« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月27日 (水)

Veranda Garden : Holiday season

D7k_5979_4

ベランダもChristmas に向けてHoliday seasonらしくした。バラの土を替え、可愛いビオラを長鉢に植えこんだり、ごそごそ、作業した。

D7k_5976_3_2

少しえんじ色の濃淡のあるビオラ。可愛い。

D7k_6181_2

それだけでは、寂しいので、淡いピンクのシクラメンを一鉢置いた。光を集めて、中心になっている。そういえば、先日、コンラン ショップのクリスマスのDisplayを見たら、柔らかいピンク色の花を使っていて、新鮮な組み合わせだった。Vividな赤、緑だけではない組み合わせをすることで、毎年同じようになってしまうクリスマスのDecorationに変化をつけることが出来る。このまま、お正月もこのまま楽しめそう。


| | コメント (0)

Interior decoration : Christmas

D7k_5966_3

クリスマス。ここ数年は、兄のFamilyとクリスマスを祝っている。普段、お掃除の出来ていない部分を徹底的にお掃除することから始り。最後はやはり、お花を飾る。凍っているようなガラスの花器。クリーム色のバラにヒペリカム、ユーカリ、ゼラニウムの葉などを活けた。

D7k_5981_2

ボードの上には、Silver beadsのランナーを引いた。Laura Ashleyのもの。Made in India。インドの手工芸の手作り感がいい。ばらつきのあるビーズを一つひとつつなぎ、長方形に縫い留めたもの。きらきらと光るので、お花も下から光を受け、美人さんに見える。

D7k_6179_2_2

飾ってある場所は、ここ。TVボードの上を暖炉のように見立て、上部は、花や石、貝など自然のものやろうそくやランプ、香りのものを置き、心が落ち着くようなものを置いている。

TVボードは、高さ120㎝。この高さは人が立っているときの視線を遮らない家具の高さ。壁面が見えることで、家具いっぱいの壁面よりは、抜け感が出せるから。

昔作ったフェルトのクリスマス ストッキングをぶら下げているSilver bellsもMade in Indiaで毎年、この位置に置いている。クリスマス ツリーは、ちょうどいい素焼きの鉢があったので、そこに入れて飾り、オーナメントも懐かしい飾りを娘が選びながら飾った。未だに、昔ながらの電球のライトで今年もチカチカ光っていた。


| | コメント (0)

2017年12月13日 (水)

About An Artist : Ryuichi Sakamoto "IS YOUR TIME"

D7k_5913_2

 12月9日(土)から新宿 オペラシティーのNTT インターコミュニケーション センター(ICC)で始った坂本龍一氏と高谷史朗氏による『設置音楽 2』を初日、聴きに行った。この日は、午後3時からトークショウもあるということで、朝早く出かけ、整理券をもらって、お話も聞きました。

会場は、昔、ICCが始まったころに、Media Artsなるものは、なんぞやとよちよちの子どもを連れて行ったことがあった。開館20周年ということで、息子も今や23歳。ひと昔経ったともいえる。

今回、お話を聞く前に作品を鑑賞させてもらった。坂本氏の音楽がICCならではの体験型アートになっていた。

トークの中で、具体的な説明を聞けたので、印象に残ったことをトークからの説明も加えて書き残したいと思う。

設置された空間は、高校の文化祭のような、暗室へと続いていた。縦長の空間(トークで25mという話が出たが、縦の長さか、横の幅なのか分からないが)の両脇にスピーカー14台の上にディスプレーが積まれ、並んでいた。いろいろな音が流れ、倍音が響いたり、鳥の声が聞こえたり・・・・オルガンの音が聴こえ、教会に行ったような感じだ。今年、出されたアルバム『async』の中で聴いたような音が聴こえ、突き当りには、ライトに照らされたグランドピアノの鍵盤がこちらを向いていた。

いきなり、祭壇のようなピアノに近づくのには、ずかずかし過ぎる気持ちだったので、ちょうど真ん中あたりに立ち止まって、暗闇に自分をならしながら、音楽を耳を傾けた。

グラス ハープのような音が重なり、倍音が生まれる心地良さに身をゆだねながら、様々な音の流れに耳を傾ける。ディスプレーの光は、目をつむると、太陽の光のようにも感じるほどの強弱もあり、音と同期して光を放っていた。

会場の床に座り込み、腰を据えて聞くことにした。すると、時々、ピアノがポーンと音を奏でる。調子が明らかにくるっている。けれど、スピーカーからの音は、すべて録音されたものなので、ピアノ自身から発せられる音は唯一、「生きている音」として、耳に響いた。つかみどころのない音の波の中で、確実な音を響かせ、心の拠り所のような存在感を持っていた。

誰もいないので、坂本氏が事前に弾いたものを自動演奏させているのかな、と思っていたら、トークで聞くと、違った。

そのピアノの音は、最近1カ月の世界で起きた地震を感知したものを圧縮したもので、地震が起きると、ピアノの上に設置された金属製の棒が下降し、鍵盤を鳴らすという仕組みをYAMAHAに協力してもらって、作ったということだった。

