« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月28日 (金)

School Garden : Roses !

P5260658

School Gardenでもバラがたくさん咲きました。まだ、未開花の品種もありますが、現在2品種。

P5190594
 Rosa 'Hamamirai'                                                 2010.5.26

写真は昨年新苗で植えつけた Yokohama 開港 150周年記念のバラ 'はまみらい'。植え付けの様子はこちら

P5190576

大きな花を咲かせています。かなり生育旺盛で、次から次へと開花しています。まだ高さが低いのですが、フェンス外から花が見えるよう、高めに育て花を咲かせたいと考えています。

P5190575

このRock Gardenに植えてあります。ここは、以前は手付かず(草刈のみ)の場所で、私も恐ろしくて近寄れなかった場所。ボランティアの方たちがたくさん来てくださるようになり、昨年皆で開墾しました。今年は、ここがRocks&Rosesをみられる場所となり、庭としてのシーンがまた増えました。がんばってくださった方たちのおかげ。

P5190583
Rosa 'Austiger' Queen of Sweden

もう一つは、バラ 'クウィーン オブ スウェーデン'。David Austinバラ。植え場所を3回変えました。ようやく、安定した花を咲かせることが出来るようになりました。

P5190572

色味は、ピンクでも青みによったピンク。上向きに花を咲かせ、品の良いバラです。切花にしてもかわいかった。背後にカスミソウこと ジプソラ 'コヴェント ガーデン'を添え花のように咲かせています。


| | コメント (0)

School Garden :Like a butterfly !

P5260654
                                                  2010.5.26

School GardenのA花壇。昨年秋に株分けしたガウラ。冬を越して大株になり、咲き出しました。白い蝶が上下逆さまに飛んでいるように見えます。和名 ハクチョウソウ

P5260655

春の花のリレーが終わりに近づいていますが、ここでは、種まきしたブルーのデルフィニュームとローレンティアがこれから咲いてくる予定。この日の作業は、黄色のチューリップの球根を掘り起こし、殺菌消毒して陰干し、ネモフィラの引き抜きなど。

P5260650

右奥のヒメエニシダの黄色花もほころび、空気も湿り気を帯びてきた感じ。アジサイの花が上ってきていることを確認しながら、帰ってきました。


| | コメント (0)

School Garden : Like Heaven!

P5190590
2010.5.19

School Gardenの野原チックに植えている部分が、今、きれい。株分けでどんどん増やして植えたシャスター デージーが天を向いて風に揺れています。奥には、ジャーマン アイリス、ヒメエニシダ。


P5260647
                                        2010.5.26

一週間後には、手前の日陰のボーダーに植えたカンパニュラ メディウムが咲き出していました。背の高くなる多年草で、いいものがないかと(リーズナブルということも)あれこれ探して決めた植物。

園芸の先輩 Georgia (画家のオキーフより) からいただいたブルー のグラス フェツスカ グラウカも日陰の乾燥地で株が大きくなりました。

こんな場所、なかなか育つ植物を見つけるのには、いろいろと知恵が要ります。Georgia の見立ては、正解でした。ありがとうございました。

P5260646
Campanula medium 

桃色、紫もあるけれど、あえてここは、ぱっと暗い部分を明るくする白に。別名、ツリガネソウ、フウリンソウ と呼ばれています。

P5260659

昨年12月に子ども達に植えてもらったクリスマス ツリーに見立てたサントリナのトピアリー。お花が咲きそうです。株元のパンジーも6ヶ月咲き続けています。

この一角。昔は、土置き場でした。今は、このSchool Gardenの中心地。

これから、アジサイ 'アナベル'が咲いてきます。


| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

The Roses : シャルロット オースティン 2010

Dsc_14281
Rosa syn. 'Auspoly' Charlotte Austin
2010.5.24

イングリッシュ ローズ 'シャルロット オースティン' が咲きました。育てて11年目。昨年の1月に台木からはずれて、このバラ自体から発根した株で育てて2年目の開花。

Dsc_1376_edited1

つぼみの数は、3つ、花の大きさは、MAXではない咲き方でしたが、どうにか、鉢に植えられたバラとして楽しめるサイズに樹形が育ってきました。来年が本領発揮となるかな。

Dsc_1359_edited1

相変わらず、Teaの香りがするシャルロット。開き始めの中心が丸くなっている時が、クリームイエローの色と相まって赤ちゃんっぽく、かわいい。

Dsc_14171

冬の様子はこちら

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

The Roses : ベル イシス 2010

Dsc_0679
Rosa 'Belle Isis' Gallica  Parmentier, France, 1845
                                           2010.5.17

柔らかい花びらのバラ 'ベル イシス'。沢山つぼみをつけ、ぽつりぽつりと開花しています。形容すると「ひたすら優しい」バラ。香りもぐっと良い

Csc_0692

つぼみが独特。がくにひらひらがついています。

Csc_0687

開きかけたつぼみの中心がくぼむ感じが独特

Dsc_0603

12個つぼみがつきました。

剪定の様子はこちら

Dsc_0540

日の沈んだ後のマジック タイム。コバルト ブルーの空がきれいです。

手前が ベル イシス。テーブルの上が スーヴェ二ール ドゥ ラ マルメゾン。


ガーデニング, □Veranda Garden, □The Roses | | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

The Roses : スーヴェニール ドゥ ラ マルメゾン 2010

Dsc_9918_edited1
Rosa 'Souvenir de la Malmaison' Bourbon Rose, 1843 ,Beluze
                                        2010.5.13

2007年の新苗から鉢で育ててきたバラ 'スーヴェニール ドゥ ラ マルメゾン'。今年は、たくさん咲いてきています。このバラのぼってり、おっとりした感じがなんだか、妙に親近感を覚える私。

Csc_9617 

                                       2010.5.12
このバラにまつわるお話はこちらをどうぞ。マルメゾンの思い出

2010年の冬の剪定のお話はこちら

Dsc_9768
                                              2010.5.13

相変わらず、横張りの主枝からほぼ直角にステムが現れ、いきなりボンボンと花が咲きますが、特に今年は、育てて3年めなので、花の大きさもマックスだろうと思われるほど、一番花は、大きな花でした。主枝の枝先の芽は、すべてブラインド。今冬の寒さのせいか、つぼみをつけませんでした。しかし、そこを除いては、すべてつぼみをあげました。「マルメゾンは枝先を切られるのを嫌がる。」という記事を読んだことがあるのですが、これがそのことなのか、と思います。

Dsc_9881

手前が バラ 'ラ フランス'。そして 'スーヴェニール ドゥ ラ マルメゾン'。オベリスクのバラが 'ムーン ライト'。それに絡まるのがクレマチス 'ヴァイオレット エリザベス'。

新苗より育てて3年目のラ フランス、マルメゾン。ともに人間でいうなら、成人ぐらいかな。これからは、安定していくと思います。

やっとここまで来て、私も安心。つぼみも今年は、たくさん付いています。まだまだ、ぽつりぽつりと開花しそうで、目を細めて毎朝、ベランダのバラを見るうれしい季節です。


| | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

The Roses : アイス バーグ 2010

Dsc_0174
Rosa 'Climing Iceberg' Cants, Britain 1968

今年も バラ ' アイスバーグ'が咲きました。

Csc_0163

ふわーっと咲いて

Dsc_0113

楚々として

P5150453

元気にいっぱい咲きました。

P5150450_2

こんな場所で咲いています。

誘引の時の記事は、こちら

| | コメント (0)

Visiting A Garden : 英国風癒しの庭 : 国際バラとガーデニングショウ 2010

Dsc_0298

日曜日、西部ドームで行われた国際バラとガーデニング ショウに出かけてきました。日本在住のイギリス人のマーク チャップマンさんのお庭は、とりわけ素晴らしかったです。今まで、拝見した中で、ベストだと思いました。帰る前にもう一度、「見納めに!」と2回訪れたほど、素敵な庭でした。

P5160526

最初は、HONDAのハイブリッド カー CR-Z がサマーハウスの横に停められていました。異質な感じもしましたが、この車は、環境負荷の少ないエコカー。自然を愛するオーナーはこんな車でここを訪れる、という設定。
小屋のペンキの微妙な色や小屋にかかるバラ 'バフ ビューティー'かな?いいな~!

