« 暮らしの中のMy Work : アイアンのタオルバー | トップページ | 季節のGarden Work : クレマチスの春先の剪定 »

2015年2月25日 (水)

Beautiful Things : 地球儀

Dsc_6622

私の実家には、ピアノの上に地球儀があります。父が外国(イタリアだったかな?)で買ってきたそうです。今は、黄ばんでいますが、海の色がターコイズ ブルー、砂漠や山脈の色がイエロー オーカー。寒い地域は、雪の白。地上の起伏も海底の山脈も起伏をつけてあり、紙の世界地図よりもずっと、地球を感じさせるものでした。

小さい頃、ひまな私は、地球儀をくるくる回して、遊んでいました。でも、ちゃんとパンゲアのことは、気づいていた。アフリカの西岸と南アメリカの東岸の形がパズルのピースを見つけた時のように、ぴったり合いそう、なんて。
また、地球全体がみかんの皮のようなものに覆われていて、ところどころ、ひだがよっていたり、沈み込むところがあることにも自然にきがついていた。一番ヒダがぐちゃぐちゃによっているところが、・・・ヒマラヤ、とか。

父も時々、地球儀を使っていろいろなことを教えてくれました。

Dsc_6617

子どもが小学生になる頃、私の家にもそんな発見ができる地球儀が欲しくて、見つけたのが、アメリカのリプルーグル グローブ社( Replogle Globes, Inc.)の地球儀。我が家のリビングに置いていますが、直径30㎝あり、ちょっと大きい。けれど、ひじょうに美しい地球儀で、ずっと定位置においています。

行政区で色分けされているタイプもありますが、毛利 衛さんがスペースシャトル搭乗後言われた、「宇宙から見ると国境線はなかった。」という言葉のように、ありのままの地球の姿を表した地勢型がいいんじゃない?という主人の勧めもあり、こちらにしました。一応、赤い線で国境線は、表されています。

地球儀のいいところは、テレビを見ていて、場所がおぼろげな地域が出てきた時など、「あそこかな、」と探す時など、すぐにくるくるまわしています。そして、そこから地形の様子や気候も推察できるところが、「ミニミニ版地球」の地球儀のいいところ。

Dsc_6620

この地球儀には、緯度がわかるようにぐるりと目盛りがついていたり、北極の部分に15度刻みの透明の目盛りつきの板がつけられていて、時差がわかるようになっています。

あと、おもしろいサービスは、国際情勢の変化によって、(例えば国名や国境線の変更など)大幅変更があって、時代遅れの地球儀になった場合は、希望があれば、最新の球に半額で交換してくれるというサービスがあること。(購入時に登録)Updatable glove program

2001年購入で、まだまだ、大丈夫ですが、これは、なかなか考えられたサービスだと思います。

|

« 暮らしの中のMy Work : アイアンのタオルバー | トップページ | 季節のGarden Work : クレマチスの春先の剪定 »

雑貨」カテゴリの記事

☆Beautiful Things」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暮らしの中のMy Work : アイアンのタオルバー | トップページ | 季節のGarden Work : クレマチスの春先の剪定 »