« Beautiful Things : 曲げ木の鏡 | トップページ | Nature Beauty : ハマゴウ »

2010年8月19日 (木)

Beautiful Things : ロマネスク風の鏡

Dsc_5603

別にじっと見るわけではないけれど、廊下つきあたりの壁にも一枚、鏡をかけています。特に玄関ドアを開けると、外光が反射して、鏡のフレームに囲まれた部分が窓のように透過している感覚になります。

細長くて四角い鏡はよくありますが、これは、上部がアーチ型になっているもの。信州で作られたもの。前回紹介した鏡のフレームは曲げ木でしたが、こちらは、この形を作るために部材を5つに分けています。すごく丁寧に作られていることは、いろいろ探した後、これを見つけた時の感想。フレームも面取りされていますが、鏡自体の縁も斜めに面取りされ、角度の違う光がきらりと光って見えます。

日本の職人さんの細やかな技術です。

フレームデザインは、ロマネスク風。ロマネスクは、中世の教会建築に見られる梁がアーチ型になったデザインを言います。

鏡をかけている石膏ボード用のフックの頭隠しとして、帆立貝をかぶせています。あとから知った話ですが、フランスを旅するキリスト教の巡礼者が帆立貝をお守りに持つそうです。

なぜか、このロマネスク風な鏡と帆立貝は、私の中でマッチしていました。

|

« Beautiful Things : 曲げ木の鏡 | トップページ | Nature Beauty : ハマゴウ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

☆Beautiful Things」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Beautiful Things : 曲げ木の鏡 | トップページ | Nature Beauty : ハマゴウ »