« 季節のGarden Work : クレマチスの植え替え | トップページ | The Roses : Madame Figaro 2015 »

2015年5月15日 (金)

Visiting a garden : Laurent Borniche Bouquetier

Img_0518

今日は、OFFだったので、朝から国際バラとガーデニングショウに行きました。入ると、お目当ての展示に真っ先に行くようにしています。今回、印象に残ったのは、フランスから日本に来られ、Bouquetier 花店をされているローラン ボーニッシュさんの展示。

Img_0519_2

花屋のイメージをそのまま、会場に作っていました。本当のお店には伺ったことはないのですが、いつか行ってみたいなと思っています。最近のガーデンショウは、スケールを小さくしたものが多くなっていますが、ローランさんは、いつも実際の住居サイズを基本として作られるので、正々堂々として、いいなと思います。壁の上に置いているカーマインレッドの花は、ゼラニウム。花上がりが良く、色のボリュームがあるので効果的でした。

Img_0520

お店の入り口 ライトの側面の曲線がニュアンスがあります。

Img_0521


この素敵なものが錯綜する空間。お店の様子。一つひとつを目で追いながら、思わず「何だろう?」と覗き込んでいました。

Img_0522

カウンターの後ろの棚も様々なものが並び、本当のお店がここにあるようでした。

ボーニッシュさんのブーケは最初見た時からずっと、Fushia Pinkのバラのイメージです。しかし、そこに必ず、それを引き立てる植物が組合わせられ、それが、毎回変化してきているように感じます。

ローズ ゼラニウムだったり、コバナズイナの時もあったし、バイカウツギ、今回はオオデマリなど。その組み合わせはいつもいきいきと両者を引き立てていました。

昨年のデモンストレーションだったかな、フランスの野草を組み合わせてブーケを作っているのもナチュラルで素敵でした。

|

« 季節のGarden Work : クレマチスの植え替え | トップページ | The Roses : Madame Figaro 2015 »

□お庭訪問 Visiting a garden」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のGarden Work : クレマチスの植え替え | トップページ | The Roses : Madame Figaro 2015 »