« Nature Craft:クリスマス・リース 2021 | トップページ | Glassware Collection : 骨董の硝子猪口 »

2021年12月10日 (金)

My Favorite Desserts : クグロフ

D7k_1267_20211210191401

Kouglof

 いつも12月の上旬にPaulのシュトーレンを母に送っていましたが、今年はクグロフを作ってみました。クグロフは、僧侶の帽子からイメージされたという型に入れた卵やバター、砂糖、ドライ・フルーツが入った甘いパン。今まで何も考えないでクグロフ型を使っていたのですが、型の中央の煙突のような部分は、大きなパンやケーキなどを焼いた時に中心部にも熱が入る造りになっています。

参考にしたのは、『ル・コルドンブルーのフランスパン基礎ノート』文化出版社刊のレシピです。ここでは、レーズンをラム酒に漬けますが、本場ではレーズンをキルシュに漬けるようです。今回は、フルーツをクリスマス・カラーにするといいと思い、緑色のレーズン深紅のクランベリーを入れてみました。母用に小さなクグロフ型を新しく購入。18㎝のものの半分の容量です。

●材料 クグロフ型 直径18㎝ 1台分

フランスパン専用粉 準強力粉 2cup (およそ250g )  

生イースト   12g

塩  小さじ1

砂糖  大さじ2

牛乳 60~75㏄ (卵の量によって、加減)

卵 2個 (溶いておく)

バター 75g (室温に戻しやわらかくしておく)

 

レーズン、グリーンレーズン、クランベリーのラム酒漬け 70g (お湯で周りのオイルを流してから、ラム酒に漬け、水気を切る)

クルミ、アーモンド 1cup 

粉砂糖

アーモンド・スライス (型の底にしく)

 

●作り方

① ボールの中に粉を入れ、中央にくぼみを作り、生イースト、塩、砂糖を入れ、牛乳、卵を注ぎながらミキサーで生地をこねる。

② 室温に戻したバターを入れる。

③ ドライ・フルーツ、ナッツを入れ、1時間くらい一次発酵。

D7k_1243

④ パンチダウンして、型の大きさに合わせて、生地を分割。少し生地を休ませる。

D7k_1245_20211210190701

⑤ 型のまわりにバターを塗っておき、底にアーモンド・スライスをしく。ホール・アーモンドをくぼみに置いてもいい。

D7k_1244_20211210191401

⑥ 指を2本入れて、中心に穴を開ける。

D7k_1246_20211210191401

⑦ 型の1/3ぐらいまで生地を、生地が2倍に膨らむまで、発酵。

D7k_1247_20211210191401

⑧ 発酵完了。右の方は、型に対して生地が多かった。

D7k_1248_20211210191401

⑨ 200度で50分焼成。

D7k_1261_20211210191401

⑩ 断面はこんな感じ。もう少し、ドライフルーツが入っても良かったような。あふれちゃったので、飛び出していた部分をナイフで切りおとしました。

D7k_1262

⑪ 粉砂糖を茶こしに入れ、上からかける。

D7k_1269_20211210191401

⑫ なんだか、非常に日本的なラッピングになりました。紐は自分で作った撚り紐がたまたまあったので、それで結びました。

食べた感想は、フルーツ・ケーキのようで、そうではないので、思ったより甘味が少なく感じました。でも生地のほのかな甘みとナッツやフルーツが時々あって、かみ応えがあります。一切れで満足。明日も食べよう。軽くトーストしてもいいよう。

蜂蜜をお皿に少し垂らして、ちょっとつけて食べるといい。Wikipediaでは、『食べる直前に粉砂糖をかける。』ってのっていました。

フランスのお菓子職人さんが独自に考えたアイディアでは、まだ熱いうちに、キルシュ入りのシロップを刷毛で塗り、しみ込ませるというもの。これも今度やってみたい。

 

私は、ハチミツやジャムをお皿に少し出して、クグロフに少しつけながら、食べました。

 

 

 

 

 

 

|

« Nature Craft:クリスマス・リース 2021 | トップページ | Glassware Collection : 骨董の硝子猪口 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

◎My Favorite Desserts」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Nature Craft:クリスマス・リース 2021 | トップページ | Glassware Collection : 骨董の硝子猪口 »