« Container Gardening : パウダーピンクのムクゲ | トップページ | Beautiful Things : ロマネスク風の鏡 »

2010年8月 4日 (水)

Beautiful Things : 曲げ木の鏡

Dsc_5588

久しぶりにインテリアのお話。一応室内は、落ち着いている方が好きなので、家具は、茶色。リビング ダイニングの壁面は、食器棚とTVボードを今はもう生産されていないYAMAHAのシステム ファニチャー D1 シリーズで、埋めています。その2つの家具の間に上部に花を飾ることの出来る部分があり、壁面がぽっかり空いていました。最初は、絵を飾ろうかと思いましたが、四角いものばかりが壁面に並ぶのが嫌で、自然に「ここには、楕円が似合う!」とぐるぐる立面図に楕円を描いていました。そして、絵よりも鏡の方がいい。光を反射してまるで壁面に窓があるような効果をもたらすであろうから・・・と思い探しました。

なかなか、ぴったりのものは、家具屋さんを探してもしばらくありませんでしたが、見つけた。柳 宗理さんのデザイン 秋田木工 製作の鏡。小判型。少し四角いイメージの楕円は、柳さんのライン。

きっと和にも洋にも合う形として、このラインが決まったのだと思います。

楕円は、ブナ材をスチームで蒸して柔らかくしてぐっと型に沿わして曲げた 曲げ木の技術を使ったもの。
この技術を開発したトーネットの椅子は、今でも有名な曲げ木の椅子です。

最初、お店にあった幅が40cmの鏡を購入したら、目当ての場所には小さすぎました。秋田木工に直接お電話して、大きいサイズはないのか、聞いてみたら、作っているとのこと。幅60cm高さ75cm。サイズも大丈夫そう。直接、送ってもらいました。

Dsc_5287

小さい方は、玄関の壁面に。

楕円の鏡は、「鏡よ、鏡よ、鏡さん」"Mirror mirror on the wall !"としゃべっってしまうほど、素敵な鏡。
無垢材でこんな美しい曲線を描いた鏡は、努力なくして生み出されなかったもの。

|

« Container Gardening : パウダーピンクのムクゲ | トップページ | Beautiful Things : ロマネスク風の鏡 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

☆Beautiful Things」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Container Gardening : パウダーピンクのムクゲ | トップページ | Beautiful Things : ロマネスク風の鏡 »