« 季節のBlooming Flower : ムクゲ Rose of Sharon | トップページ | Clearly Delicious : みょうがの酢漬け »

2018年9月16日 (日)

暮らしの中のMy Work : Piano stool cover

D7k_7468_2
Piano stool cover

今年8月に日本での販売が終了したLaura AshleyのInterior fabricを使って、ピアノの椅子のカヴァーを作りました。
かなりお得な布地のセット(サンプル生地が5枚入り)を閉店セールで見つけ、何を作るかはゆっくり、今後10年以上かけて考えようと思い購入したものの一枚。

以前、手持ちのキルティングで作ったピアノの椅子のカバーの作り方は、とても簡単でしたが、こちらは、生地に合わせてちょっとおめかしした雰囲気になるよう、仕上げました。

D7k_7474_2

厚手のリネン地にスカーレットのストライプがサテン織りで折り込まれているもので、Upholstery Fabricと呼ばれる厚手の椅子張りに使われるしっかりした布。

パイピングを入れることで、縫い合わせの部分を引き締めた印象にしました。

D7k_7484_2

座面のサイズが縦 35㎝、横56㎝なので、縫い代をまわりに1㎝として、縦 35㎝+2㎝、横 56㎝+2㎝ に布を裁断。

P9090208

垂れの部分は、椅子の高さ調節ねじの所で、スリットになるように外周を半分ずつ作ります。
垂れの高さ8㎝+縫い代2㎝として10㎝、長さ91㎝+2㎝=93㎝を2枚裁断。今回は柄合わせを慎重に行いストライプが座面から垂れにつながるように裁断しました。

垂れは、裏地をつけ、手持ちの麻布を同サイズに裁断。中表に合わせ、座面と縫い合わせる一辺のみ残して、3辺をミシンで縫い、ひっくり返し、アイロンできれいに縫い代を押さえ、垂れを完成させておきます。

P9150211

パイピングは、太い芯のものが近くのお店にもなかったので、色が合うバイアス テープを買ってきて、それにコード紐を入れて、ミシンの押さえをファスナー用にして、縫い付け作りました。

P9150213

座面の布の外周にパイピング テープを仮縫いしておき、ミシンで本縫い。

P9150220

座面に垂れをしつけ糸で仮縫いしてから、ミシンで本縫い。

D7k_7459_2

縫い代は、縁かがりをします。今回の生地は、使っている糸が太く、横糸が抜けると、結構縫い代分がなくなってしまったので、あわててしまいましたが、どうにか縫い終われました。ほつれが気になるので、2度縁かがりをしておきました。

D7k_7462_2

スリット部分もジャスト フィットに垂れを縫い合わせても、椅子の調節ねじで邪魔されることなく、どうにかストンと垂れました。

D7k_7472_2

今までのカバーよりもピアノの色に合っている感じになったので、大変満足です。

|

« 季節のBlooming Flower : ムクゲ Rose of Sharon | トップページ | Clearly Delicious : みょうがの酢漬け »

◇暮らしの中のMy Work」カテゴリの記事

ハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のBlooming Flower : ムクゲ Rose of Sharon | トップページ | Clearly Delicious : みょうがの酢漬け »