« 暮らしの中のMy Work : 革のキーケース | トップページ | Container Gardening : カメリア ’エリナ・カスケード’ »

2022年6月 3日 (金)

About Baking : Hamburger

D7k_3307-1  

 日曜日にハンバーガー用のパンを焼き、中身は娘が準備してくれて立派なハンバーガーを食べることができました。

レシピは、最近いつも使っている『ル・コルドン・ブルーのフランスパン基礎ノート』文化出版局 から

’Petits pains au lait’ プティ・パン・オ・レという牛乳の入ったパンのレシピから。それを丸型に焼き、卵で照りをつけたもの。

D7k_3297-1

Petits pains au lait

●材料

  フランスパン専用粉 340g

  生イースト        15g

  塩            8g

  ブラウン・シュガー  10g

  牛乳           200㏄

  無塩バター        30g 室温に戻したもの

 

  溶き卵      適量

●作り方

① ボウルに入れてた粉の上に生イースト、砂糖、塩を散らし、牛乳を徐々に加えながら、ミキサ―(又は手で)で混ぜていく。

② バターを小片に分けながら①に混ぜ込み、なめらかで弾力のある生地にこねていく。

③ ボウルにラップをかけて一次発酵。2~3倍に膨らむまで1時間ぐらい。

④ 台の上に粉をふり、生地を100gずつに切り分け、手のひらでガスを抜く。とじ目を下にして手で丸め、オーブン・ぺーパーを敷いた  天板に並べる。

⑤ 表面に溶き卵を刷毛で塗る。直接、生地に触れないような覆いをして2次発酵。倍ぐらいの大きさになるまで。

⑥ 焼成前にもう一度、溶き卵を塗り、200度に予熱したオーブンで15分ぐらい焼成。

D7k_3303

なんだか、かわいいクリクリっとしたバンズが出来た。

あとは、バトンタッチ。

何を見て作ったのかは、わからないけれど、

D7k_3298-1

冷蔵庫にあった生協の冷ひき肉でパテを作り、玉ねぎを輪切りにして焼いたりして、具材を準備してくれました。D7k_3309

組み合わせるとこんなになっちゃいました。

欲張りバーガーで、あごが外れそうでしたが、とにかく出来たてで美味しかったです。

最近、めっきり筋肉が落ちてきた私には、赤味のひき肉バーガーはお気に入りの元気の素。

|

« 暮らしの中のMy Work : 革のキーケース | トップページ | Container Gardening : カメリア ’エリナ・カスケード’ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

◎About Baking」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暮らしの中のMy Work : 革のキーケース | トップページ | Container Gardening : カメリア ’エリナ・カスケード’ »