« Veranda Garden :アメリカン ブルー | トップページ | Nature Craft :クリスマス リース 2020 »

2020年11月 7日 (土)

Maintenance :栗色の革の補修

Img_7016

栗色のブーツ。娘のものですが、ここ数年、冬中よく履いてつま先をどこかにぶつけて色がはげてしまっていました。

これは、補修後の写真。補修前は写真を撮っていなかったので、BEFOREはなしですが、パパの靴も同じ場所が傷んでいるので、

Img_6952-1

こんな感じ。色が明らかに違うので、傷みが目立ちました。

今までは、茶色の靴クリームを擦りこんでいましたが、被膜はできないので、いつのまにかまた白っぽくなっていく感じでした。しかし、フランスのSAPHIR社の補修クリームは、ちょっと違います。

クリームと名前がついていますが、アクリル樹脂の絵の具と扱いが同じと考えていいと思います。

Img_6957-1

乾くと耐水性になります。しかし、硬化面はひび割れるということもおこしません。適度な艶を持った硬化面になり、スムースレザーの表面と同じ質感に仕上がります。

黒は、椅子の座面補修用で持っていたので、今回は、茶系を1本購入。色見本をネットで見ながら、これかな、と思って選んだのが10番のCognecコニャック。

Img_6949-1

コニャック単体だと赤っぽい茶色でした。混色可能なので、黒を少しずつ入れて、色を合わせていきました。

Img_6954-1

布につけないで、指先で傷んでいる箇所にトントンとしみこませ、なじませました。

Img_6960-1

娘のブーツに合わせた色をそのまま塗ったので、パパの靴には色味が黒っかったけれど、革の側面なので、許容範囲。

全体にワックスをかけ、お手入れ完了。傷んだものがあると、もう買い替えかな、と考えたりしますが、自分で補修すれば、まだまだ大丈夫と思える皮製品の補修でした。

今度は、革の手帳用に赤が欲しい。

 

|

« Veranda Garden :アメリカン ブルー | トップページ | Nature Craft :クリスマス リース 2020 »

◇Maintenance」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Veranda Garden :アメリカン ブルー | トップページ | Nature Craft :クリスマス リース 2020 »