« Container Gardening : シクラメン ローゼス ホワイト | トップページ | 暮らしの中のMy Work : 木製のブック エンド »

2015年2月18日 (水)

暮らしの中のMy Work : Mittenちゃんとおばあちゃんの作ったカーディガン

Dsc_8544

これは、私の作品ではなくて、私の母の50年以上前に作った子ども用のカーディガン。ぬいぐるみはロシアのアニメーション映画のミトンちゃん。お店で見つけて、娘が欲しがったので、買ってあげたもの。先日、偶然この2つの雰囲気が合っていることに気づき、一緒にパチリ。これは、娘が撮った写真。

何が似ているかと分析すると、まずは、両方ともモチーフ編みを使っているところ。ミトンちゃんは、背中とミトンにつけてあります。それから毛糸の色が、昭和っぽい。1960年代のカーラーリングとでもいいましょうか。赤は、臙脂がかったカーマインレッド。青は、プルシャン ブルーかインディゴブルー。こういう、色の組み合わせから時代を感じることも出来る。染料のバリエーションが今ほど豊富ではなかったからではないからだと思います。

Dsc_8532

カーディガンのモチーフはかぎ針編みをして、身頃に編み付けてあります。身頃は、機械編みをしたのでしょう。子どものころを思い出すと、家に機械編みの機械があった。幅1mぐらいの家庭用の編み機で、アイロンのようにハンドルを持って、横にジャーと動かすと一段編める仕組みになっていた。「やってみたいな~」と思って見ていたけれど、「ぜったいにさわらないでね。」と言われたので、母がジャーと動かすまで、じーっと見ていた記憶がある。この記憶もたぶん1960年代後半の記憶。

『ミトン』の映画は、1967年のロシア映画。ちょうど、DVDが最近販売されたので、ホームページが充実していました。
『ミトン』こちら

さっきまで、お話を忘れていたのですが、調べて思い出しました。ワンちゃんが飼いたかったけれど、ママがダメ、と言った女の子のお話。我が家と似ています。きっと、娘の心にピタッとはまったお話だったのでしょう。

なんだか、3代にわたっての思い出のものであることにブログを書きながら、整理できてきた。私も子どもの頃、ワンちゃん、無性に飼いたかった~!

|

« Container Gardening : シクラメン ローゼス ホワイト | トップページ | 暮らしの中のMy Work : 木製のブック エンド »

◇暮らしの中のMy Work」カテゴリの記事

ハンドメイド」カテゴリの記事

編み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Container Gardening : シクラメン ローゼス ホワイト | トップページ | 暮らしの中のMy Work : 木製のブック エンド »