« 2021年9月 | トップページ

2021年10月10日 (日)

Cosmétique Bio : ターメリック入りヨーグルト・パック

D7k_0997 

 シュークルートを作った時に出来た乳酸菌を毎週低温殺菌牛乳2本に入れてヨーグルトを作っています。それを毎日、夕方や夕食後に食べています。乳酸菌を取っておくと、寝ている間の消化活動を助けるようなので。

器に残ったヨーグルトを前に娘が教えてくれたインドの女優さんがしているというターメリック入りのヨーグルト・パックにして顔に塗ったら、なんだか肌がすべっとしてしっとり。市販のシートマスクをした時より、肌の変化が大きい。

鼻の脇の眼鏡の鼻ヅルが当たる部分、角質が重なったり、しみが多いのですが、明らかに皮膚が薄くなくなりました。

★材料 (だいたいの目安です)

自家製ヨーグルト(乳酸菌が生きている状態のもの)  大さじ1

オートミール  大さじ1   ひよこ豆を粉にしたベサン粉や小麦粉でも。アーモンド・プードルを今日は入れてみています。

ターメリック・パウダー  0.1~0.2g(計測できるスプーン使用していますが、変な表現ですが耳かき1杯ぐらい。小さじ1というレシピもありましたが、顔が黄色くなっては困るので、少なめで)

蜂蜜       小さじ1/2

レモン汁     小さじ1/2

D7k_0995-1

① 乳鉢にオートミールを入れ、なるべく粉砕して、粉状にしました。

D7k_0996-1

② ヨーグルト、ターメリック、レモン汁、ハチミツを入れ、混ぜ、出来上がり。

D7k_1000-1

③ ペースト状になったものを顔と首に塗り、15~20分間放置し、乾かします。

④ やさしく洗い流し、清潔なタオルで顔を軽くたたいて乾かします。

 

今も、パックしながら、書いていますが、のんびりできるお休みの日にするといいですね。

少し、余る感じなので、手の甲やらまわりにいる家族の顔にも塗って巻き添えにしています。

 

このターメリック入りのヨーグルト・パックは、娘がニキビがひどかった時に、本人が見つけたもの。

皮膚の上に皮脂が多くなると細菌が増殖しやすくなってしまうそうです。ターメリックはヨーグルトとともにバクテリアと戦い、皮脂の分泌を減らすそうです。

またヨーグルトは、単体でもパックとしてOKだそう。ヨーグルトには、亜鉛、カルシウム、乳酸、ビタミンBが含まれ、肌に優しく、刺激をあまり引き起こさないもの。

特に乳酸は、肌にうるおいを与え、天然の保湿剤として、顔のくすみを防ぐのに役立つそうです。乳酸がチロキシナーゼと呼ばれるメラニンを生成する酵素の働きを阻害し、肌を明るく輝かせる効果があるそうです。

先ほど、洗い流してきましたが、鏡でのぞくと、明るくなったような気がして、満足満足。

インドでは、代々伝えられてきたパック。効能を調べるとやはりいろいろといいことがあるようです。

 

 

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