« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月24日 (日)

About An Artist : Leonard da Vinchi   レオナルド ダ ヴィンチ

Dsc_6690

子どものころから、やはり何かこの絵は違う!と思っていたレオナルド ダ ヴィンチの『モナ リザ』。先日(2013年2月14日)の日経の夕刊で昨年、日本でも公開された『若き日のモナ リザ又は、アイルワースのモナ リザ』が本物であることを裏付ける新しい証拠が発表された、との記事が掲載されていました。

描かれたキャンバスの枠材の放射性の炭素14の濃度分析から、1410~55年のものと判定されたとこと。それが何を意味するのかというと、どうもルーブルの『モナ リザ』よりも前に描かれたものではないか、ということです。

『若き日のモナ リザ』の載った雑誌が手元にちょうどあったので、開いてみると確かに「レオナルドによる1503年の未完成作説あり」と書かれています。ルーヴルのモナ リザよりモデルの女性が若い頃の肖像画とすれば、2つの絵のつながりがスムーズです。なるほど、と思いながら、最近のモナリザを巡る報道が何件があったのを整理してみました。

Dsc_6694

この『若き日のモナリザ』は2012年日本で開催された『レオナルド ダ ヴィンチ 美の理想展』に世界初公開で展示されていました。今思えば、残念、行っておけばよかった・・・。その後、9月27日スイス ジュネーブのモナリザ財団が「ダ ヴィンチの描いたものである。」という研究結果を発表し、世界中で話題になっています。

この財団のホームページには詳しくその根拠となった理由が掲載されています。

異論を唱えている人には、モナ リザ研究で有名なイギリスの研究者 マーティン ケンプ氏がいます。この方は、近年『美しき姫君』というべラム(羊皮紙…本当は仔牛の皮)に描かれた少女の横顔の肖像画がレオナルドの作品であるとした人です。これに対しても異論を唱えている人がいるようですが。

その他、2005年にドイツのハイデルベルグ図書館で発見された1503年にフィレツェの役人の書いたメモに 『レオナルド ダ ヴィンチはリザ デル ジョコンドの肖像画を制作中である。』との記述があったことで、具体的なモデルになった女性が確定され、2011年には、リザの埋葬された修道院がつきとめられ、現在それと思われる遺骨が発掘されたようです。生前の姿の復元をも試みているようで、ここ最近、モナ リザの研究は、いろいろなことが分かってきています。

P3060516

『若き日のモナ リザ』の真贋をめぐる説の中で、私が、一番本物ではないかと思ったのは、ラファエロがダ ヴィンチの工房を1504年に訪れた時にダヴィンチが制作中の絵をスケッチしたものが残されており、このスケッチとの比較において。ラファエロはこのスケッチをもとに『一角獣を抱いた貴婦人』(日本で2010年にボルゲーゼコレクション展で展示 これは、見ました。)を1505~06年に制作しています。

スケッチには、背景の両側に柱が描かれ、地平線のラインもルーヴルのモナ リザよりも低い位置に描かれています。また、表情もプリッとした目力のある若さ輝く女性が描かれています。

この話は、ボルゲーゼ コレクション展の時に聞いたこともあったのですが、「ずいぶんルーヴルのモナ リザと違う。」と思ったものでした。ラファエロの見た絵が『若き日のモナ リザ』であれば、スケッチと一致するのです。

今までは、1504年ラファエロが見たのもルーヴルのモナ リザで、そこからダ ヴィンチの亡くなった1519年までの間、絵は手元に置かれ、加筆され続けていたというのが、一般的だったのですが、このラファエロのスケッチとの比較においてもつじつまが合わない部分があった所がすっきりしてきます。

それから、ダ ヴィンチにリザ デル ジョコンドの肖像画を依頼した人物が2名いた、ということが近年わかってきています。

一人目は、『芸術家列伝』を書いたヴァザーリの記述に『フランチェスコ デル ジョコンドの依頼で妻の肖像画に取り掛かっている。まだ未完成のままだが。』という部分にあるリザの夫からの肖像画依頼についての記録

二人目は、1517年に書かれた枢機卿の秘書の書いた『旅行記』の中にあった部分。フランスにいたダ ヴィンチに会った時の記録として「ダヴィンチが故ジュリア―ノ デ メディチ からの依頼の肖像画を持っていた。」という部分。

『若き日のモナ リザ』がダヴィンチの作だとすると、1503年ごろ描いていたのが『若き日のモナ リザ』
それ以降、ジュリア―ノの1513年から1516年の間、フィレンツェを治めていた時に依頼されたのがルーヴル版という説も成り立ってきます。

1516年ジュリア―ノが亡くなり、絵を渡せないまま、ダ ヴィンチはフランスまで持っていき、1519年、レオナルドも亡くなりました。それから、ルーヴルの『モナ リザ』は、フランスの宝として今に至る訳です。

これから、もっと知りたいことは、『若き日のモナ リザ』が本物であるならば、1500年から1900年までどこにあったのか?ということです。

ここが、はっきりすれば、本物だと言えるのでは?


| | コメント (0)

2013年2月16日 (土)

About Pottery : ぶどうの葉のレリーフのある皿 

Dsc_0900

これは、数年前に購入した Comptoir de Famille の陶器。グリーンとオリーブグリーンのガラス釉がブドウのレリーフの上に施され凹部に溜まり、濃淡を作ってきれいです。家のウォール ライトのある壁面に飾っています。

あれこれ、買うと物が増えるので、陶磁器もなるべく、増やさないようにしていますが、これは、昔、購入した料理家の上野麻梨子さんお『DINNER』というフランス料理の本に載っていたブドウの葉模様のレリーフのある皿に似ていました。Williams-Sonnmaでもグリーン釉薬のものを扱っていたような記憶があります。その当時は、きれいだなと思っても、鑑賞のためのお皿のような気がして、手元に置くことなど、恐れ多い気がしていました。

これは、なんでもポルトガルでリプロダクションされたものらしく、価格も手ごろ。南欧の植物、オリーブやレモンの柄もあったけれど、植物の葉の中でも形が美しいブドウの葉の柄にしました。いざ手にして見ると、この皿のキラキラしたガラスの溶けた色釉薬のことや、同じものを何枚も作った型についてのことなど歴史を調べたくなりました。そこで、行きついたのが先日ブログに書いた16世紀のフランスのルネッサンスの陶工ベルナルド パリシ―。

パリシ―の没後、19世紀にパリシ―の失われていた田園風陶芸と呼ばれた自然をモチーフに浮き上がらせた作陶技術や鉛釉薬(透明色ガラス釉)の技術を復活させようと取り組んだのがフランスのシャルル ジャン アヴィソー Charles-Jean Avisseau。研究し、多くの人にその技法を伝えました。フランスは元よりイギリス、ポルトガルへも。

1851年 イギリスのMinton社は、ロンドン万博において、'Palissy ware' パリシ― ウェアの名のもとにこの技法で作品を発表。1855年のパリ万博でも作品を展示し、人気を集めたようです。この流れはその後、イギリスのWedgewood社が 'Greenware' というシリーズで作ったり、フランス、アメリカのたくさんのメーカーがそれぞれの人気の型を使って製品を大量に作りました。皿、水差し、ティーポット等にバラ、ユリ、サギ、ベゴニアの葉、貝殻、サンゴ、海草、トウモロコシ、竹、キャベツの葉、イチゴ、シダ、花束やかご模様や東洋的なモチーフなどをレリーフしたものなど。私の持っているリプロダクションの皿は、画像検索で調べていると、元の陶器は、フランスのSarreguemine社がその当時作っていたものだとわかりました。アンティークで今もたくさんあるようです。

しかし、オリジナルの原型が少なくなってきたことや芸術的な価値が少なくなってきたことから、1901年 ビクトリア女王が亡くなるのと同時にこの生産も終わりました。よって、これらを Victorian majolica ビクトリアン マジョリカ と呼ぶそうです。

