« Organizing Ideas : IKEAの棚受け Ⅱ | トップページ | Cosmétiques Bio : ゆずローションとクリーム »

2021年6月25日 (金)

Cosmétiques Bio : ドクダミ ローション

Img_0010-1

Houttuynia cordata ドクダミ科ドクダミ属

 梅雨に入る前、草抜きをしていると、ドクダミがどんどん増えながら、花を咲かせてきました。

濃緑の葉に純白の花がきりりと綺麗でした。いつもだったら、ぐいぐい抜くのですが、今年は、ローションを作っている人の動画を見ていたので、私も作ってみました。

「ドクダミ」って言葉、「毒下し」からきているようで、ドクダミ自身には毒はないのに、こんな名前がついているから、ちょっとイメージが良くない感じ。

D7k_0022-1

ドクダミの3倍量の日本酒につけるというのが、目安。

最初は、食塩の入っていない料理酒とかパック入りの醸造アルコール入りの日本酒にしたのですが、純米酒の方が、酵母によって作られたアルコールなので、マイルドなようでお肌にもいい。ちょっと奮発して、秋田の高清水の純米酒を買ってきて再び作りました。

D7k_0025-1

洗って、水気をとりました。葉だけを保存瓶にポンポン入れます。

D7k_0041-1

こちらが、本漬けに使った秋田の純米酒。あまり、お酒はあまり飲めないけれど、このお酒を飲んでみたら、優しい甘味を感じるお酒でした。

のどを通る時、むせずに飲めたので、酵母菌によって作られたアルコールでドクダミ エキスを現在、浸出させていきます。

D7k_0043-1

手前は、ドクダミの花だけをつけたもの。花だけに含まれる成分 イソクエルセチン という毛細血管を丈夫にする物質があるそう。

真ん中は、最初につけたもの。2週間後につけたのが、一番後ろの瓶のもの。

ドクダミの臭気は、デカノオルアセトアデルヒトという物質で抗菌作用、葉や茎にはクエルセチン、カリウム塩が含まれ、利尿作用、動脈硬化の予防に役立つそう。

ドクダミ ローションの浸出期間は、3カ月。冷暗所に置いておきます。

ローションとして使う時は、ドクダミ日本酒漬け 1に対して 精製水 2、保湿のためにグリセリン数滴、あるいは蜂蜜を少しいれます。

D7k_0348

50mlぐらいをボトルに詰め替え、スプレーにて噴霧して、洗顔後、シュッと顔にかけています。

なんか、1ヵ月くらい使っているけれど、肌が柔らかくなってきてような。

 

 

 

 

|

« Organizing Ideas : IKEAの棚受け Ⅱ | トップページ | Cosmétiques Bio : ゆずローションとクリーム »

美容・コスメ」カテゴリの記事

●Cosmétiques Bio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Organizing Ideas : IKEAの棚受け Ⅱ | トップページ | Cosmétiques Bio : ゆずローションとクリーム »