« School Garden : 巻きまき ロマンチックなB花壇プラン | トップページ | Home Music : クリスマスのための音楽 »

2009年12月22日 (火)

The Roses : バラの株分け Ⅱ :winter 2009

Dsc_3517
2009.11.18

この冬は、実はもうベランダの鉢バラの土の入れ替えを11月中旬にやっています。だいたい年が明けてから行なうのですが、暖かい秋の日に一気に10鉢行いました。その中でも、おもしろかったのは、イングリッシュ ローズのシャルロット オースティン(以前はシャルロット)がとうとう台木から株が完全に分かれたこと。

これは、今年の1月の植え替えの時も一度目の株分けが出来ていました。その時の記事はこちら

Dsc_5722
2009.5.19

この自分の根を出した株は、5寸(15cm)のロング ポットで育て、春には、ちゃんと開花。よかった。何しろ10年育てているバラで、老化、寿命が気になっていたバラだったからです
David Austin氏のお孫さんが生まれる時にちなんでこのバラにその名前が付けられたそうです。やっぱり赤ちゃんっぽいイメージのバラ。

その赤ちゃんっぽいバラが老化してきていたのですが、どうにか自分の枝から発根して、今回のように台木から離すことができました。

Dsc_5353_edited2
Left : Rosa 'Belle Isis' Right : Rosa syn. 'Auspoly' Charlotte
                                               2009.5.15

写真は、シャルロットのおばあちゃんぐらいにあたるベル イシスと。花色は違いますが、花形は似ています。

私は、あるバラの先生が「接木部分を土に埋めたほうがかっこいい。」と言われる話を聞いてから、なるべく低めに
接木部分を土に埋めていました。それが、シャルロット自体の枝も埋めることになり、発根していったようです。

Dsc_5882
誘引の様子 2008.2.19

P524014911_3
開花の様子 2008.5.24

2本の苗は、今まで通りの10寸(30cm)のリム ポットに植え、枝を長めに残し、オベリスクを支柱にらせんに誘引しようと考えています。短めに切るよりこのようにした方が、このバラの枝が比較的柔らかいのにも合っているし、花も多くなっていいと思うから。


|

« School Garden : 巻きまき ロマンチックなB花壇プラン | トップページ | Home Music : クリスマスのための音楽 »

□The Roses」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« School Garden : 巻きまき ロマンチックなB花壇プラン | トップページ | Home Music : クリスマスのための音楽 »