« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月29日 (月)

季節のBlooming Flower : タカサゴユリ

Img_0705
Lilium formosanum  

数年前から、帰省する度に斜面の法面などユリの花があちらこちらに咲いて、ちょっとびっくりしながら眺めていた。母に名前を聞くと、「タカサゴユリ」と教えてくれた。古風な名前がついているが、昔、母が育てていた鉄砲ユリとは、どうも違う。花の外側が赤紫。高さも高い。葉が細い。葉の色が深緑などなど、私のテッポウユリとの違いはこんな感じ。

P8150305
                                                      Aug.15.2016

これは、東海道線の線路わきで咲いていたもの。とにかく、繁殖力がすごい。はじめは、誰かが植えたのかな、とも思っていましたが、「これは、勝手に生えているんだ。」と今年は西日本、関東でも見かけたので、そう思った。

ということで、調べてみると国立環境研究所のページが一番上に上がっていて、『侵入生物データ ベース』に載っていました。東北以北には、まだ見られないようですが、侵入地は、その他の日本各地全部。

『ホソバテッポウユリ、タイワンユリともいう。(台湾固有種)
生育環境、荒地 道端、堤防・・・。風媒花、自家受粉可、種子を大量に風散布。

花がきれいでなかなか駆除されない。』これです。人間がきれいだと思っているので、広がっているのですね。テッポウユリとも交配したシンテッポウユリなるものもあるようです。

夏の花の少ない時期に遠くからも白い花がきれいなタカサゴユリ。こんなに北上してくるのは、温暖化の影響でしょうか。


| | コメント (0)

2016年8月28日 (日)

Beautiful Things : 玄関のベルベーヌの香り

D7k_3628_2
Scented Bouquet Verbena DURANCE

夏、玄関を入った時に、家の匂いが気になっていたので、バーベナの香りの瓶を置いています。フランスのデュランス社のもの。他にもいろんな香りがありますが、ラベンダー、ローズ等も好き。

瓶を置くと、さわやかな香りで、気になっていた匂いがカバーされました。

D7k_3627

以前の瓶と違ったデザインになっていた。詰め替えを買ってきて使うので、いつ変わったか、意識していなかったけれど、こちらもアンティークな形なので、今回は、瓶ごと購入しました。

いろいろな香りの製品が出回っているけれど、プロバンス地方の品質のよい材料を使って、エッセンシャルオイルを取り、ていねいに製品を作っているデュランス社のものは、使って心地いい。

何もないより、うっとりする香りで過ごすのも暑さをまぎらす良い方法。


| | コメント (0)

Beautiful Things : ベルベーヌの香りのキャンドル

D7k_3635

Perfumed handcrafted candle Verbena DURANCE

夏のセールでフランスのデュランス社のアロマ キャンドルを見つけました。今まで違うものを使っていましたが、もう少しナチュラルな香りのキャンドルが欲しかったので、試しに購入してみました。

香りは、バーベナの香り。

D7k_3652

火をつけると、バチバチの芯に使っている薄い木が燃えます。これには、びっくり。ふつうのアロマ キャンドルに比べると、炎も大きく、これは、失敗作?と思ったりしましたが、次第に慣れてきました。

今年の夏は、バーベナのすっきりさわやかな香りで、暑気払いして過ごしました。

| | コメント (0)

2016年8月24日 (水)

季節のBlooming Flower : タマアジサイ

P8140247_2
Hydrangea involucrata                    Aug.14.2014

先日、箱根のルネ ラリック美術館に行きました。いくつかの建物があり、その間は、しっとりした箱根の森の庭になっていてきれいでした。初めて見る植物もあり、名前がわからなかったのですが、今、わかったのが、「タマジサイ」。

D6h_1508_2

玉のような部分が苞で、その中から花が現れるようです。この苞は、落ちてしまうよう。その後は、ガクアジサイのような花のつき方で、咲いていました。

葉の形もセイヨウアジサイの葉よりも少し先がとがっていて、薄い。

東北、関東、中部地方の林地の沢沿いや湿った場所に自生している植物だそうです。

他にも名前が分からない植物があった。これも調べてみようと思っています。

箱根の仙石原は、涼しいようで、この時期にしては、花が多く咲いていて、しばし、下界の35度という酷暑を忘れることが出来ました。

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

季節のBlooming Flower : 八重咲きのムクゲ

D7k_3893
Hibiscus syriacus 'Momohanagasa'

ムクゲの花が、先週あたりから咲き出しました。色が優しいパウダーピンク。桃花笠という名前。

D7k_3890_2

鉢増しを1か月前にしたもの。一昨年からの植木鉢でどうもこのまま、咲くとすぐに水切れしそうな感じだったので一回り大きなものに開花前、ぎりぎり変えました。

今年は、バラを6月に新しい肥料を使ったところ、水はけが悪く、根腐れさせてしまい、2鉢ダメにしてしまったので、植木鉢が空いた。お気に入りの四角い植木鉢が空っぽだったので、ムクゲを入れてみた。

