« 2021年10月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月10日 (金)

My Favorite Desserts : クグロフ

D7k_1267_20211210191401

Kouglof

 いつも12月の上旬にPaulのシュトーレンを母に送っていましたが、今年はクグロフを作ってみました。クグロフは、僧侶の帽子からイメージされたという型に入れた卵やバター、砂糖、ドライ・フルーツが入った甘いパン。今まで何も考えないでクグロフ型を使っていたのですが、型の中央の煙突のような部分は、大きなパンやケーキなどを焼いた時に中心部にも熱が入る造りになっています。

参考にしたのは、『ル・コルドンブルーのフランスパン基礎ノート』文化出版社刊のレシピです。ここでは、レーズンをラム酒に漬けますが、本場ではレーズンをキルシュに漬けるようです。今回は、フルーツをクリスマス・カラーにするといいと思い、緑色のレーズン深紅のクランベリーを入れてみました。母用に小さなクグロフ型を新しく購入。18㎝のものの半分の容量です。

●材料 クグロフ型 直径18㎝ 1台分

フランスパン専用粉 準強力粉 2cup (およそ250g )  

生イースト   12g

塩  小さじ1

砂糖  大さじ2

牛乳 60~75㏄ (卵の量によって、加減)

卵 2個 (溶いておく)

バター 75g (室温に戻しやわらかくしておく)

 

レーズン、グリーンレーズン、クランベリーのラム酒漬け 70g (お湯で周りのオイルを流してから、ラム酒に漬け、水気を切る)

クルミ、アーモンド 1cup 

粉砂糖

アーモンド・スライス (型の底にしく)

 

●作り方

① ボールの中に粉を入れ、中央にくぼみを作り、生イースト、塩、砂糖を入れ、牛乳、卵を注ぎながらミキサーで生地をこねる。

② 室温に戻したバターを入れる。

③ ドライ・フルーツ、ナッツを入れ、1時間くらい一次発酵。

D7k_1243

④ パンチダウンして、型の大きさに合わせて、生地を分割。少し生地を休ませる。

D7k_1245_20211210190701

⑤ 型のまわりにバターを塗っておき、底にアーモンド・スライスをしく。ホール・アーモンドをくぼみに置いてもいい。

D7k_1244_20211210191401

⑥ 指を2本入れて、中心に穴を開ける。

D7k_1246_20211210191401

⑦ 型の1/3ぐらいまで生地を、生地が2倍に膨らむまで、発酵。

D7k_1247_20211210191401

⑧ 発酵完了。右の方は、型に対して生地が多かった。

D7k_1248_20211210191401

⑨ 200度で50分焼成。

D7k_1261_20211210191401

⑩ 断面はこんな感じ。もう少し、ドライフルーツが入っても良かったような。あふれちゃったので、飛び出していた部分をナイフで切りおとしました。

D7k_1262

⑪ 粉砂糖を茶こしに入れ、上からかける。

D7k_1269_20211210191401

⑫ なんだか、非常に日本的なラッピングになりました。紐は自分で作った撚り紐がたまたまあったので、それで結びました。

食べた感想は、フルーツ・ケーキのようで、そうではないので、思ったより甘味が少なく感じました。でも生地のほのかな甘みとナッツやフルーツが時々あって、かみ応えがあります。一切れで満足。明日も食べよう。軽くトーストしてもいいよう。

蜂蜜をお皿に少し垂らして、ちょっとつけて食べるといい。Wikipediaでは、『食べる直前に粉砂糖をかける。』ってのっていました。

フランスのお菓子職人さんが独自に考えたアイディアでは、まだ熱いうちに、キルシュ入りのシロップを刷毛で塗り、しみ込ませるというもの。これも今度やってみたい。

 

私は、ハチミツやジャムをお皿に少し出して、クグロフに少しつけながら、食べました。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年12月 7日 (火)

Nature Craft:クリスマス・リース 2021

D7k_1283-2   

Christmas wreath  2021                                Dec.7.2021          

 日曜日、クリスマス・リースを作りました。とにかく、必要なフレッシュなモミノキとヒムロスギの枝があれば、「あとは何とかなるだろう。」と思い、いつも行く園芸店で枝類を購入。サンキライやヒイラギもあったけれど、今年はあんまりいい実がついていなかったので、やめそのかわり松ぼっくりを使いました。

D7k_1270-1   

Last year’s Christmas wreath          Dec.7.2021

作業はベランダに飾っていた昨年のリースを枯枝を外すところから。柳のリース台を再利用。20年位平気で経っています。

イギリスのヘイリーのクリスマス・ソングをかけながらベランダで作業。

D7k_1271-1

ヒムロスギの枝をそのまま使うのもいいかなと思い、小房に分けずにリース台にフローラル・ワイヤーでとめてみました。

D7k_1272-1

弓なりに枝を曲げると外側の側枝は10㎝ぐらい60度ぐらいの角度で飛び出していきます。こんな間隔で他の小分けにした枝もワイヤーで留めていくといいかな、と目安にしました。でも、最後には、飛び出し過ぎなのでこの3本は切ってもう少し短くして枝元の葉をしごいてワイヤーで同じような角度で留めました。

その後、モミノキ、そしてレモン・ユーカリのドライも花瓶に挿していたものがあったので、均等に差し込んでベースを作りました。

 D7k_1277

松ぼっくりは乾燥すると開き、湿り気があると閉じます。一度湿らせてから、根元にワイヤーをU字形にしたものを引っかけ、ねじり枝のようなものを作り下準備してから、リースに差し込み、落ちそうな場合は、しっかり留めておきます。

