« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月21日 (日)

Maintenance : クロスバイク

Img_5178_li

In Cherry blossoms season         April.2020

今年は、自粛期間中、朝早く起きて、サイクリングして、運動不足を補っていました。

これは、近所をぐるぐる回って、昔子どもたちとよく行った川辺や公園など、行ってみました。

Img_5195

自転車は、PEUGEORT METRO クロス バイク。もう20年乗っています。

Img_e5193

まったくのママチャリ使用。昔は、後ろに子どもをのせられるラックをつけていました。

サドルやグリップは、3回ぐらい交換しているし、5年前ぐらいは、フレーム以外、かなりのパーツ交換してもらいました。

ギア、ペダルなど新しい自転車が買えるぐらい費用がかかったのですが、気に入って乗ってきたので、愛着があり、消耗している部品を変えてまた、乗っています。

Img_6005

掃除してピカピカにして、土日の早朝に乗っていたら、先日前輪の空気が抜けていました。

パンクしたかなと思いましたが、空気を注ぐ時に、シューシュー抜けていく状況。

昔のっていた自転車は、こういう症状はなかったけれど、この自転車は、英式バルブというタイプで、中に入っている虫ゴムが劣化するので、それを交換するといい、ことを思い出しました。

Img_6002

そういえば、虫ゴムは、無印良品で購入した空気つぎの中に入っていました。

Img_6006

バルブを外し、虫ゴムを交換しました。

Img_6008

空気を入れても、シューシュー抜けなくなりました。

もう予備がないので、どこかで買っておこう。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

暮らしの中のMy work : ギャルソン エプロン

Img_6050

家事が終わった時に、軽く畳めてかけておけるギャルソン エプロンを作りました。

デザインは、Martha Stewart さんのお店が日本で展開した時に購入したエプロンが基本。サイズ感や布の材質、色、なかなか良かったので、ボロボロながら、いつかサイズを参考にして、作り直そうと取っておいたものを解体して作ってみました。ベースは、長方形ですが、お腹の部分に箱ポケットがついているのが、ミソ。

このマチつきポケットがあるおかげで、水仕事をした際に、お腹に水気がしみ込んでくるのを防いでくれました。

この箱ポケットの構造が難しそうだったので、挑戦できないでいましたが、本気を出して、リッパ―で糸を切り、本体柄外して、サイズや縫い付ける順番など分かってきました。

Img_5994

布は、ツイル 幅105㎝のもの。縦80㎝、横100㎝(半分に折り50㎝で)に裁断。両脇は、縫い代2㎝ずつで1㎝の三つ折り。

上下は、縫い代3㎝で最初、1㎝、2㎝の三つ折りにした。ミシンで縫う前にアイロンで折り目をしっかりつけました。

Img_5999-2

上辺の角に力布を入れました。はと目を打つので、補強です。11㎝四方の正方形を対角線で切りました。裏に接着芯を貼りました。

力布をはさみ、両脇、上下の順にミシンで縫いました。

Img_5998

箱ポケットは、こんな感じ。出来上がり寸法 高さ20㎝、横幅17㎝のポケットが2つ並んだもの。

上辺の1㎝の三つ折り、下辺、脇に3㎝のマチ分を半分に折り畳むようになっており、縫い代0.5㎝もまわりについています。

アイロンでしっかり折り目をつけ、上辺の三つ折りを縫ってから、出来上がりの形に1㎜の端ミシンをかけ、本体に縫い付けました。

もう一つ今回のエプロンのお手本にしたのが、イギリスのLabour &Wait で扱っているキャンバス地の黄土色のエプロン。

普通、紐は本体に縫い付けますが、ここのは、はと目を打ち、綾織りテープを通している。

その違いは何なのか?作って確かめてみることに。

Img_6011

直径1㎝の穴を開け、

Img_6020

穴名1㎝のはと目を打ち付けました。外でこんこんしました。

Img_6030

黒の綾織りテープを通し、縫い留めました。

  Img_1422

完成して、つけると後ろの紐は、はと目の所で、角度が変えられました。直接、縫い付けるるより、打ち合わせはすっきりしてきれいに収まります。

家族が時々、家事を手伝ってくれる時、このエプロンなら、対応可能。

Img_1435_20200613223401

パパもこの通り。

Img_1434_20200613223601

さあ、頑張るぞーって感じでお皿洗い、手伝ってもらえそう。

自炊に凝っている息子にも同じものを作ったので、1枚、送りました。

ありがとう!て返事がきました。

 

 

| | コメント (0)

Veranda Garden : アナベル 2020

D7k_9115-1

Hydrangea arborescens 'Annabelle'           June.13.2020

バラのシーズンが終わり、アジサイが咲いています。挿し木で育てた西洋アジサイ ’アナベル’。

D7k_9102

今年は、10枝、花房がついていますが、ライムからアイボリーに色が変わっていく。

ライムの花房には、装飾花の丸いつぼみのようなものが合間に見えます。

D7k_9103-1

全部開くと、こんな感じ。

D7k_9112

部屋の中から見ると、後姿をながめていることになりますが、葉の色が透けてきれいです。

冬の間は、落葉し、枯れ枝だけの姿。地上部2~3節だけ残して、ばっさり剪定しています。

 

D7k_9117-1
入梅で洗濯もベランダでは干せないので、アナベルはのびのび枝葉を伸ばしています。



 

 

 

| | コメント (2)

2020年6月 7日 (日)

The Roses : Honorine de Brabant 2020

Img_5966

Rosa 'Honorine de Brabant'     Bourbon                

今年の春先、園芸店にて一冬過ごしていた一年生苗 オノリーヌ・ド・ブラバンを「やっぱり,持って帰ろう!」と家に持って帰りました。

最近、絞りが入る品種に興味があり、どれか、育てたいと思いつつ、すでに育てているバラも多く、もっぱらお店で咲いているのを鑑賞させてもらっていました。

D7k_9079-3

Img_5958

萌芽していたましたが、うどん粉病やら、枝が混み合っていたので、枝を整枝し直したので、他のバラより今年は、咲くのが遅かった。

しかし、蕾が色づくのをみているとトラトラ模様が見えてきて、うれしかったです。

D7k_9076-2

花の径は6㎝ぐらいで小ぶり。Peter Beales さんいわく、「このバラはラズベリー&クリームを思い出させる。」美味しそうな表現。

香りは、マイルドで少し、スパイシーなムスク香。

 D7k_9065-1

”No one knows the origins of 'Honrine de Brabant'””

オノリーヌ・ド・ブラバンの由来は誰もわからない。

Dorling Kinderseley , The encyclopedia of ROSES

とあるように、交配のバラもわからないし、いつ、また名前の由来もわからないようです。

リピート(くり返し咲き)のよう。鉢がまだ小さいので、徐々に大きくしていこう。

   

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

About Cooking:はちみつベーグル

Img_5946

先日見たTV番組でNew YorkのBagleのお店を営んでいる人がCoranavirusのためにお店を閉店させ、経営面で困っている中、「今、自分に出来ることを!」と病院にBagleを提供した話を取り上げていました。みんなとても喜んでいて、「落ち着いたら、お店に食べに行くよ!」と言っていました。

それを見て、今、大変なNew Yorkのことを想いを馳せながら、Bagleをお昼に家族のために作りました。

私のレシピは、堀井和子さんがLEEのために書き下ろした『モントリオール ベーグル』

New Yorkではなく、Montreale ですが、何が違うのかというと、茹でる時に蜂蜜をお湯に加えるところだそうです。

●材料

強力粉  350g

薄力粉  170g

ドライ イースト 小さじ1と1/3

卵 1個

ぬるま湯  250㏄

はちみつ  大さじ3

サラダ油  大さじ3

塩   小さじ1

茹でる時お湯に はちみつ大さじ4

●作り方

1.卵を溶きほぐし、ぬるま湯、はちみつ、サラダ油を加えてよく混ぜ、粉の半量、イーストを入れなめらかになるまで混ぜる。

2.残りの粉、塩を加えてよくこねる。

3.ひとまとめにして、濡れふきんをかけ、2倍に膨らむまで発酵させる。(オーブンの発酵機能を使っています。)

4.パンチダウン。一個90gぐらいに切り分け、成形。うち粉をしないで、調理台の上で手の形をC形にして生地をまるめる。

Img_5942

5.少し、手に打ち粉をして、真ん中に指を入れ、ドーナツ形にする。

6.鍋にお湯を沸かし、そこにはちみつを入れておく。

Img_5944

7.お鍋に対して、適度に余裕のある個数、生地を入れ両面1~2分ずつ茹でる。

8.オーブンを200度に予熱しておき、その間、残りを茹でたり、表面にゴマ、ケシの実、キャラウェーなどをバッドに出し、ベーグルの表側をひっくり返して、押し付けるようにしてトッピングをくっつける。

Img_5945

9.天板にオーブン シートを敷いた上にベーグルを並べ、200度で25分くらいきつね色になるまで焼く。

Img_5947

家にあるもので、中身をいろいろ作りました。

左からゆで卵と新玉ネギのマヨネーズ和え、真ん中は、ツナと新玉ねぎとケイパーのマヨネーズ和え、右がキャロット ラぺ 皮むき器で薄く削いだニンジンにドレッシングで和え、アクセントにクミンを入れたもの。

その他、なんでも家にあるものをレタス、バターやクリーム チーズ、ジャム、ハチミツなど

やっぱり、出来立てで食べるのが美味しいベーグル。

今日は、珍しくちょうどいい時間に出来上がった。

 

| | コメント (0)

暮らしの中のMy Work : Mask for Summer

Img_5941_20200603160301

Fabric :  Le petite mouche  SOLEIARD 

夏用のマスク、どんな風につくればいいかな、と思いながら日が経ってしまいました。とりあえず、ソレイアードのムーシュの生地は使いたくて、2週間前ぐらいに生地は手芸屋さんで40㎝だけ購入しました。

INDIGO 藍色の地色に小さな白のムーシュ(蠅)が浮かんでいる布。これを使い、今まで作った立体マスクのように水色のパイピングを入れました。

Img_5936_20200603161101

今回は、なるべく涼しく感じれるにように裏地にシルクを使ってみました。

昔、父がインドに行った時のお土産の布。簡単なブラウスを作ったけれど、まだ1mぐらいは残っていたもの。

絹の調湿性や肌への感触の良さから作ってみました。

Img_5938_20200603161801

しかし、綿の布一枚と絹一枚を合わせただけだと、マスクの機能として大事なフィルター機能がほぼないので、前回よりも薄手の片面接着キルト芯 「スパイダー100」を絹に貼りました。

これで暑くなってしまいそうなのですが、迷った挙句、使いました。

裏地に芯が張ってあると、マスクの内側には、しっかり空間が出来るので、口に布が当たったりしないので、その点ではいいのですが。

Img_5940

内側は、こんな感じ。上の白いマスクには、両面、絹で縁の紺色のパイピングを入れました。

頬に当たる感じは、麻よりも冷感があり、スムースな触感。

実際に使ってみて、どうだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »