« Veranda Garden : ムクゲ 2019 | トップページ | 季節のBlooming flower : Holly hock 2019 »

2019年6月30日 (日)

Crafts for living : 漆の弁当箱

D7k_8254

漆塗り二段弁当箱           木曽      よし彦

ずっと、使っていた曲げわっぱのお弁当箱。ご飯が美味しく、無塗装の木肌はご飯が美味しく食べられ、職場でお昼を食べても家庭の味たゆったり食べられる良さを楽しんでいました。けれどとうとう、黒ずんだり、ふたの側面が木目に沿って割れてしまいました。

今、空前の曲げわっぱブームのような気がしますが、いろいろ考えてみて、次のお弁当箱は、木曽の漆工房 よし彦 の栓の木をくりぬいて作った箱に漆を塗りこんだ「拭き漆」仕上げのお弁当箱にしました。表面の漆により、木肌を守る効果があり、長く使えると思います。

プラスチック製のものに比べ、こちらもゆっくりご飯を食べられる気がします。

D7k_8256_20190629193101

D70mm×W165mm×H75mm

細身の2段なので、カバンの中にすっぽり入れることができるサイズ。栓の木は下駄などにもつかわれてきた材で、軽い材です。漆を塗ると欅の木目にも似ています。

Img_3544

2段のうち浅い方の底の角は、重ねるための窪みが彫られているので、重ねた時にきれいに収まるように作られています。

また、ふたの内側(右下)も加工が施されています。材を張り合わせたりしていない一木造なので、丈夫な造りです。

D7k_8263

私は、上段にご飯、下段におかずを入れます。時々、おかずが上段の底についてしまうことがあるので、詰める時注意しています。

Img_3546-2

お箸箱は、前は使っていなかったけれど、このお弁当箱を使うようになってから欲しくなり近所で見つけました。硬いマホガニー(紫檀)を刳りぬき加工しているもの。

海外で日本向けに作られたものでしょう。お箸箱自体、日本オリジナルなものかな?

D7k_8262_20190630060801

お弁当包みは、京都の手拭い屋さん「むす美」の刺し子の布巾。たまたま、ヒカリエで京都のものを紹介しているときに見つけたもの。

風合いと色が気に入っています。

 

 

 

|

« Veranda Garden : ムクゲ 2019 | トップページ | 季節のBlooming flower : Holly hock 2019 »

雑貨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Veranda Garden : ムクゲ 2019 | トップページ | 季節のBlooming flower : Holly hock 2019 »