枝の流れに合わせて、自然な位置に配置するようにしました。

D7k_1278-1  

グラス・ボールの小さなものもワイヤーを通し、ねじり枝のようにしておき、バランスを見ながらリースに差し込みました。

D7k_1293-2

最後に手芸屋さんで昔買ってあった金色のコード紐をリボンとして取り付けました。

D7k_1289-2

今年の玄関ドアは、こんな感じです。いつものようにモミノキの枝の香りが漂い、12月を迎えたことを感じさせてくれます。

切って残った枝は、もったいないので、玄関、トイレ、リビングなどガラス瓶に少し水を入れ、飾っています。

あちこちでモミの匂いがして森の匂いがしています。

昨年のリースはこちら

 

| | コメント (0)

Visiting a garden : 明月院 鎌倉

D7k_1221-1

Meigetsu-in                Dec. 2.2021     

 鎌倉の明月院。紅葉を見てきました。丸窓からは、お堂の裏手にあたる谷戸にあるモミジの色が緑から紅く変わっていく様子が望めました。

D7k_1225-1

普段は、裏手には、回れないのですが、紅葉の頃は、拝観料をもう一度、納めて入らせてもらえます。

D7k_1228-1  

谷筋のモミジは、よく育っていて、こんな風に紅葉していました。

人が真ん中に立っている所は、菖蒲園。2年目に見させてもらった時は、もう天国のようでした。

D7k_1238-1

午後3時頃だったので、この谷には、もう日が入っていなかったのですが、よく紅葉しています。

 D7k_1235-2

苔の上のモミジもきれい。

昨年は、宮島のモミジを26年ぶりに見にいけたのですが、今年は、遠出はやめていました。

しかし、鎌倉日帰りでこんな紅葉を見れたので大満足でした。

 

| | コメント (0)

2021年12月 6日 (月)

Visiting a garden : 瑞泉寺 鎌倉

 D7k_1149-1_20211205191201

 Zuisen-ji                Dec.2.2021   

 お休みの日、鎌倉の紅葉を見に行きました。今回は、瑞泉寺にまだ行ったことがなかったので、ここをメインにルートを決めて。

あちこち、寄り道しながらでしたが、たどり着いた時には、大きな杉のある寺までの階段の前で溜息。圧倒的な緑に囲まれて、山奥深くにきた感じがしました。この辺りは、まだモミジは紅葉しておらず、陽ざしに透けた柔らかなモミジの黄緑の葉陰がきれい。

D7k_1152-2_20211205191201

階段が二手に分かれていて、苔むした男坂と呼ばれる方を上りました。

D7k_1153-2_20211205191101

山門に入る前に立てられていた昭和47年製の絵図。分かりやすい。左下に『客山富士山』と書かれています。背後の山に登ると、富士山を望むことができるようです。この絵図を見ると、宮島の大聖院の背後を上って弥山の頂上に上がると、枯山水の庭園が模したような瀬戸内海に島々が浮かぶ景色を望むことができるという山登りと似ていると思いました。お寺は鎌倉時代末期(1327年)に夢窓疎石によって開山。疎石53才頃の作庭。様々な寺で修業しながら、自然に対する畏敬の念を持ちながら、作庭していった僧侶。仏殿に手を合わせ、庭園に回ってみました。

D7k_1155-1

「これは!!!」庭園というより、敦煌莫高窟、石仏、という言葉が思い浮かびました。鎌倉の地質に多い凝灰岩の崖にお堂のような洞穴を掘っています。

D7k_1157-1

花頭窓のような形の部分にかつては本尊が彫られていたように見えます。作られた時には、浮彫りされた釈迦の姿があったのでは、

D7k_1165

右の方に目をやると、小さなアーチ型の祠が一つ。また、その右には、絵図で確認すると上部より水が流れてくる滝の水が通る窪みが垂直に彫られていました。

D7k_1164-1_20211205191201

雨戸が閉まっている仏殿裏手からこの庭を望める。現在の建物は、大正以降の再建だそうです。

D7k_1159-1_20211205191201

左手には、橋が2つかかっており、その奥の岩肌には階段が掘られているよう。ここから山の方へ上っていけたようです。

D7k_1166-1_20211206212501

かなりのショックを受けながら、仏殿前に戻りました。

D7k_1169-1

色変わりしている椿の花が咲いていました。

D7k_1180-2_20211206212501

家に帰ってからも「あれは、何だっただろう!」とぐるぐる考えていました。5日目の朝、起きる前に頭の中で私の中でひらめいたことがあります。

疎石があの庭で伝えたかったことは、「生きることは、あの岩肌のような壁が眼前に立ちはだかることばかりで上手くいかない。けれど、じっと耐え、努力を重ねていると、一筋の水の流れが現れる時がある。その時を狙い、鯉が滝を上るように這い上がれば、別世界に到達できるかもしれない。」と。

D7k_1186-1_20211206214201

鎌倉末期から室町にかけて生きることそして亡くなることについて自分の足で各地を回り修行してきた疎石が確信した考えを形に表したものが庭。700年前の疎石の伝えたかったことが、じわじわと少し分かってきたような気がしています。

 

 

 

                               

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2022年1月 »