« The Roses : ベル イシスの剪定  2010 | トップページ | My Favorite Desserts : 家内チョコ工房 »

2010年2月10日 (水)

The Roses : ラ フランスの剪定 2010

P1230282
              Rosa 'La France' Hybrid Tea 1867 Guillot , France
                      2010.1.23

私のベランダの4番目に作出年度が古いのが1867年作出のハイブリッド ティー ローズ 'ラ フランス'。1月下旬に剪定しました。

ピンクの枝が昨年に伸びた枝。それを良い芽の上で切り、全体の樹高が切る前の2/3から1/2にしました。昨年の開花の様子は、こちら。

P9010058
左 2008年9月1日の様子

'ラ フランス' もいろいろと不思議なバラでおもしろい。まずは、ミディアム ピンクの透けるような発色の花びら。裏と表の色が違うリバーシブル。ティー ローズのツンとした高芯咲きの趣がありますが、開ききる前の花形は、丸みを持ちオールド ローズのような趣。香りもダマスク モダンの香りに分類されており、これも非常に良い香り。
樹形は、管理しやすいブッシュ形。これは、新苗から育てて3年目。人間でいうなら成人したばかりぐらいかな。やっと落ち着いてきた感じ。

タキイ種苗の友の会の月刊誌 『はなとやさい』2009年7月号掲載 小山内 健氏の「奥深きバラの世界」によれば、「オールド ローズとモダン ローズの分岐点』について書かれていたので、引用させていただきます。

『・・・学術的には今、2つの分類法を巡って論議されています。1つは、1867年の'ラ フランス'以前をオールド ローズ、以降をモダン ローズとする「年号」による分類。もう一つがダマスク系、ケンティフォーリア系、ハイブリッドティー系など「系統血統」による分類で、'ラ フランス'以降に誕生した系統を「モダン ローズ」と呼ぶとするもの。』

確かに、'ラ フランス' は、以前預かって育てた1912年作出の 'オフェリア' などに比べると、オールド ローズの趣と香りを持っていると思っていますが。
'

|

« The Roses : ベル イシスの剪定  2010 | トップページ | My Favorite Desserts : 家内チョコ工房 »

□The Roses」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Roses : ベル イシスの剪定  2010 | トップページ | My Favorite Desserts : 家内チョコ工房 »