D7k_3898

枝先にたくさんのつぼみをつけています。

ムクゲは、丈夫な植物で高速道路の脇にもよく植えられており、真夏でも開花していますが、ベランダで植木鉢で育てているとアブラムシがつきやすい。こんな時は、ひどくなる前に薬をかけると花、葉がきれいに保てる。

実は、ほおっていて、花が大きく膨らまず、葉も黄変して、ポロポロ落ちたこともあるので、いくら強いといっても、時々は、かまってあげなくてはいけない。

| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

Home Music : Toots Thielmans

D7k_3877

 今年の暑い夏にじっと家の中で聞くためにハーモニカのトゥーツ・シールマンさんの『ブラジル プロジェクト Vol.2』を買い込み、時々聞いています。

外のセミの声とこのブラジルの音は、リンクしていて、暑気払いにちょうどいい。

1993年に録音されたアルバムで、現在期間生産限定盤でとてもリーズナブルな価格で販売されていました。「これ!」という感じで選んだわけは、トゥーツさんの音色は、小野リサさんの1993年の"Namorada"で聞いたことがあり、とてもいいなと知っていたから。2曲だけのゲスト演奏だったので、もっと聞きたい!と思っていながら、あまり調べていなかった。

それから、アコースティック ギターのアール クルーの"Midnight in San Juan"の中の演奏も哀愁があって印象的でした。

今回、トゥーツさんのアルバムというものを、発見し、山野楽器さんだったのでじっくり視聴させてもらってから、購入しました。トゥーツさんは、現在94歳で、2014年に演奏活動を停止されたとのこと。多くの演奏家とコラボレーションされてきたベルギーの方です。

D7k_3871

このアルバムのコラボレーションしているメンバーがすごい。私の大好きなミルトン ナシメントの『トラヴェルシア』。ミルトンさんも歌って、トゥーツさんも入る!

ルイス ボンファの『オルフェのサンバ』のアレンジも当然のことのようにいい。どの曲も自然に流れ、オリジナルの曲を損なうことなく、演奏されている。

4曲目のドリ カイミの"Obsession" は、昔ラジオを録音した時にバックで流れていて、曲名やアーティストがその当時分からなかったもので、やっと発掘出来た感じで、うれしい。

よくよく、調べてみると、この曲は、昔よく聞いていたサラ ヴォーンのアルバム"Brasilian Romance"の中でも歌っていたし、ダイアン リーヴスも歌詞をつけて歌っていたことに気づきました。男性のドリ カイミが『ダダラダラララ~」』と歌ってギター演奏で曲が流れていくオリジナル バージョンとt女性ヴォーカリストが歌っているものとは、いくら二人が低音ヴォイスだと言っても別の曲のように思えていたことに気付きました。

ということで、行ったことがないブラジルの風を感じながら、暑さに耐えている今日この頃です。

『ブラジル プロジェクト』の一番目のCDもゲットしておかなくては・・・!


| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

My Favorite Desserts :ピエール エルメの タルト アンフィニマン シトロン

D7k_3773_3
Tarte Infiniment Citron de Pierre Hermé

先日、デパートに行ったら、檸檬を使ったお菓子のディスプレーがとても可愛くさわやかでお菓子が美味しそうなピエール エルメさんのお店に入ってしまいました。レモンパイ大好きなので、エルメさんのお菓子はどんな感じかな?と思って、お土産に買ってきました。その日から販売ということで、初物でした。

まずはレモンクリームは、甘酸っぱい!レモンなので当たり前のようですが、今まで、作ったり、食べてきたりしたものの中で、一番パンチがありました。美味しい!

娘が「果肉がクリームの中に入っている!」と発見。なるほど、通常のレモン クリームは果汁を入れますが、さらにレモンの果肉をごろつきのないわからないぐらいの量、入れてあるのです。

それから、タルト シュクレ、お砂糖の入ったタルト生地は、薄くて硬く、クリームの水分をあまり吸っていないので、こおばしい。お砂糖は粉砂糖?口どけよくざらざら残りません。しっかり焼いてありました。

飾りのようにタルトに散らしているのは、レモンピールのシロップ煮。果皮だけをていねいに切り、柔らかく煮たもので、苦くない。レモン自体が少しオレンジ色でした。どこ産?

レモンクリームの上に透明なつやとクリームの乾燥を抑えるために水あめをいれたナパージュが塗ってありました。

美味しくてしあわせ、ずっと食べたいようなお菓子。

エルメさんのことは、日本に出店されたころ、雑誌ミセスに月ごとにお菓子を紹介されていて、「パティスリー界ピカソ」と呼ばれていることなど知り、どんなお菓子なんだろうと想像をふくらませていました。

数年前、抹茶と餡を使ったケーキを食べて見て、今回が2回目。経歴を見ると、パリのフォッションにエルメさんがいたころ、ちょうど食べに行ったので、3回目かも・・・。私が言うのはおこがましいのですが、伝統のテクニックをベースに美味しいものを作るために創意工夫されていて、食べるものに新しい味の発見を伝えてくれます。

今度、自分がタルト オ シトロンを作るとき、果肉入れたりしてみよう!っと思っています。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »