« Creating Garden :Meg's Garden 22 : 秋 | トップページ | Container Gardening : レモン色のコスモス »

2010年11月 8日 (月)

季節のBlooming Flower : アネモネ 'オノリーヌ ジョベール’

Dsc_9459
Anemone × Hybrida ' Honorine Jobert'

この間届いたTakii の会報誌によれば、「シュウメイギクの名は、赤紫色で半八重の花を咲かせる野生種に対して与えられたものですので、厳密には交配種で白や薄桃色、一重咲きのものはシュウメイギクではありません。」との記述。

そうか~でもシュウメイギクって呼びそう、と思っている私です。

Dsc_9448

非常に昔から好きです。実家の庭に咲くのを眺めては、「結婚して家を離れても絶対、この花を育てたい。」と思った植物の一つ。もう一つは、ヘレボラス オリエンタリスの白。白のアジサイも。

このアネモネは、'オノリーヌ ジョベール'という園芸品種。RHSのAward of a Garden Merit にも選ばれています。

写真は、マンションのハナミズキの下に植えて繁殖したもの。

オノリーヌ ジョベールの名前の由来は、1858年にフランス北東部ロレーヌのVerdun-sur-Meuse のジョベール氏より発表されたJapanese Anemone の突然変異種に彼の娘の名前をつけたとのこと。

フランスで発表されてもJapanense Anemone と呼ばれているのには、どうしてだろう。

その頃であれば、フランスとの付き合いも日本は始めたころであろうから、誰かが、植物を日本から持ち帰り、育てたものから、この白い品種がうまれたのでしょうか。


いったい、それは、誰だったのでしょう?ドイツに近いフランス・・・ドイツ人のシーボルト?


|

« Creating Garden :Meg's Garden 22 : 秋 | トップページ | Container Gardening : レモン色のコスモス »

□季節のBlooming Flower」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Creating Garden :Meg's Garden 22 : 秋 | トップページ | Container Gardening : レモン色のコスモス »