堂のような石張りではなく、床を張ったお堂を作っていくという日本独自な建築技法が考えられていったことがわかりました。

Img_0608

娘がいつの間にか,鳩の餌を買って、パッと投げると、鳩がたくさん舞い降りてきたかと思うと,小さな女の子が,「わー!」って鳩を驚かせて飛び去ってしまいました。娘曰く,「えーん!二度と近寄ってこなかったー!」

でも,後から,お好み焼き屋のおじさんが言ってた話ですが、「尾道の子は,浄土寺の鳩と遊ぶ。」って。

関東だと,そんなことやったら,親は何してるの!と白い目で見られそうですが、ここは、尾道。

子どもらしい姿も、尾道の風土は,のびやかに育んでくれるところなのでしょう。

鐘楼からの眺めを見ていると、ここが笠智衆さんと原節子さんが立ち、「東京物語」のラストシーンを撮った場所だと娘が教えてくれました。

 

 

 

| | | コメント (0)

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »