« Beautiful Things : テマヒマ展  at 21_21 DESIGN SIGHT | トップページ | About An Artist : Cezanne Paris-Provence »

2012年5月 5日 (土)

Useful Tools : Plantoir & Fourche

Dsc_5016
Plantoir & Fourche                         Prince Jardinier

ガーデン用品、私は、あちらこちらで園芸をするので、いつの間にか、大事にしていたつもりの道具をなくしていることもあります。数年経って、土の中から発見されたこともあり、要は、自分の管理が・・・・。

こちらは、フランスのプリンス ジャルディニエの移植ごてとフォーク。

Dsc_5013

気に入っている所は、木のハンドル。何の木かわからないけれど、古木のような木目。不思議と「ナシ?」と言葉が浮かぶのですが・・・。違うかな?

ご覧のようにフォークの真ん中の刃が曲がっています。しっかり根を張った植物を引っこ抜く時、この真ん中の刃を差し込んで、ぐいっとするので、曲がってしまったようです。いつもフォークの真ん中の刃を曲げてしまいます。

塗装も剥げてきましたが、それも泥だらけになるので、気にならないで使っています。

Dsc_5023
Vitex agnus-castus

写真左:地中海沿岸原産のセイヨウニンジンボクも最近、やっと葉を広げてきました。

作業が終わって、洗ったあとは、こうやって干すこともあり。皮ひもの付いているところも◎。一つはなくしていますが、お家にあった緑のコード紐を通して現在使っています。

それから、持ち運びにありがたい、ジュート製(裏ビニールコーティング)の袋に初めから入っていること。
ビニールコーティングも今や剥げ落ちていますが、この袋は、便利。

剪定ばさみと小さな箒とゴミ入れ用のビニール袋を入れれば、ひとまず、基本仕様で、ほいほいと庭仕事に出かけられる!

何年か使っているけれど、今のところなくさず、酷使に耐え、愛着を感じる今日この頃。


|

« Beautiful Things : テマヒマ展  at 21_21 DESIGN SIGHT | トップページ | About An Artist : Cezanne Paris-Provence »

□Useful Tools」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Beautiful Things : テマヒマ展  at 21_21 DESIGN SIGHT | トップページ | About An Artist : Cezanne Paris-Provence »