« Veranda Garden : Typhoon's coming ! | トップページ | 暮らしの中のMy Work : 自己流 カウチン ブーツ »

2014年11月23日 (日)

季節のBlooming Flower : カメリア

Dsc_5003

マンションの生け垣の山茶花。造園さんが変わって、花がちゃんと咲くようになりました。この一重の雄しべの長い山茶花は何というのでしょう。可愛い。

Dsc_5005

西側の生け垣は、以前は電動鋸で四角く6月に刈り込まれていて、翌年の良い花をつける枝を切り取られてしまい、わずかに残った弱い枝から咲かせた花が11月ちらほら見える程度でした。それを新しい造園さんは、2年前より、すべて生垣も手切りで枝を剪定してくれるようになりました。いい枝を残しながら・・・。

Dsc_5006

これも生垣の山茶花 勘次郎のつぼみ。可愛い。

Dsc_5010

勘次郎のお花。手切りになって、花が楽しめようになりました。一つひとつが見事に咲いています。

Dsc_5011

もう一つ、うれしいこと発見。生垣なのに、空かすかになってしまった、幹の中心あたりに、胴ぶきの芽を多数発見。
枝先の無駄な枝を落とすと、眠っていた芽が出てきていました。これも、信頼している造園さんの成せる技。

Dsc_4994

八重咲きの山茶花 富士の峰も大きくなりました。以前の記事はこちら

ここは、自然樹形でいこうと言われていました。上部の樹幹を強く切られていた木で、上にはほとんど伸びない木です。木の周りには、何もなく、横幅が出てきてもぶつかる心配はないから。

数年かけて、花が咲くといいのに、と思ったマンションの山茶花。上手な造園さんを見つけ、管理組合にも働きかけ、何とか季節に花を楽しめる植栽になってきました。造園さん曰く、「まだまだ、これから!」と。

|

« Veranda Garden : Typhoon's coming ! | トップページ | 暮らしの中のMy Work : 自己流 カウチン ブーツ »

□季節のBlooming Flower」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Veranda Garden : Typhoon's coming ! | トップページ | 暮らしの中のMy Work : 自己流 カウチン ブーツ »