« Visiting a Place:伊豆の国 願成就院 | トップページ | My Favorite Dessert : C&Fのショコラ 2022 »

2022年2月13日 (日)

季節のGarden Work:鉢植えのバラの土替え 2022

Img_1982

                        Feb.6.2022

 寒い日が多い冬ですが、少しずつ春を感じるようになってきました。少し、昼間に暖かい日にベランダのバラの土替えを行いました。

Img_1987

生育旺盛なバラを鉢からバラを抜くと、元気な白い根が下の方に伸びていました。ジュビレ・アンぺリアルというバラ。

古土を落とし、根を1/3ぐらいハサミで切りました。古土をふるいにかけ、根を取り除き、大きな赤玉土や鉢底石を集め再利用。Img_1985_20220213173101

赤玉土中粒 一袋、古土(ヤシガラチップ入り)   6割

バーク堆肥 一袋、     3割

もみ殻燻炭         1割 

ゼオライト         0.5割

有機石灰          少々

ベランダにシートを引いて、上記のような配合で混ぜます。古土は、緑の箱に入れておき、休ませておいたものを使用します。

Img_1988

① 鉢底ネットを敷き、鉢底石を3㎝ぐらい入れ、用土と1/3ぐらい入れます。

② 顆粒の有機質の元肥を一握り入れ、用土とよく混ぜ、根を開くようにして、バラを鉢に入れました。

③ 接ぎ木部分が埋まらないようして、用土を根の周りに入れました。角材で苗を支えておくと用土を入れやすいです。こちらを参照

④ メデールを水に溶かし、潅水しておくと、植え替えのダメージを軽減してくれます。

⑤ 最後に枝の剪定を芽の上で斜めに行いました。

 

いつも、ちょっと冬場の負担ですが、これを行わないと鉢バラは、限られた土の中で生育しているので、生育不良になっていってしまい、いい花が咲きません。

2022年現在は、以下のバラをベランダで育てています。

Moonlight

La France

Jacqueline du Pre

Jubile Imperial

Honorine de Brabant

Coupe d'Hebe

 

 

|

« Visiting a Place:伊豆の国 願成就院 | トップページ | My Favorite Dessert : C&Fのショコラ 2022 »

ガーデニング」カテゴリの記事

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

□The Roses」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Visiting a Place:伊豆の国 願成就院 | トップページ | My Favorite Dessert : C&Fのショコラ 2022 »