つまり、人為的に音楽に合わせて、ピアノの音を鳴らすというのではなく、地震の発生のタイミングを音に変えているという設定となっていた。

ひとしきり,聴いてやっとピアノに近づいた。震災で水に使ったというピアノだった。中を見ると、泥がついたままで、ピアノ線がピンピン切れていた。鍵盤を鳴らす仕組みもじっと見ていた。自動演奏の装置なんかではなく、鍵盤の上に櫓のようなもの作り、そこに鍵盤をたたく棒がたくさんつけられていた。

再び、オルガンの音が聴こえたので、一巡したな、と思い、会場を出た。一時間ちょっとぐらいであった。

聴いている間、バリエーションがいろいろあったので、聞き続けたいと思って、座り続けていた。普段の美術館のインスタレーションならば、こんなに長くは滞在しないだろう。映像や音を使った作品も今、いろいろあるが、一時間もその場を離れない作品は、たぶん、今までになかった。

音の速さのこと等、技術的な工夫について、トークで語られていたが、素地がほとんどないので、???と思いながら、聞いていたが、あの空間に合ったセッティングを調整し、設置したということだった。

また、トークでも語られていたが、やはり、教会をイメージしたというような設定だそうだ。両脇のスピーカーの列は側廊の列柱のようにも設定したようだ。

ピアノに関しては、映画『CODA』でも語られていた言葉、「津波という自然現象にさらされ、人が作ったものの多くが、自然の姿に帰っていった。ピアノも自然が調律したのだ・・・。」という坂本氏のとらえ方が印象に残った。現実に被害の状況を目の当たりにして、このアンバランスにも思える状況を別の見方からとらえていた。

あのピアノを二度と鳴らないピアノではなく、もう一度、音を奏でるようにしたのだ。私たちがその音を聞くことは、震災のことを思い出し、亡くなった方への祈りの気持ちにつながっていく。


| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

暮らしの中のMy Work : カード スタンド

D7k_5890

 季節に合わせて、手持ちのポストカードを変えたりしている。もう12月に入ったから、暖かそうな刺繍のポスト カードを選んでみた。自分で買ったものや母が送ってくれたものなど、ポストカードは手軽なアートとして楽しめ、ストックしている。これをわざわざ、額に入れることもあるけれど、以前に購入したガラス製のカードスタンドにポイっと立てるのが、手軽でいい。

D7k_5893_3_2

たぶん渋谷のBunkamuraで購入したような。色のついたものも売られていたけれど、透明にした。絵の邪魔をしないので、透明でよかったと思う。値段は、1000円もしなかったけれど、ちょっと、高いな、と思う値段だった。何回か行く中で、考えた挙句、購入したことを覚えている。実際、使ってみると、ガラス製なので、しっかり重みもあり、安定性にも優れている。高さもちょうどいい。家の中、色々なところに欲しいと思いながら、2個目を我慢していると、今では購入したお店でも取り扱わなくなってしまった。

ネットで調べると、たぶんこれだろう思う写真を一枚見つけた。でもそのガラス製造会社は、買収されてしまったらしく、同じものは、もう作られていないよう。残念だ。いい製品だったと思う。完全なマシン メイドではなく、上部の角が丸く溶けたような丸みがあり、氷のようにも見える。それにグラインダーで溝を彫っていた。だから、あの値段であったのだ。

ということで、時々、似たものを探しながら、数年経っていると、一つアイディアが浮かんだ。「石で作れるかも!」

D7k_5899_2

石は、篆刻を彫る材料として売られている滑石。「高麗石」という名前で販売されているが、中国産が多いそうだ。英語名で ”Talc" タルク と呼ばれるもので、ベビーパウダーや化粧品にも粉が使われている。石としては、硬度が1という硬さでとても柔らかい石だ。

だから、自分でのこぎりで切れる。3㎝角の高さ7㎝の石を3等分ぐらいに切った。そして、カードを立てる溝ものこぎりで8mmぐらいの深さに刻んだ。少しだけ、斜めにすると、カードが前に倒れない。あまり角度をつけすぎると、カードが倒れすぎておかしい。最初、角度をつけすぎたので、切り直した。3つ出来た。あちこちで使える。プレゼントにも出来る。参考にしたガラス製のカード スタンドとほぼ、同じサイズのものが出来た。

D7k_5901_3

耐水ペーパーで、表面を磨き、角も斜めに面取りした。もっと、角を丸くしたりしてもいいが、とにかく早く使ってみたいので。のこぎりの跡が見えない程度に磨き、カードを立ててみた。角度、OK.

先日、行った『安藤 忠雄』 展で購入した水の教会の冬景色のポスト カード。クリスマスが近いので、飾ってみた。きっと、「北海道は、もうそろそろ、こんな景色たな~」と思いながら、冬を感じている。


| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »