« Natural Beauty : 小網代の森 | トップページ | Visiting a place : 神奈川沖浪裏とドビュッシー »

2022年1月 9日 (日)

About Cooking : おせち

D7k_1553-3

Osechi    New year’s dishes              Jan.1.2022

  今年も帰省は控えたので、自宅でお正月を迎えました。お重を使うのは、2年目。お料理が出来ていれば、後はお重に詰めればなんとか恰好がつくだろうと思いながら、31日は、ひたすらお料理を作っていました。お重のことについては、こちら

スケジュールはこんな感じでした。

12月27日 黒豆の煮汁を煮溶かしたものを冷まして、黒豆を一晩つけておく。今回は、アルコール分を飛ばすためにこの時点でポルト酒を1/2カップ入れてから翌日から煮ました。黒豆の作り方の記事はこちら

D7k_1452-1

12月28日 朝から黒豆を炊く。STURBで蓋をして、10時間ぐらいは、ゆっくり煮て、今年は、つやぷっくりの大成功。

D7k_1529

12月30日 買い出し 三崎の産直センターで三浦大根等野菜やカズノコを購入。夜に紅白なます下漬け。

★昆布を水につけておく

12月31日 紅白なます本漬け、一番出汁、二番出汁、栗きんとん。生協のお正月食材到着、いり鶏、サーモンのディル風味マリネ、牛肉の八幡巻、ラフテーと切り昆布の炊き合わせ、おまけにモカロールケーキ 

D7k_1536-1

作ったものは、冷蔵庫に入りきらないので、北側の部屋の出窓へ。

D7k_1550-1

元旦 お雑煮を煮ながらお重詰め。今回は4人分なので、ぎっしり詰めていきました。黒豆、きんとんは個々に盛り付け。

お重☆印のついたものを自作。あとは、生協で頼んでおいた加工品を使いました。

海のもの 紅白蒲鉾

     数の子

     海老の養老煮 ☆

     胡桃入れ田作り

     紅鮭の昆布巻き

山のもの 錦玉子

     八幡巻 ☆

     ラフテー ☆

     きのこのマリネ ☆

     グリーン・オリーブ、カシューナッツ    

Img_1781

いり鶏、紅白なますを鉢へ。

Img_1783-2

若狭の小鯛笹漬けを玉ねぎ、三つ葉でゆずドレッシングでさっと和えたもの。

Img_1790

お雑煮は、主人の実家の味に寄せて。一番出汁に鶏や根菜が入り、薄口醤油で仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« Natural Beauty : 小網代の森 | トップページ | Visiting a place : 神奈川沖浪裏とドビュッシー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

◎About Cooking」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Natural Beauty : 小網代の森 | トップページ | Visiting a place : 神奈川沖浪裏とドビュッシー »