« 暮らしの中のMy Work : Hem Stiches Napkins | トップページ | Useful Tools : 格子柄の布きん »

2012年4月25日 (水)

My Favorite Desserts : Canneles

Dsc_4807

カヌレを久しぶりに作りました。息子の友達がホワイト デーにフランスのひいおばあちゃんのレシピで作ったカヌレを配ったようで、私もそれに触発されて。

Dsc_4792

材料は、シンプルです。

カヌレ型 8個分 (プリン型で以前作りましたが、蜜蝋を使うととれないので、専用のカヌレ型を使った方がよい。5個セットのステンレス製(を使ったので、2回に分けて焼きました。あと3個欲しいな。銅製は高価)

● 材料

        蜜蝋  適量 (製菓材料のお店で小分けになって売っています。私は富沢商店で)

        卵         1個
        卵黄        1 個分
        牛乳         250㏄
        粉          60g
        バター        25g
       グラニュー糖    50g
        はちみつ      大匙1 
        ラム酒       大匙1
        バニラ エッセンス

Dsc_4791

蜜蝋を湯煎して溶かして、

Dsc_4798

温めたカヌレ型に流し込み、さっと出し、型をふせて蜜蝋の薄い膜をつけました。

Dsc_4795

牛乳にバターを入れ、温めバニラエッセンスで香りをつけておいたものを冷ましておき、

Dsc_4797

卵を入れたボウルの中に先ほどの牛乳液を入れ、ふるった粉とお砂糖も入れながら泡だて器でよく混ぜました。
蜂蜜とラム酒も入れ、冷蔵庫で半日以上寝かします。実は、寝かさないですぐに焼いたものと2日後に焼いたものを作りましたが、すぐに焼いた方は、「卵焼きににている!」と思いながら食べ、2日置いて焼いたほうが、より焼き上がりがどっしりしており、カヌレっぽかったです。美味しいものは寝て待て!です。

Dsc_4799

焼いている間に卵が膨らむので、型の上から1㎝弱のところまで、生地をそそぎます。230度に温めておいたオーブンで50分焼きました。

Dsc_4808

寝かした生地で作った方のカヌレ。気泡が入って高く立ち上がって焼けていました。蜜蝋を使った効果は、バターを塗って粉をはたいておいたものと比べ、外側がカヌレ独特の食感、まわりは固く中はもちもちに仕上がりました。

それから、焼き上がりすぐに食べると、より外側がカリッとしていますが、中身は湯気が立っている状態なので、本当の美味しさが分かりにくいです。

ちゃんと冷めてあわてて食べなくてもいい状態のものが、ラム酒の香りが十分に感じられてゆっくりいただけます。

|

« 暮らしの中のMy Work : Hem Stiches Napkins | トップページ | Useful Tools : 格子柄の布きん »

◎My Favorite Desserts」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暮らしの中のMy Work : Hem Stiches Napkins | トップページ | Useful Tools : 格子柄の布きん »