« 暮らしの中のMy Work :裂布のキッチン・マット 1 | トップページ | Container Gardening : ロングランにしたい冬から春へのコンテナー »

2019年3月31日 (日)

暮らしの中のMy Work : 裂布のキッチン・マット 2

D7k_7662-2

現在、編んでいる途中の裂布のキッチン・マット。古シーツ1枚を染めたものと白色のものをそれぞれ裂布にしたものを交互に使って、ガーター編みでストライプ模様を作りながら、編んでいます。今日は、裂布の作り方を紹介します。

Img_2950-3_li

①布の縦目(赤い⇔)を確認して、2つ折りにカッター・マットの上に置きます。

②手前が輪になっている状態で、1.5~2㎝幅ぐらいになるようものさしをしっかり当てて、ロータリー・カッターで手前から向こうに向かって、布を切ります。向こう端は、2~3㎝手前で止め、つなげておきます。

Img_2967-2

③切り終わったら布を広げると、向こう端はこのようにつながっている状態です。写っていませんが、手前側もつながっています。

Img_2951-2

④それをコの字に切り離します。向こう側から切り離したなら、手前は、その布がつながるように切り離します。

D7k_7665-2

⑤このように糸として使えるように布を切ることができました。端の部分はあまりつながりが短いと、編んでいて、裂けてしまうので、しっかりつなげている方がいいでしょう。

Img_2975-2

⑥巻き取り糸玉にして、使っていきます。

Img_3036-2

キッチン・マットは長さを120㎝ぐらいにしたいので、普通の棒針では、幅を保持できません。今回は、写真のような輪編み針を使用しています。写真のものはクローバ-の8号40㎝の輪編み針ですが、現在使用しているのは、8号の120㎝幅用です。

輪編みではなく、平にガーター編みを編んでいるのですが、この輪編み針120㎝があることで、縦にストライプのキッチン・マットが出来そうです。

完成したら、また紹介します。

 

|

« 暮らしの中のMy Work :裂布のキッチン・マット 1 | トップページ | Container Gardening : ロングランにしたい冬から春へのコンテナー »

◇暮らしの中のMy Work」カテゴリの記事

ハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暮らしの中のMy Work :裂布のキッチン・マット 1 | トップページ | Container Gardening : ロングランにしたい冬から春へのコンテナー »