« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月24日 (木)

Colors : 赤い実 2

D7k_2130_2
Pyracantha angustifolia                          23.Nov.2015

紅い実シリーズ 第2弾。第一弾はこちらちょっと、ぎょっとする実のつき方をするピラカンサの実。ご近所を通る度に、ぎょっとしながら、この日は写真を撮らせていただきました。よくあるオレンジ色のピラカンサは、あまり好きではないのですが、こちらのような赤い色は、いいなと思います。

もし、ピラカンサを植えるなら、こちらの色がいいな。

D7k_2131_2

樹形は、こんなに徒長枝が出て、ひぇーという感じです。

D7k_2310_2
Sarcandra glabra 20.Dec.2015
赤い実で有名なのが、ナンテン。12月も中旬を過ぎると、実がずい分、鳥に食べられてしまっていました。

D7k_2302_2
Rosa multiflora 20.Dec.2015
こちらのノイバラの実もマックスの8割減あたりまで、食べられていました。

D7k_2126_2
Ardisia crenata                                          23.Nov.2015

マンリョウも赤い。実が下の方にあるので、食べられていないよう。

D7k_2311_3
20.Dec.2015

もう一度、ピラカンサに戻ると、最初の写真から、一か月経つけれど、あまり実の量が変わっていません。これは、ピラカンサに毒があるからのようです。でもその毒はだんだん、消えていくそうなので、鳥は、その頃、食べに来るのでしょう。

ノイバラの実は、乾いたリンゴのような味がしたのですが、鳥もきっと、美味しい順に食べているのだろうと思いました。赤い色もちゃんと認識しているということなのですね。

今読んでいる本ジャレド ダイアモンド氏の『銃、病原菌、鉄』の中に、『種が充分に成熟した時に、果実は紅くなる。』ということが書いてありました。

植物は、自分から、繁殖のためにしっかりと発芽できる状態になった種子が出来た時に、鳥などの生き物に運んでもらうために果実を赤く、または、美味しくさせるというのです。

果実を、生き物側の栄養と考えることが多かったのですが、これをひっくり返した話で、「そうか。」と思いました。

確かに赤い実のなる植物は、植えてもいないのに、勝手に幼木が出ています。これは、植物の戦略だったのです。

| | コメント (0)

2015年12月21日 (月)

Children's Toy : クリスマス ツリー

D7k_2210_2

クリスマス ツリーを娘が出して飾ってくれました。時々、素敵な飾りを見つけては、集めてきたので、いろいろな飾りがあります。オンパレードでぶら下げてくれました。これは、3年前ぐらいに購入したデンマークのJette Frolichさんの鳥のオーナメント。

D7k_2211_2

これは、以前作り方を紹介した原毛で作ったボンボンやフェルトで作った雪だるま。作り方こちら

この材料をセットにして子どもたちに自分の雪だるまを作ってもらった。これは、娘が作ったもの。本人いわく、「これが一番かわいい!」

D7k_2291_2

このクリスマス ツリーは、息子が生まれて、購入したものなので、20年は、経ちました。
ニキ ティキさんが販売されているドイツのクリスマス ツリー。プラスチック製だけれど、枝の作りは、本物のように作られています。今回は、株元がプラスチックの台がついているのですが、それを隠すために植木鉢を使いました。
こうやって、置くと、本物のモミノキのように見えてきました。

D7k_2260_2

ちょうど良さそうなものが、空いていたので、入れてみると、ぴったり。この台を入れこんでしまいました。

D7k_2263_2

植木鉢の下に敷いている白い円形のキルティングは、おくるみを作った時の余り布。
直径60㎝ぐらいの円形に切って、バイアステープで縁をくるんでいます。ライトのコードを隠したり、今回のように直に床に植木鉢を置くときに下敷きになって便利。

| | コメント (0)

2015年12月19日 (土)

My Favorite Desserts : バター ケーキ

D7k_2246_2

 これは、子どもの時から好きなお菓子。広島の長崎堂さんのバターケーキ。クリスマスだからと、母が送ってくれた。昔から、本当に味が変わらない。娘も大好きで、今回食べたい!といって最初に切ったのは、彼女。

D7k_2251_2

私は、お店に買いに行ったことがないのですが、何でも早く買いに行かないとなくなっちゃう、と母が言っていました。子どもの頃、母が親戚へのお土産にするからといって一杯買ってきて、それを送っていたことを思い出します。

そんな時、ひと箱家用にも買ってきてくれて食べたのです。カステラよりも柔らかくて、バターがたっぷり入っていて、しっとりしています。甘いのですが、お茶とともに食べて、ちょうど良い甘さ。

紙箱の作りも昔と変わりません。懐かしい。

D7k_2247_2

焼き色のついた表面の香ばしい部分と中身の塩バター卵味のスポンジ部分。他にはない味です。時々、空き箱を取っているので、箱を見て、味を思い出します。今回は、願いがかなった。

現金書留で遠方からの注文も受け付けいらっしゃいます。ホームページをご紹介させていただきます。こちらです。


| | コメント (0)

2015年12月13日 (日)

Home Music : Francesco Sartori ♬

D7k_2237_4

私が、今とても気になっている作曲家が、イタリアのフランチェスコ サルトーリさんです。遅ればせながらのマイ ブーム。サラ ブライトマンとアンドレア ボチェッリのデュエットで世界的に大ヒットした"Time to say Goodbye""Con te partiro"(1995)の作曲をされた方です。実は、流行った当時、私自身作曲家の名前は全然無関心で、あの曲を聞いていました。

その後、フィリッパ ジョルダーノさんの最初のCD"Passioni"(1998)を聞いていたら、最後の3曲が妙に気になり、よくよくCDの解説を見ると F.Sartoriと書かれていました。「Fってなんの略?」と思ってから3か月ぐらいかかってから、ようやくイタリアのサイト等を探して、Francesco であることがわかり、フルネームを確認。彼の代表作があの"Time to say Goodbye" と分かり、謎が一気に解けた感じでした。

このアルバムののびやかなイメージは、フィリッパさんの歌声の柔軟さとこの曲自体にあったのでした。特に最後の"Maria (by the sea)"という曲が一番素敵です。秘かに始まり、後半、爆発的に広がる感じがすごい。旋律が意表をつかれる感じで、面白い。そして、アラブの音楽も影響しているところが、地中海の国々の文化が混じりあって存在してきたことがこの音楽にも表れているように思い、異国情緒を感じるのです。

そしてつい一週間前、たまたま、昔のサラ ブライトマンのウィーンのシュテファン大聖堂でのコンサートの映像を見ていたら、サラが「次の曲は、フランチェスコ サルトーリが書いた曲 "Canto della terra"です。」と紹介してデュエット曲を歌っているシーンに遭遇!ここでもサルトーリの名前が!!ということで、この曲についてもう一度、調べ、You Tubeで公式映像を見ると、すごく感動的な映像とともにアンドレア ボチェッリ Andrea Bocelliさんが歌ったものが出てきました。この曲は、最初は1999年に出されたBocelliさんの"Songo"に収められた曲。

日本語に訳すと、『大地の歌』という意味だそうです。2011年に出されている公式ビデオは、私も前に一度映像は見た気がしましたが、その時よりも今やっと私の心にも響くようになってきた感じです。

それは、伝えようとするメッセージが今の世界情勢の混乱を包むように聞こえるから。イタリア語の歌詞は、Lucio Quarantotto さん。Time to say Goodbyeもこの方の作詞です。

太陽が等しく地球上に降り注ぐことの恵みを感謝し、皆、等しく地球上に生かされているんだ、それを忘れてはいけないと伝えてくれる壮大な力を持った曲すごい、地球讃歌、人間讃歌だと思います。

遅ればせながら、やっと知った素晴らしい作品を作っている方々で、これからの作品も楽しみです。関心を持たれた方は、公式ビデオですので、ご紹介しておきます。

"Canto della terra"(official video) Andrea Bocelli

| | コメント (0)

2015年12月12日 (土)

暮らしの中のMy Work : ボンボンメーカーで作ったタッセル

D7k_2208_2_2

以前に作ったポンポン タッセル。テントウムシみたいでかわいいのですが、前から持っていたハマナカのボンポン メーカーでも出来るだろうな、と思いながらどこに置いたのかわからず、前は、ドーナツ型に切った厚紙を利用してつくりました。前のポンポンの作り方は、こちら
今回ボンボンメーカーで作ったのが、これピンクのタッセル

D7k_2173_2
作り方 ハマナカのボンボンメーカーのセットの中に入っている一番小さいサイズ直径3.5㎝用を使っています。型に刺繍糸を巻き付けます。一色にしないで、ピンクの濃淡の刺繍糸を4種類使って巻き付けました。

D7k_2175_2_2

糸端を切っているところ。切った後、中心を結ぶ丈夫な糸(ここでは、キルト用のDUAL DUTY使用)で引き絞り、タッセル用の紐も留めておきました。

D7k_2178_2

以前も使った松鳩印の毛立器でポンポンの毛並をふわふわにします。これがないとふわふわには出来ないので、とても大事な道具

D7k_2209_2

直径1㎝のウッド ビーズに刺繍糸をきっちり巻き付けたものにポンポンの紐を通して完成。
これは、どこにぶらさげようかな。


| | コメント (0)

2015年12月 6日 (日)

暮らしの中のMy Work : フェルトのクリスマス ストッキング

Dsc_7498_2

20年前に作った、大好きなMartha Stewartさんのクリスマスのクラフトの本にのっていたフェルトで作ったクリスマス ストッキング。息子のために作ったもの。毎年出してぶら下げています。写真は、2013年に撮ったもの。

Dsc_7507_4

その後、娘も生まれたので、向かって右側は、私のオリジナルデザインで靴下のベースの形は同じものをフェルトで作って、お花をつけたクリスマス リースをつけたものも作りました。

ベースのフェルトは、アイボリーのフェルト。本当の靴下よりはき口まわりを大きくしたデザイン。中に本当にプレゼントやお菓子などを入れたりするのに便利なようにデザインされている。通常より大きな大判のフェルト二枚を中表にしてミシンで縫い、曲線の部分の縫い代にはさみで切り込みを入れて、表に返しました。

D7k_2212_2
モチーフのもみの木やヒイラギの葉は、緑色のフェルトを数種類使い、同じデザインでも変化が出るようにしています。

モチーフは仮置きしてから、縫い付けます。アクセントに雪のように見えるパールを縫い付けます。

D7k_2213_2
お花は、フェルトで花びらや雄しべ、めしべを作って、組んでから、土台に縫いとめました。

Dsc_7501_2_2

ぶら下げるためのベルベットのリボンも素敵な色を見つけるのが楽しかった。はき口の縫い代のところに縫いとめます。

作った後に見つけたSilver Bellのクリスマス ストッキング ホルダー。インドで作られたアメリカで販売されたもの。銀メッキしているので、時々、磨く必要があるのですが、普段とは違って、きらきらしてきれいです。

実は、今年は、まだこれもクリスマス ツリーも何も出していません。土日は、お掃除していました。最近、飾ってくれる娘も忙しくまだ。昔の写真を見ながら、さて、・・・・飾らなきゃ、と思っています。


| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »