« School Garden : 秋の日の午後 | トップページ | Container Gardening : ハロウィン イエロー&オレンジ »

2009年10月 6日 (火)

季節のGarden Work : 古新聞のポット

Pa050446

前から気になっていたPaper Potter。古新聞を円柱状の木型を使って育苗ポットを作るもの。たぶん、プラスティックがなかった頃に使われていたであろう道具。

今では、国内でも入手できるけれど、ふと今ある大量の黒いビニールポットが気になり、買わないでいます。先日も丸の内のコンラン ショップにもオリジナルのチーク?(油の多い硬木)で作られたPaper Potterとそれを並べるブリキのトレイも見かけて、「ん~。サイズもちょうどいいな~」と思いながら、チェックしてきたばかり。

Pa050444

最近、来春のための種蒔きをずっとしていて、小さな苗がいっぱい出来てきています。いつも使うプラスティックの連結トレーがなくなったので、急きょ、紙ポットを家にあるもので、作ってみました。

Pa050448

新聞紙を手で裂いたもの。昔、子どものおままごとようのお金を作るために買った直径3cmのチーク材。(これをスライスして'おかね'を作ったのです。)


Pa050449

紙をくるくると巻き、

Pa050450

底を作って、


Pa050452

ハイ出来上がり。

以上のように、作ってしまいました。このポットでは、すぐにまた植え替えでしょうが、深さもあるので、今までの圧縮ピートの種まきトレーよりは、いい場所でしょう。

これは、倒れやすいので、苗箱にぎっしりポットを並べることが、大切。

黒いビニールポットは再利用できるけれど、そのためには、きれいに洗わなければなりません。お水をジャブジャブ使うし、殺菌のために漂白剤なども使ったこともあります。あまりエコではない行為。


今回の紙ポットが調子が良ければ、少し、大きめの円柱を作れるような木の棒を探してみようかな。


|

« School Garden : 秋の日の午後 | トップページ | Container Gardening : ハロウィン イエロー&オレンジ »

□季節のGarden Work」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« School Garden : 秋の日の午後 | トップページ | Container Gardening : ハロウィン イエロー&オレンジ »