このようなスタイルのレリーフのある色ガラス陶器を Barbotine バルボティーヌとアンティークの世界で呼んでいますが、レリーフのないものも Barbotine としてフランスでは今でも生産されています。

???と思いましたが、'Barbotine' は英語の'Slipcasting'の意味と同じことで、石膏の型に液状にした粘土(Slipスリップ)を入れ、水分が蒸発して粘土が少し収縮した時に、型から外す製法で同じ製品がたくさん作れるもの。
という粘土の成型過程のみの用語として理解するのが正しいよう。

また'French majolica' と言う時は、釉薬にガラス釉薬となる鉛を使っていることを意味していて、スペイン、ポルトガルで生産されている錫を使った不透明の釉薬の陶器 'Majolica ' または、V&A Musum では 'Maiolica'として釉薬の違いを区別して使うようにしているそうです。

なかなか理解するのに時間がかかりました。

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

About An Artist : Bernard Palissy ベルナール パリシ― 

Dsc_6574

12月に上野の東京都美術館行われていた『メトロポリタン美術館展』に行きました。コレクションの幅広さは百科事典のようですごかった。展示は、例えば「海と人間」というテーマの元、コレクションの中からメトロポリタンの担当者が選りすぐった作品を日本に持ってきたということでした。見る側としては、まったく時代の異なる作品が隣同志に飾られており、おもしろい体験。歴史や美術史を思い出したり、関連作品を思い出したりと頭の体操となりました。いつかアメリカのメトロポリタンに行ってみたい。

今回特に、興味深かったのは、数年前から気になっていたベルナール パリシ―の陶器の実物を見ることが出来たこと。

ぬめっとした蛇やカエルが皿の上に。初めは、びっくりするが、よく見ると本物をよく観察して作られていることに感心。山の中の沢の側を歩いている時、ふと足元を見た時の景色のようで思わず、じっと見つめてしまいました。

特に美しいのは、それぞれの動植物ならではの色や質感がキラキラ光るつるっとした色ガラス釉で表現されていること。

私が、はじめてパリシーについて、知ったのは、アンティークをリプロした Barbotine という製法で作られた皿を購入してから。これは、緑色のガラス釉がレリーフの凹凸に入リ濃淡が出来て美しいもので、その製法を調べていて、彼の名前に行きつきました。

パリシ―は16世紀のフランスで色ガラスの釉薬の研究をした人物とされている。レリーフについては、実物の動植物から型取りし、作陶しているとのこと。Slipcastingという液状にした粘土を流し込み、水分を飛ばし、型からはずす製法と私は考えます。

当時のフランスでは、キリスト教のプロテスタントが入ってきて、パリシ―も改宗。しかし、プロテスタントへの国王側からの弾圧が行われ、最終的には、パリシ―も投獄の末、そこで病気のため亡くなりました。

けれど、彼の作品は、弾圧側のアンヌ ド モンモランシ‐元帥やアンリ2世の妃のカトリーヌ ド メディシスにも認められ、彼らの庇護を受け作陶しました。おもしろいのは庭園の一部である陶製洞窟(エクアン)を依頼されていること。

そのことを裏付ける事実として1983年から1990年に行われたルーヴル美術館の大工事の際、パリシ―の工房が発見され、たくさんの陶片の中に、エクアン用の装飾用陶片もたくさん発掘されたそうです。

パリシ―の工房で作られたエクアンなんて、ぎょっとしそうな空間となっていたでしょう。

Dsc_6572

今、『陶工パリシ―の博物問答』というパリシ―自身が1572年に書いた本の翻訳本を読んでいます。
化学や地学、生物学などが現代のように確立されていなかった時代に自然をよく観察し、「どうして?」と疑問を持ちながら探究していく姿がその文章から伺え、人間として親近感を持ちながら、読み進めています。

今回のMetのコレクションのようにパリシ―の作品は、ルーヴルやエルミタージュなどにもコレクションされているようです。

いつか日本でも『フレンチ ルネッサンス ベルナール パリシ―の世界』なる展覧会が開かれると面白いと思っています。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »