« School Garden : ありがとう | トップページ | Creating Garden : Marverous ! : Maria's Garden »

2010年3月21日 (日)

Container Gardening : リバーシブル仕立て : Veranda Garden

Dsc_8193

冬中、このパンジーの寄せ植えは家の中から見る、せめてもの花でした。ようやくモリモリ咲いてきました。
南に向いて咲くパンジーを後ろから見る位置になりますが、アイビーの長めの枝を手前両脇から垂らすと、そんなに後姿だとは、思わず、バランスよく楽しめました。

Dsc_8203

ISHI から出ているフリル咲き パンジー ムーラン ルージュは、真冬でも花茎が直立した花が2、3つは咲いていたので、楽しめました。値段を比較すると、パンジーでは、高い方ですが、冬の強さを思えば、価値がありました。両脇はTAKIIのパンジー ナチュレ ローズシェード。種から育てた苗です。合計3株をアイビーとともに植えつけているもの。

Dsc_8196

今回、鉢を下ろしてひっくり返し、南向きの姿を写真に撮ると、やはり、花がそろって良いお顔。でも、この姿は、いつもは、見れない。これが、ベランダ園芸の宿命的なものですが、元気に育っていれば、後ろ姿からでもわかるもの。良しよし。

Dsc_8200

こちらは、もう一つもコンテナー。中心はたぶん Sakata のパンジー ローズ ビーコン。冬の間、完全にお休みしていました。花茎は、横に這うように伸びます。左脇は、種からTAKIIのパンジー ナチュレ ピンク アンティーク。

鉢はDeroma社の鉢です。アカンサスをレリーフしているものが昔から有名ですが、これは比較的、シンプルなラインのレリーフ。このベランダの花台に乗せるのには、持ち運びにもちょうど良いサイズ。外寸 幅42cm程度。買い足して3セット持っています。

これは、例えば、夏に楽しんだエボルブルスの寄せ植えなど、晩秋に抜かずにそのまま越冬させるため。場所をとりますが、そこで抜くと、根も切られ冬を迎えるので春先には、枯れて新芽は出てこないことが多いのです。

春先、切り戻ししたら、また新しい葉が出ています。それをまた、初夏にパンジーのコンテナーと差し替えるのです。そんな使い方をしています。

鉢は残念ながら今は、もう生産していないようです。

|

« School Garden : ありがとう | トップページ | Creating Garden : Marverous ! : Maria's Garden »

□Container Gardening」カテゴリの記事

□Veranda Garden」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« School Garden : ありがとう | トップページ | Creating Garden : Marverous ! : Maria's Garden »