« 暮らしの中のMy Work : Café curtain | トップページ | 季節のBlooming Flower : ムクゲ Rose of Sharon »

2018年9月 7日 (金)

Maintenance : テーブル ランプの修理

D7k_7408_2
Brass table lamp      by Laura Ashley

以前購入した真鍮製のテーブル ランプ。電気がつかなくなったり、傘がきちんと固定できなくなったりして、修理をと思いながら、お蔵入りしていました。

P3040111

取りあえず、真鍮を磨いてみました。

P3040119

きらきらになった。だけど、灯りはつかないので、ソケットのあたりをみてみることに。

P3230133

中で電線が切れていることが私にもわかった。それで、ちょうど良さそうな「丸型圧着端子」という部品を購入して、電線を通して、ペンチでぐっとつぶした。

P3230136

これでよさそう。でも、ライトはつかなかった・・・・。しばらく、修理も放置・・・・。

5カ月が経過。ふとパパと息子に「この家には、理系男子が二人もいるはずなのに、エジソンのランプぐらい簡単な構造のものも直せないのかな?」とヘルプを求めた。

やっと理系男子が動いてくれた。ごそごそ、奥から電気が流れているか調べるテスターをパパに言われた息子が持ってきた。どこからどこまで、電気が流れているのか調べてくれた。

どうもスイッチが問題であることが判明。

P9030201_2

スイッチの部品をネットで取り寄せ、ここは、息子が直してくれた。

D7k_7406_3

ちゃんと、灯りがついた。10年以上ぶり。LED電球に変えて、ライトをつけても熱くならなくなった。

Img_1787_2

細かい手芸が最近老眼で難しくなってきた、と感じる今日この頃。手元を照らすランプが直り、うれしい。

私が手を動かさなくなって、何も作らなくなったら、人生の楽しみをなくしてしまうようなもの。


|

« 暮らしの中のMy Work : Café curtain | トップページ | 季節のBlooming Flower : ムクゲ Rose of Sharon »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

◇Maintenance」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暮らしの中のMy Work : Café curtain | トップページ | 季節のBlooming Flower : ムクゲ Rose of Sharon »