« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月26日 (火)

Ecological Steps : ガーター編みのエコたわし

Dsc_2181

子どもの作れるエコたわしというお題で前回は、子ども用のゴム編み機を使って、エコたわしを作りましたが、今回は、その時の毛糸が余ったので、単純に棒針でガーター編みのエコたわしを作りました。

中川政七朗商店で買ったガーター編みで2色を使ったエコたわしを持っていますが、フックを加えて、水切れをよくなるようにしたのが、私の改良したところ。

Dsc_2183

10号編み針で合太のアクリル毛糸、アイボリーとオリーブ グリーンの2本取り。単色の方は、お気に入りのシャルトリューズ色の極太一本取り。

Img_7885

18目を作り、いつも表目を編むとガーター編みのぼこぼことした編地が出来ていきます。およそ12~14㎝角のエコたわしとなるようにしました。洗う時の持ちやすさを考えるとこのぐらいのサイズがいい。

最後にフックを鎖編みを使って作ります。
角があるエコたわしは、コップの底の茶渋を取るのに便利です。2色取りの方は、固めの仕上がりになりました。

たくさん作ったので、母と姉に送ってあげようかな。


| | コメント (0)

2014年8月25日 (月)

Useful Tools : 欅のバター ナイフ

Dsc_2178

ずっと前から、ブログで紹介したいと思っていた木製のバターナイフ。固いバターをクルリとすくい取るための刃先のカーブや持ち手からの角度のつけ方など、使い勝手をよく考えて作られており、全体のバランスも良く気に入っているバターナイフ。

でも、なんだか、どこで入手したのか、わからなくなってしまい紹介できずにいました。雑貨屋さんやクラフト作家さんの作品もよく見るのですが、同じものを東京、横浜でまったく見ません。角度が違うんだけど・・・。アンデルセンの友の会でもらった北欧のもの?・・・・。材はチーク・・・?

この夏休み、それがすっきりしました。

最近宮島の木工品の紹介が多くなってきたので、実家が宮島の向かいの私は、「いいことだな。」と喜んでいました。インターネットを見ていると、似たようなバターナイフがありました。サイズ、形、材料名を見て、宮島工芸製作所さんの作ったバターナイフに似ている・・・。

Img_7872
宮島 町並み

夏休み、宮島に行った時に、確かめて、友だちへのお土産にまた数本買って帰ろうかと思い、製作所の地図を調べて、行ってみましたが、その日はお留守でした。近所の方が「よくお休みの時は、売りに行っているよ。」と言われたので、それで、ピンときました。

Dsc_4998

「私も昔、フェーリー乗り場の前の広場で、木工品を売っていた人から買った・・・。多分、挽物のなつめと靴べらも・・・。ジャムベラ(形が違う)は母が姉にと買った。(それは、この間、姉の家に泊まった時に姉がバターをつけるのに使っていた。)…等など。

一つ、ネットで取り寄せれば、いいのですが、たぶん、いや絶対、合っていると思います。

ずいぶん、使って、飴色になってきています。
柳宗悦の「使い勝手のいいものは、美しい。」とい言葉がよみがえるバターナイフです。

| | コメント (0)

暮らしの中のMy Work : ピアノ椅子のカバー

Dsc_1217
昔、いただいたグリーンとストライプのリバーシブルのキルティングを使ってピアノの椅子のカバーを作りました。キルティングの生地の良さは、端の始末をバイアステープでくるめば、縫い代なしのサイズで作品が作れること。

Img_7818

座面と側面を覆う分量にぎりぎり間に合うことを確認して、四隅をつまんで直角三角形に折ってミシンで縫いました。

Dsc_1156

ミシンの針は、キルティングの生地の時は、中厚地用の14番を使います。重なった時、かなりの厚みになるので、太い針の方がらくらく縫えます。

Dsc_1158

椅子の高さを調節する部分は、布に切り込みを入れておきました。

Dsc_1164

グリーンのバイアステープで裾にあたる部分をくるんでいきます。違う方法もありますが、私は、しつけ糸で仮縫いしてからミシンで縫いつける方法が好きです。それは、結構、裏面を見るとバイアステープからミシンの針目が落ちてしまうからです。

縫う表をくるむバイアスよりも裏になるバイアスが若干幅が広い方を使うと、裏のミシンの針目も落ちにくくなります。

Dsc_1171

角の部分は、直角にバイアスが折れるよう、対角線に織り上げ、きれいに45度に三角が出るようにします。裏もきれいに角を同じ様に折り、しつけ糸でとめておきます。

Dsc_1190

切り込んだところは、バイアスがのびる性質を利用して、U字型にバイアスでくるみました。

Dsc_1199

しつけが終わって、一気にミシンがけをして完成。

Dsc_1205

グリーンの方は、マチの三角が脇に見えますが、裾をきれいにバイアスでくるんでいるので、気になりません。

Dsc_1212

夕ご飯の支度が一段落した時に、ピアノを弾くのが私の楽しみ。
前からオリジナルの生地は、アクリル繊維をウール フェルトのように起毛させたもの。ちくちくして、ほこりがつきやすいところが気になっていました。

これで、夏場の汗をかく時期もカバーが洗えます。オリジナルの生地の耐久性も高まることでしょう。


| | コメント (2)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »