« The Roses : バラとクレマチス Ⅱ 2011 | トップページ | School Garden : 梅雨と植え替え Ⅰ »

2011年5月30日 (月)

Visitng A Garden :  『ル ドゥーテの世界』 in Bunkamura

P5300668

バラの花が咲く5月から6月のベストシーズンのお楽しみ。渋谷のBunkamuraで行われた『ル ドゥーテ 美花選展』に合わせてDex Margorts前にコンテナーによるお庭がMark Chapman氏により作られました。

P5300655

今年は、国際バラよりもこちらの方を楽しみにしていたので、いそいそとオープニングの次の日に見に行きました。

P5300661

ル ドゥーテの作品を見て、思うのは、それぞれの植物の一番美しい色、形を十分見とった後、描いた感じがするところ。人間で言えば、一番美人に見えるよう描いたような感じ。

ル ドゥーテの作品からインスピレーションを受けて、Mark氏が作ったガーデンです。

P5300657
 Rosa  Redoute

バラの名前はル ドゥーテ。少し紫の入った方の薄いピンク。珍しい色です。甘ずぎない。ユリ(リーガル リリーかな?)と組み合わせが美しい。

P5300664
 Rosa 'Ghislaine de Felligonde'淡いクリーム色のバラ。光に輝いていました。

P5300672

クレマチスのアメジストブルーの色と手前の黄斑の葉が補色対比で美しい。

P5300675

まだまだ、つぼみの植物もいろいろあり、度々見に行きたいと思いながら、会場を後にしました。


|

« The Roses : バラとクレマチス Ⅱ 2011 | トップページ | School Garden : 梅雨と植え替え Ⅰ »

□お庭訪問 Visiting a garden」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Roses : バラとクレマチス Ⅱ 2011 | トップページ | School Garden : 梅雨と植え替え Ⅰ »