P5160482

CR-Zには、さりげなく "Rosy Hybrid Life" という言葉の入ったアンティーク調のステッカーがはられていました。

Dsc_0445

サマーハウスからの眺め。
庭仕事してその合間、お茶を飲んだり、食事を取ったりして、お休みの日を過ごす小屋。

P5160527

サマーハウスの右側面。バラ 'ピエール ド ロンサール'がさりげなく這わせてありました。お花モリモリ現実にはあり得ない空間満載のガーデン ショウの中で、なんだか、ふっと息をつけるコーナーでした。

P5160497

そしてお庭。樹形や葉が美しいカエデなどの落葉樹や常緑の高木に囲まれた庭の中心にカモミールのLawn(芝)がありました。

P5160495

それを囲むように、バラ、ジャーマンアイリス、デルフィニューム、ヒューケラなど季節の花が咲いているお庭。

P5160528

園路には、ハーブなどを植えてありました。

Dsc_0301

大きなバーズ バスは、水鏡のよう。

デザインもさることながら、植物の状態が良く、花色、ボリュームもそれぞれの良さが引き立つものが使われていました。

本当に素晴らしかったです。

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

The Roses : ムーン ライト 2010

P5130437_2
Rosa 'Moonlight' Hybrid Musk Pemberton, Britain, 1913

                                                            2010.5.13

ベランダのバラ 'ムーンライト'が今年も開花しています。特にキャンドル ランタンなどでほんわか照らすと、白い花にニュアンスが出て、素敵です。完全に暗くなる前のウルトラ マリン色の空ぐらいの時間がきれい。

P5120348

Dsc_9593

お花は、こんな感じ。一つ一つを眺めるというよりは、たくさん咲いる全体を楽しむ仕立てが合うバラです。

P5130434

ことしもクレマチス'ヴァイレット エリザベス'も同時に開花。冬の誘引についてはこちら

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

The Roses : ラ フランス 2010

Dsc_9311
Rosa 'La France' Hybrid Tea 1867 Guillot , France                2010.5.9

バラの開花が始まりました。ラ フランスが美しいピンク色の花を見せています。

ラ フランスの香りは、私言葉で言うなら、ライチーやマンゴスチンなどを食べる時に味覚や臭覚に感じる刺激に似ているような・・・。さわやかさのある甘い香り。

P5090291

2007年の新苗から育てて3年目の春です。少しづつ鉢増しして育ててきました。今年はいっぱいつぼみが付いていますし、一番花の大きさは、最も大きかったです。冬の剪定の姿はこちら

Dsc_9285

つぼみが開きだした時のきれいにねじれがほどけていく様子は、自然美の不思議を感じます。また、花びらの縁がきれいに反り返る所も人間がいくらその姿を真似て花を手先で作ったとしてもこの美しさには、及ばない。

なんて、自然って素晴らしいのでしょう。

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

季節のBlooming Flower : ヒメエニシダ

Dsc_7362_edited2
Cycisus × spachianus

マメ科のヒメエニシダがSchool Gardenで爆発しているように咲いています。鉢物として売られていたものを
地植えにしてから、丸2年。

Img_1428

植えた翌年の夏あたりから徒長枝が多くなってきて、噴水状の姿になっていきました。いつ剪定すれば良いかを調べたら、花後の6月頃となっていました。花芽分化は7~8月。前年枝が翌年の花芽を持つタイプなので、邪魔だからといって、変な時期に剪定すると、花芽を落としかねないタイプ。

Dsc_7453_2

原産地は、地中海沿岸地域。ここに植えたのは、風が吹く南向きの場所でいつも乾燥気味で、大きく成長しても邪魔にならず育てられる場所だったから。

初めてこの場所で咲きましたが、黄色のチューリップがの花が終わり、青色、紫、白の花ばかりになって、寂しくなってしまう時期の景色に元気をもたらすように咲いてくれました。

Img_1424
                                          2010.5.4
藤の花の紫とも相性が良く、植えて大正解でした。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »