« 季節のBlooming Flower : ターメリック | トップページ | Maintenance : テーブル ランプの修理 »

2018年9月 2日 (日)

暮らしの中のMy Work : Café curtain

Img_1745_2
Café curtain

前の住まいで使っていた薄手のレースをカフェ カーテンに縫い変えました。裾にウェイト テープ(鉛の入ったチェーンのようになったもの)が縫い付けてある部分を利用したのがミソ。

前にも、麻のボイル地で作っていたけれど、裾がヒラヒラめくれ上がって外から室内が見えていたので、上下に突っ張り棒を通す構造にしていました。今回は、ウェイト テープのおかげで今のところ、ストンと生地が下り、いい感じ。

Img_1723_2

無地のボイル地。MANA Tradingさんのもの。柄などはないプレーンなIvory。

Img_e1725_3

必要サイズは幅が100㎝、高さ60㎝ぐらいあれば良さそう。ギャザー分を入れて、幅は2倍の200㎝、高さは、ポールを入れる部分の縫い代を約10㎝ぐらいかな、と判断して70㎝としました。手持ちのものの裾を下から70㎝カット。

Img_1730_2

突っ張りポールは、案外、直径が部分によって違うので、少し大きめに作ることに。上の端から6㎝をアイロン定規(厚紙に6㎝と4㎝幅に線を入れたものを事前に準備)を使って、折り、アイロンをあてます。

Img_1733_2

その後、4㎝幅になるように、アイロン定規に合わせて折り込みながら、アイロンをあて、三つ折りを作ります。

この後、しつけ糸でしつけをかけておきます。

Img_1734

ミシンの針は、薄手用の9番、ミシン糸も薄地用90番。生地に合わせて、この2つを変えると、仕上がりがきれい。

Img_1736_2

ゆっくり、慎重に縫います。縫い終わったら、しつけ糸をはずし、突っ張り棒に通し、窓枠の所にセット。

Img_1750

出窓の部分少し、見えてもこんな感じ。北側廊下に歩く人の視線をちょうど遮る位置にカフェ カーテン。

ドレープ カーテンも実は、昔自分で作ったものです。その記事はこちら


|

« 季節のBlooming Flower : ターメリック | トップページ | Maintenance : テーブル ランプの修理 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

◇暮らしの中のMy Work」カテゴリの記事

ハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のBlooming Flower : ターメリック | トップページ | Maintenance : テーブル ランプの修理 »