« 季節のBlooming Flower : ダブル咲き ヘレボラス ピンク | トップページ | Container Gardening : パンジー ムーランフリル »

2012年4月 3日 (火)

Container Gardeing : 素焼き鉢の補修

P3282206

昨年の台風の日に倒れた植木鉢。ひびが入り、割れてしまいました。しばらく放っておいたのですが、ちゃんと直しました。大切なのは、どんな接着剤を使うかということ。

ここ2年間ARTS&CRAFTSの仕事をしていて、欠けた焼き物の補修をすることが多々ありました。いろいろな接着剤を試したのですが、一番作業性が良く、つきが良かったのが、この製品。セメダインのSUPER X クリア

P3282208

素焼きなどの割れた表面は、凸凹あり、吸水性ありの材質。塗っておいても乾いた時に接着材を吸い込んでしまって、マスキング テープで仮止めしておいてもポロッと落ちることもしばしばの難しい材質。

まずは、接着面の両方に接着剤を塗り、

P3282209_2

へらでのばす。小さく欠け落ちたところもあり、充填剤にもしたいので、心持ち大目にしました。

P3282210

5~10分放置すると空気に触れて粘着性が出てきます。そうしたら、しっかり張り合わせます。マスキング テープなどで仮止めしなくてもグッと合わせると動きません。適度に弾力性もあります。はみ出した接着剤は、乾いてから処理します。

P3292218

半日ほど、乾かしてカッターナイフではみ出した部分をそぐように取り除きました。

P3292220_2

お家使用では、まだまだ使えます。この接着剤は、時間が経った時の劣化も通常の接着剤よりも遅いことや、温度の変化にも強い、屋外使用に耐えるなどなど

家庭用に酢酸エマルジョン系のホワイト ボンドやエポキシ系など常備してあると思いますが、これは、かなり多用途に使える製品なので、一家に1本のおすすめの接着剤といえます。

|

« 季節のBlooming Flower : ダブル咲き ヘレボラス ピンク | トップページ | Container Gardening : パンジー ムーランフリル »

□Container Gardening」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のBlooming Flower : ダブル咲き ヘレボラス ピンク | トップページ | Container Gardening : パンジー ムーランフリル »