« Container gardening : ふんわりパンジー | トップページ | The Roses : La France 2020 »

2020年4月25日 (土)

暮らしの中のMy work : カーテンの修理 

Img_e5402

”Oak Tree" D.H.Dearle   Sanderson(En)

家のカーテンがさすがに傷んできました。1997年に購入しているので、もう23年経過。

モリス商会のD.H.DearleのデザインでSanderson社から販売されていたもの。紹介した記事はこちら

洗濯の時に、傷めてしまい、開閉の時に触る縁が破れてしまいました。

とても気に入っているので、がっかり。生地も黄ばみ、コットンも摩耗、しょうがないとわかっていてもとりあえず、また下げて使っていました。

先日、別の目的で購入し、使わなかったSage色のバイアス テープ。カーテンの縁にまち針で留めてみると、いい!、Good idea!

●材料

バイアス テープ ぐるっとふちどり 幅18㎜ 8.5m CP33 色番591 Captain社製

Img_e5429

このバイアス テープは、両折タイプになっていて、微妙に1㎜ぐらい幅が変えてあります。

ミシンで縫う面を幅が狭い方にしカーテンの縁にかぶせ、まち針で留めました。

こうすると、縫った時に裏は絶対に縫い目がバイアステープから落ちることなく、縫えます。

Img_e5408

今回、最初は、しつけしてから普通のミシン押さえで縫っていったのですが、少しひきつったようになったので押さえを変えました。先日、購入したブラザーのウォーキング フットというものに変えると、きれいに平らにバイアス テープがカーテンの縁に縫い付けられました。

Img_e5410

カーテンのフックと裾のウェイトが入っている部分は、ミシンで縫えないので、手でまつり縫いしました。

Img_e5413

バイアス テープの端は折り込んで仕上げています。

Img_e5428

完成。

Img_e5447

心配だったカーテンの端が補強されました。

しばらくは、これで良さそう。

 

 

 

 

 

|

« Container gardening : ふんわりパンジー | トップページ | The Roses : La France 2020 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

◇暮らしの中のMy Work」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Container gardening : ふんわりパンジー | トップページ | The Roses : La France 2020 »