« Interior decoration : Sheepskin | トップページ | About Cooking : Pourer ポワラー »

2018年2月25日 (日)

Maintenance : バックのストラップの穴あけ

D7k_6391_3_2

バックのストラップが長くて、ショルダーとしてもう少し短く使いたいと思い、皮に穴を開けることに。必要なのは、既存の穴の直径と同じサイズの穴を開けられる「穴あけポンチ」という金物。

手芸屋さんの皮革工芸に売っているが、穴のサイズをちゃんと調べて買いに行った方がいい。

ここでは、直径4mmの穴が開けられるものを準備した。
その他、金槌と衝撃を吸収する板など。ここでは、皮革工芸用の硬質ゴムマットを使っている。

穴を開ける場所は、既存の穴の間隔を測り、目立つように白の修正液で印付けした。

P2230017_2

垂直にポンチをあて、ポンとしっかり一回で叩き、穴を開ける。

D7k_6395_2

すっきり、きれいに皮をカット出来ているので、何事もなかったようにサイズ合わせが出来るようになった。

|

« Interior decoration : Sheepskin | トップページ | About Cooking : Pourer ポワラー »

ハンドメイド」カテゴリの記事

Maintenance」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Interior decoration : Sheepskin | トップページ | About Cooking : Pourer ポワラー »