« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月24日 (火)

My Favorite Desserts : ブッシュ ド ノエル 2013

Dsc_7565
                                        Dec.24.2013

今年のブッシュ ド ノエルは、マロン クリームと生クリームを混ぜたものを使ったことが大きな変更点。お菓子の本では、SABATONのマロン ペーストを使っているレシピがありましたが、お店にマロン クリームしかなかったので、それでやってみましたが、味は良かった。少々分離してしまったけれど。

Dsc_7548

別立でココア入りのロール生地を作りました。コーンスターチを入れた軽い生地。

Dsc_7550

塩のついていないミックスナッツをグラニュー糖をこがした中にいれて作ったもの。これを飾り用に少し取っておき、後は、刻みます。

Dsc_7554

マロンクリーム入りのクリームを生地に塗り、ミックスナッツを散らし、ぐるりと巻きました。

今回もメレンゲのきのこを作りました。これは、妙にあまくて美味しいし、飾りに絶対必要。100度で3時間かけて焼くと、かなり密度が濃くなり、美味しかった。

今年は、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックべりー、レッドカラントなどが少しずつ入ったパックが手に入ったので、それもパラパラ大きくなった子どもたちが飾ってくれました。きのこもキャーキャー言いながら飾っていました。

| | コメント (0)

2013年12月22日 (日)

Veranda Garden : ビオラのウィンドウ ボックス

Dsc_7522

ベランダの花台のウィンドウ ボックス。この時期は、たいていこんな風にビオラを植えこんで、家の中から元気な姿を見せてくれるビオラやパンジーを眺めます。

Dsc_7531

お花は、3株植えていて、両脇は、ふつうのビオラ。同じものが3つ並ぶのもアクセントがないので、中心だけ奮発して、サントリーのプチ ジャルダンシリーズ の大株のフリル咲きビオラ ミルフルのパステル ピンクを植えました。

鉢は42㎝幅のDeroma社のもの。もう、15年ぐらい前に購入しました。今はこのデザインは見当たらないです。シンプルだけど平板ではない横に彫りのあるもので気に入り、破損の時の予備も鉢の入れ替え用に3セット持っています。対で花台に置いています。

Dsc_7511

バラの多いベランダなので、この時期は落葉が多くなります。また、土替えや誘引などの作業、ベランダの掃除などやらなくてはいけないことが目の前にある感じで、終わるまでは気ぜわしいのですが、かわいいビオラの姿があるとほっとうれしい気持ちになります。

| | コメント (0)

2013年12月18日 (水)

季節のGarden Work : バラの株分け 

Dsc_7246_2
Rosa 'White drothy perkins'                May.26.2013

先日、ランブラー ローズのホワイト ドロシー パーキンスの手入れを行いました。今年の春の写真です。

Dsc_7285

挿し木苗をいただいてここに植えたのが、2003年。最近は、ラベンダー色のクレマチスとの競演を楽しむように育てていますが、ちょっと変化も欲しいと思ってあれこれ、考えていました。

P5112648
Rosa 'Veilchenblau'            1909 Gr.  Schmidt

今年の国際バラで、同じランブラーの赤紫の花のつくファイルヘンフラウを見て、いくつかの候補の中からこれに。
Violet Blue とか Blue Ramblerとも呼ばれるバラ。
私が思うのにレンゲの花に似ているバラです。

Pc010001

新苗で購入し、半年ほど6号鉢で育てていました。長い枝で1mはぐらいは、生長しました。

ホワイト ドロシー パーキンスをそっくり植え替えようかとも思う案もありましたが、この日ちょうど株が分かれていることを発見。「株分けしよう!」と思いつき、
 
Pc010007

大きなシャベルでグサッ、ぐいぐいとかなり格闘すること数分間。主根ははさみで切りましたが、なんとか掘り出しに成功。

Pc010009

5m以上も伸びている枝を束ねて、小さな鉢に植え替えました。

植穴は、土をかなり掘り、新しく作ったバラ用の用土(赤玉6、馬糞堆肥3、クン炭1、ゼオライト少々)を入れ、ファイルヘンフラウを植えつけしました。なかなか言えない・・・・。

来春は、大きな場所に植えつけたので、開花はどうかな?と思いますが、ランブラーは誘引の方向に関わらず、花がよくつくので、もしかしたら見られるかも。

2株が直径45㎝の鉢の中に植えてあるので、お互い窮屈そうであれば、また考えることにしたいと思います。

すべては、時間が教えてくれるでしょう。

| | コメント (0)

2013年12月17日 (火)

Container Gardening : スキミアとパンジーの寄せ植え

Pc060022
Skimmia japonica 'Rubella'

今年は、いろいろと忙しくしていましたが、11月にマリポサさんに行けたので、以前から使ってみようかな、と思っていたスキミアをとうとう手に入れました。これは、寄せ植えにして落ち着いた頃の写真ですが、、本来は4月頃咲くお花が、暖かさを勘違いして、咲きました。かわいい。

Dsc_7481

マンションのピロティに置いた年末年始用の寄せ植え。エンジ色の入ったパンジーとスキミアの枝の赤い色がリンクしているように花色を選びました。常緑の照り葉で赤い色の蕾がついたスキミアは、中心に植えるのにしっかりしています。ライム色やサーモン色の蕾や斑入りの葉のものが入ってきていました。奥の銅葉のニューサイランは、今年は、夏以来、根腐れをお越しながら、どうにか生育していますが、ちょっと危ない。

Dsc_7479_edited1_7

ニューサイランの光背(のような役割)が倒れています。どうしようかな~。


| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »