« Container Gardening : ギュギュの様子 | トップページ | Le Cinema : ヴェルサイユの宮廷庭師 »

2015年10月 7日 (水)

Container Gardening : プレクトランサス

D7k_1785_2
Plectranthus 'Pink cricker'                  Oct.3.2015

園芸店に行って、「クリニック前のウィンドウ ボックスに秋らしい景色になるように何を植えようか。」グルグルお店を見ていて、見つけたのが、これ。プレクトランサス・・・。覚えられない。初めての植物ですが、草姿がバランスがいい。これなら、2株でいい。

原産地の気候からその植物の好きな環境が予測されるわけですが、これは、まったく初めてです。「試しに!」と思い、購入。

家に帰って調べると、南アフリカを原産とするシソ科のプレクトランサス属。 'ピンク クリッカー'は、外国のサイトには、登場していないので、作出年度がわかりませんが、日本では、ここ数年前より販売されているようです。

有名な園芸品種に'Mona lavender'というのがあります。このモナ ラベンダーよりも枝が、半ほふく性であり、動きが感じられる草姿となっています。

このプレクトランサス属は、日本では、ヤマハッカ属と呼ばれ、葉色を楽しむコリウス Plectranthus scutellarioidesやSwedish ivyと呼ばれ、ハンギングやグランド カバーに南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド等の南半球地域で良く使われているPlectranthus verticillatusミント リーフと呼ばれるPlectranthus madagascarienisがあります。

いずれも真夏の直射日光は避けるとよいような、半日陰を好む植物で、日本にもじわじわと入ってきている植物なのかな、と思います。園芸店で見たことがあったような・・・。

D7k_1792_2

ピンク クリッカーは、シソ科のお花の特徴、唇状花を持ち、ピンクの色が愛らしいです。短日植物でこれからが開花時期。生育温度18∼30℃。冬は、屋外では越冬できないので、冬前に下げようと思います。

クリニックに持っていく時に、何度も名前を聞かれました。
木の札にでも名前を書いて、さしておこうかな、と思います。

|

« Container Gardening : ギュギュの様子 | トップページ | Le Cinema : ヴェルサイユの宮廷庭師 »

□Container Gardening」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Container Gardening : ギュギュの様子 | トップページ | Le Cinema : ヴェルサイユの宮廷庭師 »